258件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊丹市議会 2020-03-18 令和2年一般会計予算等審査特別委員会−03月18日-01号

◆花田康次郎 委員  皆さんの質問の中でも、自衛隊の話なんか出てきたと思うんですけれども、伊丹市は駐屯地が2つあって、防災という観点から見れば非常に恵まれた自治体かなと思うんですけれども、とはいっても、公助のみならず、自助、共助、共同といったものですね、大切になってくるかなということで、行政評価報告書の28ページ、防災資格取得費助成事業、また予算書211ページ、18負担金補助及び交付金の防災育成事業補助金

養父市議会 2020-03-18 2020年03月18日 令和2年第96回定例会(第6日) 本文

昨年度、市長は、「防災をやる上で人材育成は最も必要で、養父市の基準防災をつくり上げる目的で、養父市の未来づくり地域貢献リーダー育成講座というものを新たな施策として構築した」と言われています。「子どもたちに防災を通じた地域、郷土への愛着などをしっかりと醸成していく中で、将来の養父市を担ってくれる人材育成を行っていきたい」と言われていることが、本年度の市政運営基本方針に入っていません。

香美町議会 2020-03-12 令和2年第116回定例会(第4日目) 本文 開催日:2020年03月12日

そんな中、指揮命令はできませんが、縁の下の力持ちで働いてくれるのが防災ではないでしょうか。幸い、令和2年度の予算で、3名分の防災資格取得の助成金が計上されております。しかも、この2月末で38名の防災がおられます。この方々の活躍の場があるのでしょうか。どんな役割を今担っていただいているのでしょうか。  

西宮市議会 2020-02-19 令和 2年 3月(第 4回)定例会-02月19日-01号

引き続き、防災資格の取得を支援するなど地域防災人材育成に取り組むとともに、地域防災マップや地区防災計画の作成など地域の自主的な取り組みを支援してまいります。このほか、市民一人一人の防災意識が高まるよう、さまざまな年齢層の方が参加できる防災イベントを企画するとともに、市政ニュースや出前講座などの機会を通じて、いざというときに命を守る備え等について啓発してまいります。  

丹波市議会 2020-01-24 令和 2年総務文教常任委員会( 1月24日)

2点目の資格なり研修の内容なんですけども、そしたら例えば、防災という資格であったりとか、家屋調査士いうんですかね、そういった資格を取得するというものではないということでよろしいですか。 ○委員長(小橋昭彦君) 企画総務部長。 ○企画総務部長(村上佳邦君) おっしゃいましたように資格というものはないというふうに思っております。 ○委員長(小橋昭彦君) ほかにございませんか。  奥村委員。

豊岡市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第4日12月11日)

このときから防災制度ができ、ボランティア活動が盛んになっております。私自身も昨年度、防災試験を受けさせていただいて、取り組んでいってるつもりでございます。  また、本市は平成16年10月20日に台風23号で膨大な被害を受けました。この当時、私は豊岡聾学校といいまして、そこの教頭をしておりました。

猪名川町議会 2019-10-23 令和元年総務文教常任委員会(10月23日)

少し飛びまして、19節負担金、補助及び交付金の4行目、防災資格取得支援補助金2万円は、まちづくり協議会から推薦を受け、防災資格を取得した者に対する補助金で、合計2件の補助を行ったもの、また、その下、緊急避難場所開設運営補助金3万円は、災害発生時において、自治会館を緊急避難場所として開設、運営いただいた、延べ6地区の自治会へ助成を行ったものでございます。  

神戸市議会 2019-10-03 開催日:2019-10-03 令和元年決算特別委員会第3分科会〔30年度決算〕(消防局等) 本文

説明会では,神戸市委託を受けた兵庫県防災会の会員である防災が直接地域に出向いて,オリジナル避難マップのつくり方や,土砂災害のときの避難行動等について,わかりやすく説明していただいております。昨年度まで3年間に説明会を計180回実施して,延べ4,000人の方が参加されてございます。

伊丹市議会 2019-09-27 令和元年一般会計決算審査特別委員会-09月27日-01号

一つは、267ページの上にあります19番の4つ目にある、防災資格取得費助成事業17万円についてです。これを行政評価報告書で見ますと、ことしの計画は4名取得目的でしたが、実際は実績は15名の方が取得されていて、非常にすばらしいと思うんですけれども、この4名の目標に対して15名の取得がこのようにうまくいった理由は何でしょうか。

明石市議会 2019-09-17 令和元年第2回定例会 9月議会 (第3日 9月17日)

自治体人材が削減される一方で、民間資格防災資格を取得する人がふえています。防災避難所の設置訓練や防災対策知識技能を学んでいます。自主防災組織育成のため、地域防災対策のリーダーとして活躍してもらえるように、防災資格取得に関する助成などを行いながら、地域防災力の強化につなげられないかということで、質問をさせていただきます。 ○議長大西洋紀)    松岡総合安全対策部長

伊丹市議会 2019-09-17 令和元年第4回定例会−09月17日-04号

今後とも防災会議や防災の会を初め、地域の皆様の御意見をお聞きしながら、適宜、防災資機材の充実とあわせて避難所環境の向上を図ってまいりますので、御理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長(佐藤良憲) 辻消防長。 ◎消防長(辻博夫) (登壇)私からは、安全・安心なまちづくり推進策に関する御質問のうち、自主防災組織への支援、予算措置についてお答えいたします。  

淡路市議会 2019-09-11 令和元年第80回定例会(第3日 9月11日)

○9番(西村秀一)  先般、淡路市で実施された防災講習についてお伺いします。  先般淡路市で実施された防災講習で、新たに防災資格を取得された方は何人なのか。またトータルで何人になったのか。うち職員の方は何人なのかを教えていただけますでしょうか。 ○議長松本英志)  危機管理部長、奥田恵子君。

豊岡市議会 2019-09-10 令和元年第2回定例会(第3日 9月10日)

4点目は、女性防災、女性防災リーダーの育成についてであります。災害時に備えて、女性防災、女性防災リーダーの育成が必要だと思いますが、どうでしょうか。女性にしかわからないことも多々あり、大いに活躍できると思いますし、被災女性の助けにもなると思いますが、どうでしょうか。見解をお聞かせください。  次に、熱中症対策について2点お尋ねをいたします。  1点目は、熱中症対策についてであります。

猪名川町議会 2019-09-05 令和元年第395回定例会(第2号 9月 5日)

続きまして、地区防災計画の策定や地域防災力の向上のための人材として、防災防災リーダーにサポート役をお願いしてはどうでしょうか。防災について専門的に学び資格を持っている人が町内に多数いると伺いました。家庭内での自助に備えるだけではなく、共助の取り組みにも活躍できる人材だと考えます。  昨年、一般質問させていただき、町として、防災資格取得助成制度も拡充していただきました。

加古川市議会 2019-09-04 令和元年総務教育常任委員会( 9月 4日)

○高田危機管理課副課長   今回の訓練においても、実際に防災関連機関といたしまして、ライフライン企業、また応援協定を結んだ団体等を含めまして、町内会の方、例えば防災とか消防団などのいろいろな団体の方々にも、建物を使った避難等で実際に動いていただくような訓練も予定しております。 ○織田正樹委員長   この件につきましてのご質問等は、これで終結いたします。