852件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西脇市議会 2020-05-07 令和 2年議会運営委員会( 5月 7日)

北播磨管内では、幸い、今のところ増加はしておりませんが、その周辺になります、高砂加古川市のほうで各1名が感染されたという内容となっております。  具体的に、北播磨管内及び丹波篠山市、丹波市の状況で申しますと、加東健康福祉事務所管内で6人、加西市で1人、丹波市で1人。これは、5月5日現在ということになります。  こういう現状であることが一つポイントかと思っております。  

加古川市議会 2020-03-11 令和 2年第1回定例会(第5号 3月11日)

環境部長(川上雄司)   ごみ処理広域化推進事業費の、まずは積算根拠ですけれども、こちらは高砂事務委託をしている関係上、加古川市が支払うのはそれに対する負担金というのがほとんどでございます。その内容は令和2年度高砂広域ごみ処理事特別会計予算において、運営費、それから広域ごみ処理施設建設費、それと施設周辺の整備費を合わせて129億7,538万円の予算が計上されています。

加古川市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 9日)

教育指導部長(山本照久)   「令和3年度使用 教科書用図書採択について」のうち、「教科書採択に関する情報の公開及びスケジュール等について」ですが、本市では共同研究、単独採択となっており、加古川市、高砂稲美町、播磨町、2市2町の調査員による調査研究、その内容をもとにした市選定委員による調査研究を経て、それらの報告をもとに市教育委員会責任を持って協議、判断し採択いたします。  

加古川市議会 2020-03-06 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 6日)

環境部長(川上雄司)   先ほどの答弁の中でも申し上げましたけど、例えば宝殿駅は駅舎自体が高砂、それから土山駅についてもほとんどが播磨町、それから明石市の市域になりまして、特に加古川市の市域がかかっているのは、土山駅に関しては国道2号線の付近が少しだけでして、そのあたりについて、例えば投げ捨て防止重点区域を設定する等々のことについては、こちらから例えば高砂であるとか、播磨町、明石市にお願いするという

加古川市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 5日)

県内では高砂、小野市、赤穂市、洲本市、朝来市、宍粟市、香美町、神河町、市川町、福崎町の10市町で行われています。静岡県の各市や東京都千代田区でも実施されています。また、北海道南富良野町では、子どもが大学専門学校など就学中であれば通院も入院も22歳まで医療費が無料で、親の所得制限も窓口での一部負担もありません。  本市でも安心して子育てできる施策を求め、市長のご所見をお伺いいたします。  

稲美町議会 2020-03-04 令和 2年第257回定例会(第3号 3月 4日)

令和元年度に加古川市、高砂、播磨町とともに東播臨海広域行政議会において研究会を立ち上げることとなり、6月に各市町の公共交通担当者による研究会を開催し、11月には茨城県つくば市と牛久市へ先進地視察を行っております。  さらに令和2年度には、東はりま県民局が管内市町を集めて、広域の情報共有の場を設ける計画があると聞いておりますので、今後広域での協力について、可能性も含めて研究してまいります。  

加古川市議会 2020-03-03 令和 2年福祉環境常任委員会( 3月 3日)

○落合誠委員   50ページ、高砂ごみ処理事務受託収入4,144万円の減額について、これは高砂がごみ減量化を進めたことによる関係なのかと思いますが、実際にどれぐらい減っているかを教えてください。 ○西村環境政策課長   高砂のごみの量に関しまして当初の予算で1,900トンを見込んでいましたが、最終の補正で1,000トンにごみの量を減らしています。その関係で減額補正をしています。

稲美町議会 2020-02-19 令和 2年第257回定例会(第1号 2月19日)

広域連携については、高砂における広域ごみ処理施設建設工事や、同一施設休日及び夜間の一次救急医療を実施する定点化施設の実施設計に、東播磨二市二町で取り組んでまいりました。  さて、令和2年度は、昭和30年に加古・母里・天満、三村が合併をしまして、稲美町が誕生してから65年を迎えます。

篠山市議会 2019-12-18 令和元年第120回師走会議(12月18日)

に11月から12月、常に新聞記事になっているところで、これからも進むんではないかなというふうには思っているんですけれども、私が言わせていただいたときに、県がオートバックスを基準に4万4,000円の装置に対して、半額2万2,000円を補助するという中で、やっぱり各自治体もこれに対して支援をするべきではないかというふうなところから、質問をさせていただいたんですけれども、本当に今、これを受けて神戸市とか高砂

稲美町議会 2019-12-17 令和元年第256回定例会(第4号12月17日)

明石市が1名、加古川市が2名、高砂稲美町、播磨町がそれぞれ1名の、6名の市町からの派遣職員という形でなっております。 ○議長山口 守)  他にご発言はございませんか。  他にご発言の声を聞きませんので、議案第38号に対する質疑を終結し、討論に入ります。  発言を許します。  ご発言はございませんか。  

稲美町議会 2019-12-12 令和元年第256回定例会(第2号12月12日)

なお、危険ブロック塀等撤去支援補助制度につきましては、県及び加古川市、高砂、播磨町は、本年度で事業を終了すると聞いております。本町は、令和2年度まで本補助制度を継続したいと考えております。住民の皆様へは、補助制度期間内に申請していただくよう周知してまいります。  続きまして、②の岡西公民館から岡東営農倉庫の間の路肩の補修と、ガードパイプの設置の時期についてでございます。  

姫路市議会 2019-12-12 令和元年12月12日建設委員会−12月12日-01号

現在、高砂やたつの市などでコミュニティバスが運行されているが、福崎町と連携したコミュニティバスのように、連携中枢都市圏の枠組みで、協力して取り組むことができないか検討している。 ◆問   開発事業については、どの部署が担当しているのか。 ◎答   まちづくり指導課である。 ◆問   開発事業に伴う排水の問題については、道路部局と河川部の間でどちらが担当するのかあいまいなところがある。

豊岡市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第4日12月11日)

私が聞いてますのが、神戸市さん、姫路市、三田市、明石市加古川市、高砂、とりあえず6市は一応把握してるんですけど、これ以外にまた3市ふえてるというふうなことですので、よそがやっとるからというのは、市長は余り、だとは思いますけれども、いいことはやはり入れていただければというふうに思います。