11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

三木市議会 2019-12-09 12月09日-02号

電池につきましては、電池亜鉛やマンガンは亜鉛冶金、それから外の管についても製品として可能な限りリサイクルされると聞いております。 以上、答弁といたします。 〔総合政策部長山本佳史登壇〕 ◎総合政策部長山本佳史) それでは、私のほうからは空き校舎利活用についての御質問にお答えさせていただきます。 

姫路市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会−09月11日-03号

江戸時代後期、1808年に姫路藩家老であった河合寸翁は、当時73万両の借金を、27年かけ、木綿、塩、製品、高麗ニンジン、菓子などの地域の特産品を振興し、民間の活力により増税なき財政再建を実現した人物であり、姫路市が誇る歴史人であります。  昨年、生誕250年を迎え、現在でも通用することをさまざまになし遂げてきました。  例えば、ものづくりに関して、木綿産業の振興。

淡路市議会 2014-03-13 平成26年第51回定例会(第3日 3月13日)

それでは、松帆台場は、平成19年度に行った発掘調査によって合計98点の製品が出土してございます。  それらは、火薬庫弾薬庫といった重要な施設を建設する際に使用した鉄釘やかすがいなどの松帆台場歴史や幕末の建築技術を知る上で、非常に重要な資料でもございます。  これらの一般公開は、平成24年、25年度と岩屋公民館において開催いたしたわけでございます。  

淡路市議会 2009-03-10 平成21年第21回定例会(第3日 3月10日)

垣内遺跡につきましては、ご承知のように、黒谷の五斗長地区にございます弥生時代後期と中世の遺跡でございまして、竪穴建物跡が17棟の確認と、また、鉄鏃、やじりでございますが、鉄器づくりの素材となります鉄片等45点の製品及び鉄器づくりに使ったと考えられます石製の工具も数多く出土しております。  

姫路市議会 2008-03-06 平成20年第1回定例会−03月06日-05号

緑のプラスチック用ごみ袋に明らかに製品とわかるものが投入されていたり、かまや傘などが大量に混ざっており、私たち市民ごみ分別に対する認識を問われる状態でした。  この施設では、プラスチックとそれ以外のものを再度仕分ける作業処理対象以外のものを再び市へ返すという作業プラスチック固形燃料にする作業を行っています。  1点目は、本市の一般ごみ処理を請け負う業者の問題です。  

神戸市議会 2006-03-10 開催日:2006-03-10 平成18年予算特別委員会第3分科会〔18年度予算〕(みなと総局) 本文

それから,既に鉄くずといいますか,製品でございますけども,こういったものもスクラップ処分等もしておりますけども,この分だけでも約2億ぐらい既にございます。さらに施設につきましては,転活用ということで,例えばベルトコンベアとか,そういったものも既に有効活用で他のところで利用されている施設もございまして,できるだけ有効活用を図っていきたいなというふうに考えております。  

小野市議会 2003-12-12 平成15年第331回定例会(第3日12月12日)

絵、美術工芸品及び武具等の重要な資料製品につきましては、湿度管理のできる特別収蔵庫に保管するとともに、他の資料も含めて年1回は必ず燻蒸消毒を行っております。また、土器などの埋蔵文化財の保存は、一般収蔵庫に保管しております。  次に2点目、好古館へのコミュニティバスの乗り入れについてお答え致します。  現在の計画ではコミュニティバス好古館まで行くようにはなっておりません。

西宮市議会 1997-09-17 平成 9年 9月(第12回)定例会−09月17日-04号

現在の科学の上では、製品で100年ちゃんともちますという、耐用するというのはないらしいです。そういった意味で、ダムをつくって100年間は大丈夫ですというのは間違った言い方であって、途中で、もっともっと早い目に入れかえて、交換していかないかん、こう思いますね。ダムができる、土砂が詰まる、たまってくる、そこから上流の方が非常に被害を受ける、いざというときには被害を受けるわけですね。

西宮市議会 1988-09-07 昭和63年 9月(第 9回)定例会−09月07日-03号

それから、車道と歩道を分離するガードレールの役目を兼ねたたばこの吸い殻、ごみ容器の設置、これはヨーロッパ諸国に多いのですが、10メートルないし20メートル間隔に、道路と歩道の間に石でそういう役目をするものを置いたり、あるいは製品でつくっておるようですけれども、箱のようなものであればすぐに壊れたりしますから、ちょっとやそっとでは動かんもので、そこへ収集するだけの役目を果たす容器を置いておくというようなことで

  • 1