運営者 Bitlet 姉妹サービス
11366件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-26 多可町議会 平成31年第90回定例会 そこに雇用が生じます。それから、事務組合という施設もそこに生じることになりますので、町のほうに設けることで雇用の確保にもつながるというふうに思っておりますので、何とかこれについては実現をしていきたいというふうに思っております。それについて、理事を配させていただいております。それから、地域共生の担当理事も配させていただいております。 もっと読む
2019-03-07 上郡町議会 平成31年第1回定例会(第3日 3月 7日) 本林先生、じゃあ、上郡町はもう一回工場建てますけど、雇用確保できますかという質問をされたのです。これは非常に胸が痛かったんですね。たまたま自民党政権に変わりましてから、経済が上振れ傾向にあります。そうなってくると人手不足も否めないところがあります。しかし、町長、上郡町に残っていただく。すぐにできない。 もっと読む
2019-03-06 上郡町議会 平成31年第1回定例会(第2日 3月 6日) 町外への若い世代の流出、安定した税収確保、そのためには企業誘致、商工業の振興策が非常に重要だと私は考えるわけですが、ここで12ページから13ページにかけまして、雇用の創出とにぎわいのあるまちづくりについて質問します。   もっと読む
2019-02-26 上郡町議会 平成31年第1回定例会(第1日 2月26日) このような状況にありますが、豊かな居住環境と、JR山陽本線・智頭急行の発着駅があり阪神地域まで電車で2時間以内といった広域通勤が可能な本町の利点を生かした移住定住施策の推進、また特産品の開発や発掘、農商工の好循環と雇用の拡大、あわせて自主財源の確保に向け、ふるさと納税制度などを積極的に活用してまいりたいと考えます。   もっと読む
2019-02-26 篠山市議会 平成31年第119回定例会(第1号 2月26日) 企業は、水を使ったり、食に関する企業ではありませんので、そこは水とは直接関係はないんですけれども、そういった企業であるので、どうしようかというふうな検討はしたんですけれども、もう一方の犬飼初田地区もあるんですけれども、そこは少し心当たりのある企業がありまして、将来的に検討いただいているということから、この中央地区のほうを紹介したわけですけれども、食に関する企業ではありませんけれども、一定のそういう雇用 もっと読む
2018-12-26 篠山市議会 平成30年第118回定例会(第4号12月26日)          酒 井 和 正   課長         福 西 保 博   主事         中 瀬 文 隆 〇議事日程 第4号 平成29年12月26日(水曜日)午前9時30分開議   第 1  会議録署名議員の指名   第 2  諸般の報告        ・例月出納検査報告   第 3  常任委員会所管事務調査報告        ・産業建設常任委員会   第 4  議案第 75号 篠山市企業誘致及び雇用促進 もっと読む
2018-12-26 小野市議会 平成30年第414回定例会(第4日12月26日) 一方、民間では相変わらず非正規雇用が横行し、働く人たちの実質賃金は上がっていません。また年金は、マクロ経済スライドで切り下げられると言われており、高齢者の暮らしは一層苦しくなります。加えて生活保護は、都市部を中心に給付削減が行われ、貧困と格差が広がっています。こうした中で期末手当とはいえ、議員が増額支給を受けることは適切ではないと考えるものです。   もっと読む
2018-12-21 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月21日-06号 本南分館、神津分館に関しましても5年間という指定期間であることから、おのずと司書等の雇用が短期雇用とならざるを得ず、同法人が地域に根差した運営に頑張っておられることは十分に評価いたしますが、長期的視野に立った図書館運営は困難にならざるを得ません。   もっと読む
2018-12-19 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第6日12月19日) 土地の持つ可能性を引き出し、雇用の創出と交流人口の増加、さらには地域創生に資することができる業者に売却しようとするものであり、株式会社パソナグループへ2億2,000万円で売却しようとするものであります。   もっと読む
2018-12-19 小野市議会 平成30年第414回定例会(第3日12月19日) まず、兵庫県の外国人労働者の雇用状況ですが、平成29年10月末時点で、県内の5,762社が2万9,621人の外国人労働者を雇用していると厚生労働省が発表しております。   もっと読む
2018-12-18 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第4号12月18日) 非正規雇用が広がる背景には、消費税があります。  人間が生活するための消費に税をかける消費税は、人間が生きること自体に課税し、支払いが免除されることはありません。資産隠しなどで税負担を逃れるタックスヘイブン、所得が1億円を超えると税負担率が下がっていく所得課税の矛盾など、これらの問題には手をつけず、庶民や中小企業などに重い負担の消費税は、最悪の税金です。 もっと読む
