7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

三田市議会 2017-09-13 09月13日-03号

例えば、定額の郵便貯金、定期の郵便貯金積立郵便貯金など、満期してから20年2カ月を経過すると、払い戻し請求などがなかった場合は、旧の郵便貯金の規定によって権利が消滅してしまうと。払い戻しが受けられなくなるということがございます。資産の見直しをすることにより、このような権利消滅を未然に防ぐことができます。

宝塚市議会 2007-09-26 平成19年 9月26日総務常任委員会−09月26日-01号

本件は、株式等取引に係る決済の合理化を図るための社債等の振替に関する法律等の一部を改正する法律により、株式が電子化されること、郵政民営化法施行により郵便貯金廃止され、郵便貯金という名称の貯金廃止されること及び証券取引法等の一部を改正する法律により証券取引法金融商品取引法改正されることのほか、金銭信託有価証券の範囲に含まれることとなるため、政治倫理確立のための国会議員資産等公開等

加古川市議会 2007-09-04 平成19年第4回定例会(第1号 9月 4日)

また、郵政民営化法等施行に伴う関係法律整備等に関する法律施行により、郵便貯金廃止されますので、郵便貯金の文言を削るものでございます。  なお、施行日でございますが、法の施行日とあわせ、証券取引法関係部門平成19年9月30日に、郵政民営化関係部門平成19年10月1日としております。また、附則において、郵便貯金に係る経過措置を規定しております。  

猪名川町議会 2007-08-28 平成19年第336回定例会(第1号8月28日)

改正後は、郵便貯金廃止されますので、預金及び貯金の額というふうに、郵便貯金という、そういう表現が消えます。それと、5号の金銭信託で、金銭信託の元本の額という5号がございますが、これも削除されまして、これは有価証券に含んでしまうという改正でございます。6号の有価証券証券取引法という表現金融商品取引法というふうに改正をされます。これも法律の題名の改正によって改正するものでございます。  

  • 1