219件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2021-03-10 令和 3年 3月10日建設常任委員会-03月10日-01号

工事請負費につきましては、電線共同整備を行った市道照明灯の電力を地中から引き込み替えするのに要する費用でございまして、この費用を減額するものでございます。  以上です。 ◆草加智清 委員   今、調査委託料工事請負費それぞれの説明があったけど、確認というか、減額の理由を聞いておきたいと思います。

西宮市議会 2021-03-04 令和 3年 3月(第11回)定例会−03月04日-06号

リニューアル工事の内容としましては、歩道植樹帯を一部撤去し、現在の歩道自転車道を拡幅するとともに、電線共同による無電柱化を図り、安全・安心で快適な自転車歩行者通行環境整備を進めてまいります。  以上でございます。 ○副議長(山田ますと) 当局答弁は終わりました。    〔八代毅利議員対面式質問席」使用〕 ◆15番(八代毅利) 丁重な御答弁ありがとうございました。  

伊丹市議会 2021-03-01 令和3年3月1日総務政策常任委員会−03月01日-01号

こちら、当初予算で、市道中央天津線ほか3路線電線共同整備事業でお金をつけていたかと思うんですけれども、この補正の7859万円の内訳を教えてください。 ◎都市交通部 今回補正で上げさせていただいておりますのは、中央天津線でございまして、ちょうど長寿蔵南側路線になります。産業道路から西側約110メーターの区間を、工事費をメインに上げさせていただいております。

姫路市議会 2020-12-07 令和2年第4回定例会−12月07日-04号

次に、2点目の道路橋整備についてでございますが、国道2号の慢性的な渋滞対策防災対策などにつきましては、国道2号の幸町東交差点から市川橋西詰交差点までの区間約960メートルについて、平成26年に兵庫県が都市計画道路姫路東工区)として事業認可を取得し、渋滞対策として4車線化の拡幅や、緊急輸送道路として電線共同整備による無電柱化を進めているところであります。  

神戸市議会 2020-10-07 開催日:2020-10-07 令和2年決算特別委員会第3分科会〔元年度決算〕(教育委員会) 本文

委員から御指摘の件,駅前整備における無電柱化検討経緯についてでございますが,特に,駅前区間鈴蘭台幹線におきましては,災害の防止,安全・快適な交通の確保,また良好な景観形成を図るため,平成28年度から電線共同による無電柱化を推進すべく,電線管理者等との協議・調整を開始したところでございます。  

西宮市議会 2020-09-28 令和 2年 9月28日決算特別委員会建設分科会-09月28日-01号

また、リニューアル事業に併せまして、電線共同による無電柱化を実施し、都市防災機能の強化を図る予定としております。  今後は、予備設計を行い、公安委員会との協議を踏まえ、地元の意見もお聞きしながら、事業認可の申請を予定しております。令和年度道路詳細設計を実施しまして、令和年度から工事に着手する予定としております。  以上でございます。 ◆草加智清 委員   分かりました。  

西宮市議会 2020-09-25 令和 2年 9月25日決算特別委員会建設分科会−09月25日-01号

なお、令和年度予算への主な予算繰越額ですが、6ページの下段、甲子園駅改善等整備事業費では、電線共同の工期が年度末となり、その後に予定しておりました事後評価業務年度内完了が困難となったことから、事業費の一部490万6,000円を次年度繰越し、7ページの下段市営住宅整備事業費では、今津水波町住宅解体撤去等工事において、地中埋設物等の影響により予定していた工程の年度内完了が困難となったことから

姫路市議会 2020-09-14 令和2年第3回定例会−09月14日-03号

電線共同方式による無電柱化は多大な費用を要することから、当面は国庫補助事業による都市計画道路を中心とした姫路市無電柱化推進計画に基づき整備を実施していきたいと考えております。  いずれにいたしましても、今後とも整備面管理面双方の観点からも、人にやさしい歩道づくりを念頭に置いて、市民に最も身近な社会資本である道路行政を推進してまいりたいと考えております。  以上でございます。

伊丹市議会 2020-09-02 令和2年第4回定例会-09月02日-01号(補足説明)

第2項出資金および第3項工事負担金は、それぞれ予算額に比べ 125万円、3,173万7,800円の減となっておりますが、これは主に、千僧浄水場C配水池耐震補強工事及び電線共同工事に係る配水管移設工事の、翌年度への繰越によるものであります。第4項 他会計補助金、第5項国庫補助金は、ほぼ予算額どおり執行となっております。第6項 投資有価証券償還金は、予算額どおり執行となっております。  

篠山市議会 2020-09-01 令和 2年第121回長月会議( 9月 1日)

