389件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

たつの市議会 2020-12-24 令和 2年第6回たつの市議会定例会(第4日12月24日)

次に、学校教育課所管分について、委員から、学びの保障推進事業について、電子黒板機能付プロジェクターはどのように使用していくのかとの質疑があり、当局からは、教師は従来の黒板を使った授業は非常に有効な手段であると感じており、どちらか一方に偏るという方向性ではなく、場面に応じて使い分けを行っていく。

加東市議会 2020-12-17 12月17日-02号

本市においては他市に先駆けて電子黒板等ICT機器整備活用に努めてまいりました。総合戦略で目標としていたタブレットPCパソコン導入についても、GIGAスクール構想の大幅な前倒しにより9月末に児童生徒1人1台の整備を完了しました。現在は教科学習の中で比較的児童生徒活用しやすい学習から活用を始め、市内の学校同士をつないだ交流学習など、各校で授業における活用を進めているところです。  

加古川市議会 2020-12-15 令和 2年第6回定例会(第4号12月15日)

2年度加古川水道事業会計補正予算(第4回) 第32 議案第129号 令和2年度加古川下水道事業会計補正予算(第1回) 第33 議案第155号 令和2年度加古川一般会計補正予算(第8回) 第34 議案第152号 浜の宮幼稚園園舎改修工事請負変更契約締結のこと 第35 議案第153号 神吉中津線橋梁下部工事(その1)請負変更契約締結のこと 第36 議案第154号 大型提示装置ディスプレイ体型電子黒板

伊丹市議会 2020-12-11 令和2年第6回定例会−12月11日-05号

続いて、電子黒板です。  黒板といっても、画面は白いんですけれども、今のところ伊丹市では、普通教室、大体600教室あると思うんですけれども、そこに電子黒板これが大体60インチだと思います、それがないところには50インチのテレビというかディスプレー、それがないところには、教室の前のほうにプロジェクターを置いて、黒板にマグネットのスクリーンを貼って映し出すという形で授業を進めています。  

伊丹市議会 2020-12-09 令和2年第6回定例会-12月09日-03号

まず、重度障害のある子を含め、特別支援教育におけるICT機器デジタル機器整備状況についてでございますが、重度障害のある児童生徒が多く在籍する伊丹特別支援学校においては、児童生徒用としてGIGAスクール構想によって1人1台のタブレットをはじめ、ノートパソコン5台、電子黒板を含め、大型掲示装置10台を整備しています。  

加古川市議会 2020-12-03 令和 2年総務教育常任委員会(12月 3日)

指定管理者指定のこと ・議案第120号 令和2年度加古川一般会計補正予算(第7回)のことのうち本委員会         付託部分議案第126号 令和2年度加古川学校給食費管理事業特別会計補正予算(第1回) ・議案第152号 浜の宮幼稚園園舎改修工事請負変更契約締結のこと ・議案第153号 神吉中津線橋梁下部工事(その1)請負変更契約締結のこと ・議案第154号 大型提示装置ディスプレイ体型電子黒板

たつの市議会 2020-12-01 令和 2年第6回たつの市議会定例会(第1日12月 1日)

次に、第10款 教育費、第1項 教育総務費、第3目 教育指導費につきましては、各中学校普通教室電子黒板機能つきプロジェクターを設置する備品購入費の計上でございます。  34ページ、第2項 小学校費、第1目 学校管理費につきましては、学校施設修繕に伴う修繕料追加、木製及び旧JIS規格学習用机・椅子の更新に要する備品購入費追加でございます。  

加古川市議会 2020-11-26 令和 2年第6回定例会(第1号11月26日)

            託の廃止に関する協議について 第38 議案第151号 播磨町と加古川市との間における緊急通報システム事務事務委             託の廃止に関する協議について 第39 議案第152号 浜の宮幼稚園園舎改修工事請負変更契約締結のこと 第40 議案第153号 神吉中津線橋梁下部工事(その1)請負変更契約締結のこと 第41 議案第154号 大型提示装置ディスプレイ体型電子黒板

神戸市議会 2020-10-01 開催日:2020-10-01 令和2年決算特別委員会第3分科会〔元年度決算〕(文化スポーツ局) 本文

これを使って,例えば保育定員拡大パーク・アンド・ライド型保育所整備,こういった子育て環境整備取組もしましたし,小学校過密化対策電子黒板整備,こういった教育施策にも生かしております。また,駅前空間魅力化とか,新長田合同庁舎整備,こういったものに使っておりまして,一定のスクラップ・アンド・ビルドができたんじゃないかと考えております。  

