473件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-26 姫路市議会 平成31年第1回定例会−03月26日-06号 (塚本進介議員のため退場) ○今里朱美 議長   事務局長に辞職願を朗読させます。  樫本事務局長。 ◎樫本公彦 議会事務局長   命によりまして、朗読いたします。  辞職願  このたび一身上の都合により、議員を辞職したいから、地方自治法第126条及び会議規則第102条第1項の規定により許可くださるようお願いいたします。   もっと読む
2019-03-19 稲美町議会 平成31年第253回定例会(第6号 3月19日) 地方自治法第117条の規定により、15番、木村圭二議員をいたします。               (木村圭二議員 退場) ○議長(赤松愛一郎)  本案については、懲罰特別委員会に付託いたしておりましたが、慎重審査の結果、木村圭二議員に戒告の懲罰を科すべきものであると決した旨、懲罰特別委員会委員長から、稲美町議会会議規則第77条の規定により審査報告が提出されております。 もっと読む
2019-03-14 稲美町議会 平成31年第253回定例会(第5号 3月14日) 2月20日、本定例会の会議録署名議員として15番、木村圭二議員を指名しましたが、本日の議題においてを求めるため、新たに会議録署名議員として16番、長谷川和重議員を指名いたします。  直ちに日程に入ります。                 もっと読む
2019-03-12 西宮市議会 平成31年 3月12日予算特別委員会健康福祉分科会−03月12日-01号 普通、当事者はいわゆるの対象ですやん。私は、オブザーバーで、参考人として意見を聞くということで来ていただくのは大賛成です。そうでしょう。それで、あの準備会には、議員は参加したらいかんわけですよ。推薦会は議員がいてるから、準備会はあきまへんというのが建前ですよね。議員は排除されているのに、何で当の選ばれる民生委員がずっとおるのか。 もっと読む
2018-10-16 明石市議会 平成30年第2回定例会 9月議会 (第6日10月16日) 本件は、議員の一身上に関する事件であり、地方自治法第117条の規定によりとなりますので、北川貴則議員の退場を求めます。                〔北川貴則議員退場〕 ○議長(穐原成人)    それでは、提案理由の説明を求めます。  議案の朗読は省略いたしますので、ご了承願います。  辻本達也議員。 もっと読む
2018-09-27 稲美町議会 平成30年第251回定例会(第5号 9月27日) 地方自治法第117条の規定により、山口 守議員をいたします。              (山口 守議員 退場) ○副議長(赤松愛一郎)  お諮りいたします。  地方自治法第108条の規定により、山口 守議員の議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○副議長(赤松愛一郎)  異議なしと認めます。   もっと読む
2018-07-27 加古川市議会 平成30年第3回臨時会(第2号 7月27日) 退席されました白石信一議員及び渡辺征爾議員のを解き、出席を求めます。                     [両議員着席] ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――    ◎日程第9 議案第75号 ○議長(原田幸廣)   日程第9、議案第75号を議題とします。  提案理由の説明を求めます。  市長。 もっと読む
2018-07-04 西宮市議会 平成30年 7月 4日民生常任委員会-07月04日-01号 本件は、委員会条例第16条の規定によりの対象となりますので、西田委員の退席を求めます。    (西田委員退席) ○田中正剛 委員長   それでは、陳情を書記に朗読させます。    (朗読) ○田中正剛 委員長   朗読は終わりました。  ここで、当局から補足の説明を求めたいと思います。お願いできますでしょうか。 もっと読む
2018-06-18 西宮市議会 平成30年 6月(第13回)定例会−06月18日-02号 本件は、地方自治法第117条の規定により、の対象となりますので、西田いさお議員及び長谷川久美子議員の退席を求めます。    〔西田いさお議員、長谷川久美子議員退場〕 ○議長(町田博喜) 本件に関する当局の提案理由の説明を求めます。  市長。    〔石井登志郎市長登壇〕 ◎市長(石井登志郎) 議案第508号西宮市監査委員の選任について同意を求める件につき、提案理由を御説明申し上げます。   もっと読む
2018-06-18 西宮市議会 平成30年 6月18日広報広聴特別委員会−06月18日-01号 本件はの対象となりますので、広報広聴特別委員長の退席を求めます。    (川村よしと委員長 退室) ○わたなべ謙二朗 副委員長   お諮りします。  広報広聴特別委員会の委員長辞任を許可することに御異議ありませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○わたなべ謙二朗 副委員長   異議なしと認めます。したがって、そのように決まりました。     もっと読む