年度から新たに設定しました電線共同占用料検討におきまして、兵庫県及び近隣市の占用料を比較する中で、丹波篠山市の占用料が安価であるということから、兵庫県及び近隣市と同水準まで引き上げようとするものでございます。  占用料収入といたしましては、約1.5倍の収入1,000万円程度の増加を見込んでおります。  

西宮市議会 2020-07-06 令和 2年 7月 6日建設常任委員会-07月06日-01号

付け替えた後は、現況水路を撤去し、歩道として電線共同を埋設します。延長は150メートルです。  南側歩道については、過年度工事において電線共同が埋設されているので、側溝整備390メートルと歩道舗装680平方メートルを行います。これにより、山手幹線熊野工区の計画区間における南側歩道はおおむね完成いたします。  次に、資料の7ページを御覧ください。  

西宮市議会 2020-07-01 令和 2年 6月(第 7回)定例会−07月01日-06号

今後の工事といたしましては、道路北側において水路移設工事歩道電線共同工事を行うとともに、南側歩道舗装工事予定しております。来年度以降は、引き続き北側歩道電線共同及び歩道舗装工事を進め、その後、最終的な車道部分舗装工事などを行う予定となっており、令和年度末の完了を目指し、事業進捗に努めてまいります。  以上でございます。

篠山市議会 2020-03-26 令和 2年第120回弥生会議( 3月26日)

本議案については、まちづくり景観刷新モデル事業での事業認定路線(北新町・河原町)の無電柱化完了することから、未整備となっている電線共同に係る必要な条文の追加及び占用料金の種目の追加を行おうとするものです。  委員会では、当局から説明を受け、審査を行いました。以下、審査の過程におきまして、委員から出された質疑について、御報告を申し上げます。  

伊丹市議会 2020-03-18 令和2年一般会計予算等審査特別委員会−03月18日-01号

都市交通部 委員、今御指摘いただきました路線につきましては、当時は電線共同という電線管理者との協議が調わなかったとちょっと聞いておるんですけども、今現在昆陽泉町工区につきましては、電線会社等意見も聞いて無電柱化できるようになっておりますので、それ以外の山田伊丹線についても、無電柱化できていないところについては、今後検討は必要かと考えております。

西宮市議会 2020-03-11 令和 2年 3月11日建設常任委員会-03月11日-01号

これは、右側説明欄に記載の電線共同負担金収入について、山手幹線熊野工区における電線共同工事進捗に伴い、財源である負担金収入を増額するものでございます。  説明は以上でございます。  御審議のほど、よろしくお願いいたします。 ○松山かつのり 委員長   説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  本件に御質疑はありませんか。

芦屋市議会 2020-03-03 03月03日-03号

電柱化は、コストや埋設スペース、宅地へのライフラインの引き込みに課題のある共同溝方式ではなく、一般的に小型の電線共同方式を採用しており、平成30年に発生した高潮被害など、地上機器が浸水する場合には課題がありますが、台風や地震の揺れ等自然災害には強いとされており、総合的には防災面での効果は大きいと考えております。 また、芦屋川の台風被害対策については、引き続き県に要望してまいります。 

篠山市議会 2020-02-12 令和 2年第120回弥生会議( 2月12日)

現在、条例で規定しています電線等占用料につきましては、地上及び上空占用の規定であるため、電線共同に関連する電線等占用料について、追加しようとするものでございます。また、あわせまして、文言の整理も行います。  1年当たりの占用料は、兵庫県及び県内各市占用料を参考に、電線は、1メートル5円、変圧器は、地上700円、地下480円としています。  

西宮市議会 2019-12-09 令和 元年12月(第 3回)定例会-12月09日-04号

工事につきましては、南側歩道において、今年度電線共同歩道舗装工事がおおむね完了し、来年度以降は、水路のつけかえ工事北側歩道電線共同工事予定しており、その後、本格的な車道整備工事を進めてまいります。事業完了までにはなお期間を要する状況でございますが、引き続き残りの用地買収を進めながら工事進捗を図り、事業早期完成に努めてまいります。  以上です。

西宮市議会 2019-12-05 令和 元年12月(第 3回)定例会-12月05日-02号

そのときの土木局長の御答弁では、これまでにも、無電柱化を行うため、電線共同工事や、歩道車道整備工事を進めているところであり、用地買収必要性がない南側歩道部については、電線共同工事が今年度でおおむね完了する予定北側では、来年度から電線共同工事水路のかけかえに着手する予定、また、買収済み区間歩道整備などを進めることにより、事業効果早期発現に努めるとあり、地域の方も、いよいよ始