加古川市議会 2020-09-29 令和 2年第5回定例会(第5号 9月29日)

○(西村雅文議員)  ただ、前人未到のことをやろうとしているわけではないですので、各先進事例等々、調査をされて、先ほどの初めて取り組む工事についても同様のことは言えるかと思いますけれども、その辺の情報収集をしっかりと今後はやっていただきながら、また、今回のこの件に関しましては、先日報道もされておりましたけれども、プロジェクター、あるいは電子黒板等々、オプションをこれからそろえていく必要があろうと思いますので

神戸市議会 2020-09-23 開催日:2020-09-23 令和2年教育こども委員会 本文

学校教育環境整備として,小規模化過密化,校舎の老朽化など,学校における課題に応じて再編や新設,校区調整等の対応を進めたほか,6ICT学習環境整備活用の促進として,電子黒板機能付プロジェクタ無線LAN等整備,7地域と学校との協働推進社会教育の充実として,学校運営協議会モデル設置を進めるなどの取組を進めました。  21ページを御覧ください。  

姫路市議会 2020-09-15 令和2年第3回定例会−09月15日-04号

また、先日報道されていましたが、岐阜県本巣市ではコロナ禍での夏の酷暑に対して、ショルダーバッグや小さなかばんなどで登校し、教科書ノート自宅学校に置き、教科書がなくても授業が受けられるように電子黒板を使ったデジタル教科書やプリントで授業を進めたそうです。児童が持ち歩くのは筆記用具、連絡帳、水筒といった必要最低限の物のみで、重さは従来の半分以下に減ったと報道されていました。  

芦屋市議会 2020-09-10 09月10日-03号

教科書は持ち歩かずに常に自宅に置いて、授業はどうするのかというと、ここがすごいんですけれども、教科書が手元になくても、教員は教室電子黒板デジタル教科書を映した授業、ここまで考えられてるんですね。児童は最低限必要なものを持って学校に行くだけ。荷物が1キロ程度に減ったという児童もいるということです。 当市はこういう熱中症対策、ランドセルについてはどうお考えですか。

香美町議会 2020-09-09 令和2年第121回定例会(第2日目) 本文 開催日:2020年09月09日

学力の保障の面では、現在、学校ICT機器更新に伴う電子黒板機能付大型ディスプレーオンライン会議システム導入に併せて、各学校操作研修を実施し、教職員スキルアップを図っているところでございます。また、今後は学校でのICT機器活用した学習をサポートするICT支援員を配置することによって、コロナ禍だけでなく、あらゆる緊急時に対応できる学習環境を構築していくことができればと考えております。  

加古川市議会 2020-09-08 令和 2年総務教育常任委員会( 9月 8日)

青木教育研究所システム担当課長   備品購入費については、GIGAスクール構想の一環で、各教室電子黒板機能の付いた大型のタッチパネル一体型のモニターの整備を考えており、そのための費用になります。 ○岸本建樹委員   開校準備委員会について、開催回数を教えてください。また、視察に行くというお話がありましたが、委員会ではどのような作業をされるのか教えてください。

加古川市議会 2020-09-07 令和 2年第5回定例会(第1号 9月 7日)

土木費では、都市計画費として新型コロナウイルス感染症拡大防止のために中止としました花とみどりのフェスティバル事業開催経費を減額するなどにより、675万9,000円を減額し、消防費では消防費として署所における新型コロナウイルス感染症対策に要する経費として544万3,000円を増額し、教育費では教育総務費及び特別支援学校費としてGIGAスクール構想推進に伴い、小学校中学校及び養護学校に設置する電子黒板

三田市議会 2020-09-01 09月01日-02号

現在も、学校ごとPCルーム電子黒板活用した授業など、一定IT機器に触れる授業などが行われております。例えば、計算ドリル等回答採点簡素化や、先生からの課題の配布を円滑化するなど、前より生活が便利になるというような活用や、プログラミングなどを通じ、論理的思考を獲得させるツールとして使うことが主な活用事例となっていることが多いかと思います。   

神戸市議会 2020-09-01 令和2年第2回定例市会(9月議会)(第1日) 本文

授業におきましては,電子黒板デジタル教科書などを合わせて活用することによって,児童生徒の視覚的な理解を促すということとともに,児童生徒グループ学習でも効率的に取り組んでいくことが可能となってまいります。このように授業の形態が変わることで,児童生徒の興味,関心,また意欲の向上を図りまして,課題への深い理解につながっていくものと考えております。