2018-12-17 伊丹市議会 平成30年12月17日都市企業常任委員協議会-12月17日-01号 その次、障害者雇用の確保だとか女性活躍推進に向けた取り組みについての提案、これについて1点の配点としております。  その下、設計部門についてですが、施工性能として、柔軟性、利便性だとか、こういった耐震性能も含めた技術提案について大きく8点の配点。維持管理面では、LCC、いわゆるライフサイクルコストの縮減案、この具体的な方法について3点の配点。 もっと読む
2018-12-17 伊丹市議会 平成30年12月17日都市企業常任委員会−12月17日-01号 今は男女雇用機会均等法という形に変わってきたんですけども、これは、途中で、もう大分前やね、たしか2007年ぐらいですか、変わってきたんですけども、やってる内容は、特に働く女性の家にこだわった取り組みをしていると思わないんですけど、男女雇用機会均等法に変わっていることによる事業の変化というのをどういうふうにされてきたんでしょうか。 ◎市民自治部 法律の変遷は認識しております。 もっと読む
2018-12-14 伊丹市議会 平成30年12月14日文教福祉常任委員会−12月14日-01号 一方で、シルバー人材センターがそういう最低賃金とかという範疇から外れてるという状況の中で優先調達という考え方がございますので、市の事業としては優先的に業務を発注して、働く場を確保していこうというのは別途それは業務として取り扱っておりますので、全体としてシルバーの働く人たちの雇用の確保といいますか、働く場の確保というのを市としては考えていくべきなのかなというふうに認識しております。 もっと読む
2018-12-14 伊丹市議会 平成30年12月14日文教福祉常任委員協議会-12月14日-01号 色の濃い色の部分、自営業と被雇用・勤め人で合わせまして35%、無職者が約65%を占めておりまして、男性では被雇用・勤め人が最も多く、女性では年金・雇用保険等生活者が多くなっています。  次の8の動機の内訳では、総数、男性ともに健康問題、次いで経済・生活問題が多くなっています。女性では健康問題、次いで家庭問題が多く、2つを合わせて76%を占めています。   もっと読む
2018-12-14 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第4日12月14日) 生産年齢人口の減少、グローバル化の進展や絶え間ない技術革新等により、社会構造や雇用環境は大きくまた急速に変化し、予測が困難な時代となってきます。  このような時代を生き抜くために、本市といたしましては、平成30年度の教育方針に目指す子ども像、いわゆる育てたい力として、次のような4つの力を定めています。  1つは、課題解決に向かい、主体的に活動し、協働してやり抜く力。   もっと読む
2018-12-13 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第3日12月13日) 農福連携は障害者や生活困窮者等の雇用や高齢者の生きがいの喪失、介護予防といった目的があり、高齢化や過疎化が進む農村地域で農業の維持や地域活性化につながることが期待されております。   もっと読む
2018-12-12 篠山市議会 平成30年第118回定例会(第2号12月12日) また、国や自治体が進める施策として、1、教育や広報活動などを通じた国民の理解増進、2、認知症の人が安心して暮らせる地域づくり、3、認知機能低下の予防や、早期の診断・対応の推進、4、65歳未満で発症する若年性認知症の人などの雇用の継続、5、軽度認知障がいに対する支援などを挙げております。   もっと読む
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) では、最後に障害者雇用についてでございます。  ことし8月、国土交通省や総務省などの中央省庁が、義務づけられた障害者の雇用割合を42年間にわたり水増しし、定められた目標を大幅に下回るとして政府が調査を始めました。  この結果、27省庁で行政機関の障害者雇用は、実雇用率2.49%から1.19%、障害者雇用数6,867.5人から3,407.5人と変化しました。   もっと読む
2018-12-11 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月11日-05号 このように新庁舎整備事業は技術的な工夫の余地の大きい工事であることから、工事目的物自体についての提案を認める等、提案範囲の拡大に努め、施設性能や維持管理の容易さ、環境改善への寄与、景観との調和や施工中の安全対策など、技術提案に係る評価や地元企業への発注額の多寡、障害者雇用の促進や女性活躍への取り組みなどの社会貢献等についても評価を加え、価格との総合評価を行うことにより、最適な事業者を選定してまいりたいと もっと読む