2018-06-14 上郡町議会 平成30年第2回定例会(第4日 6月14日) 地方自治法第117条の規定により、松本君をいたします。  松本じゅんいち君から6月5日の一般質問での発言について、会議規則第64条の規定によって、お手元に配りました発言取り消し申出書のとおり、産廃処分場計画についての発言全てを取り消したいとの申し出がありました。  ここで申出者から理由説明をしたいとの申し出があります。  お諮りします。   もっと読む
2018-05-16 明石市議会 平成30年第1回定例会 5月議会 (第1日 5月16日) 本件は、議長の一身上に関する事件であり、地方自治法第117条の規定によりとなりますので、三好 宏議長の退場を求めます。                〔三好 宏議長退場〕 ○副議長(尾倉あき子)    おはかりいたします。  三好 宏議長の議長辞職を承認することに、ご異議ございませんか。               もっと読む
2018-05-14 西宮市議会 平成30年 5月14日議会運営委員会-05月14日-01号 ◆佐藤みち子 委員   昨年の12月議会で真相解明に努力する決議の件というのが、坂上さんは当人ですからの対象になってまして、それが全会一致で採択されたんですけど、まず、このことについてどのように思われますか。 ◆坂上明 議員   それは、本当に議会の先生方には御迷惑をおかけいたしました。 もっと読む
2018-03-27 姫路市議会 平成30年第1回定例会−03月27日-06号 (松浦國泰議員のため退場) ○川西忠信 議長   事務局長に辞職願を朗読させます。  和田事務局長。 ◎和田達也 議会事務局長   命によりまして、朗読いたします。 辞職願  このたび一身上の都合により、議員を辞職したいから、地方自治法第126条及び会議規則第102条第1項の規定により許可くださるようお願いいたします。   もっと読む
2018-03-26 丹波市議会 平成30年議会改革特別委員会( 3月26日) 第16条の表決関係は関係ないと思って、第16条、それから、これ除いたんですけど入れたらいいんかな。         (「親族の関係、一身上の都合」と呼ぶ者あり) ○委員長(藤原悟君) ありますかね。           (それはあるんちゃう」と呼ぶ者あり) ○委員長(藤原悟君) ありますかね。この第16条は表決は省くとして、ごめんなさい。ちょっと待ってくださいよ。 もっと読む
2018-03-22 伊丹市議会 平成30年3月22日議会改革特別委員会−03月22日-01号 ◆杉一 委員  林議員は、私は役員じゃないのに対象になったと。けどそれは多分、持っている名簿が4月の時点であったり、議決の時点であったりのもらってる名簿が違うんちゃうかなと。多分そういうこともあったんで、まずそういうちょっと時期をずらした形での、議決の時点だけじゃなくて、名簿があるべきじゃないかなとは思ってるんです。 もっと読む
2018-03-01 加古川市議会 平成30年総務教育常任委員会( 3月 1日) 本件につきましては、岸本委員に直接利害関係のある事件であると認められますので、加古川市議会委員会条例第16条の規定により、岸本委員をしたいと思います。また、同条ただし書き規定により、岸本委員の発言は認めたいと思います。 もっと読む
2018-02-20 伊丹市議会 平成30年2月20日議会改革特別委員会−02月20日-01号 ○高塚伴子 委員長  指定管理の件については、契約に至る間に不正がないかっていうのが1件と、議決のときにされる可能性が高い場合は議決権を行使できないっていうことが1点で、この2点が指定管理の問題となっているように、過去から議論を続けてきていると思います。   もっと読む
2018-01-25 伊丹市議会 平成30年1月25日議会改革特別委員会−01月25日-01号 ただ、この間の指定管理の共同利用センターの議決のときにをされたのは、会長、副会長じゃなくて、監査、会計もされたと思うので、どういう基準でになったのかって、ちょっとそのあたり、当局とも話をしないといけないなと思ってたところなんですが。 ◆杉一 委員  たしか指定管理のとき、山薗議員もになったと思うんです。ただ、山薗議員は、役員でも何でもなく、親族が役員になってたと。 もっと読む
2018-01-22 丹波市議会 平成30年補正予算特別委員会( 1月22日) ○教育部長(細見正敏君) まず、廃棄物処理法でありますとか、そういったところ、それから、これ責任を問うとなりますと、刑事的なところもございますので、これ旧氷上町が購入しましたのが、平成3年ですので、20数年経過しておりますので、まず、等々のことを考えますと、法的な解決は非常に難しいであろうと、また、損害賠償的な請求につきましても、瑕疵担保責任でありますと、その消滅時効が通常10年というふうに言われておりますので もっと読む