11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

丹波市議会 2018-11-06 平成30年産業建設常任委員会(11月 6日)

また次回でもっとひどくなればその災害でいけるんですけども、年度災害ということになりますので、採択のほうはしにくいということでございます。  以上です。 ○委員長藤原悟君) 建設部長。 ○建設部長近藤利明君) この市道の工事につきましては、平成29年3月23日に完了しておりまして、既に事業費に対する1,000万244円という補助金につきましては、既にいただいております。

丹波市議会 2018-09-14 平成30年産業建設常任委員会( 9月14日)

建設部長近藤利明君) もちろん年度災害分、いわゆる平成29年災害等は、先行して既に取りかかっておりますんで、今回の7月豪雨災害については、この後、国の査定等を受けた後に進めてまいりたいと考えております。 ○委員長藤原悟君) 奥村委員。 ○委員奥村正行君) 基本的そうや思うんですけどね、できてないとこももう一遍再度、ちゃんとチェックしてもうて、できるだけ早くしてもらうように言うときます。

篠山市議会 2015-09-04 平成27年第101回定例会(第1号 9月 4日)

3目河川災害復旧費平成25、26年度年度災害等で道路災害3カ所、河川災害11カ所の災害復旧箇所測量業務を委託するもので471万8,000円の追加でございます。財源公共土木施設災害復旧事業債200万円でございます。  以上で、歳出に関します説明を終わらせていただきます。  次に、歳入を御説明申し上げますが、普通交付税や前年度繰越金など一般財源についてのみとさせていただきます。  

淡路市議会 2014-09-17 平成26年第54回定例会(第6日 9月17日)

次に、年度災害平成24年、25年発生の農災復旧工事進捗状況についてお尋ねしますが、25年度の決算で、これもまだ見込みの数だと思うんですけども、繰越額が24年災害で6,400万円、25年度災害で5億5,000万円とありましたが、この過年度分の工期の完成についてですね、どのような今状態にあるのか、お尋ねしたいと思います。 ○議長(松本英志)  産業振興部長、辻本 稔君。

養父市議会 2007-12-06 2007年12月06日 平成19年第24回定例会(第2日) 本文

それと、災害復旧費年度災害補正でございます。  これは平成18年度の7月災害で20件の災害が起こっております。このうち1件は18年度で完了いたしまして、19カ所がこの18年度完成をしないということで、明許繰越をさせていただきまして、処理をさせていただいておりました。この19件のうち8件分967万8,000円でございます。

養父市議会 2006-09-15 2006年09月15日 平成18年第17回定例会(第1日) 本文

農地農業用施設年災害復旧費で1,500万円、そして林業施設年度災害復旧費で240万3,000円、林業施設年災害復旧費で1,021万円、公共土木施設年災害復旧費で6,740万円といたしております。それぞれ追加をいたしております。  次に、公債費であります。12款1項1目元金で5億4,388万3,000円追加をいたしております。

赤穂市議会 2005-12-07 平成17年第4回定例会(第1日12月 7日)

今回の補正予算につきましては、年度災害復旧事業の確定に伴う整理事務事業の執行に伴う事業費整理並びに年度を通じての職員の変動に伴います所要額見込みによる人件費整理を中心に補正を行うものでありまして、補正総額は29,700千円であります。  その内容につきましては、投資的経費で10,661千円の減額、臨時的経費で3,310千円の追加経常的経費で37,051千円の追加となっております。  

養父市議会 2005-06-23 2005年06月23日 平成17年第10回定例会(第3日) 本文

次に、13ページ、3、歳出の表において、訂正前には計上のなかった部分でありますが、補正後におきまして、11款災害復旧費、そして2項公共土木施設災害復旧費におきまして目を新たに設けまして、1目公共土木施設年度災害復旧費といたしまして、補正前の額「7,142万2,000円」、補正額計が「1億3,430万円」、計で「2億572万2,000円」、それで補正額財源内訳一般財源が「1億3,430万円」、項

  • 1