13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

豊岡市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2日12月 9日)

新税導入につきましては、他市町で導入されているような事例宿泊税ですとか環境協力税遊漁、歴史と文化の環境税空港連絡橋利用税といったものがございますけれども、具体的には今後検討してまいります。  なお、観光に関する財源につきましては、豊岡市大交流ビジョン実現に向けた財源あり方検討委員会で、現在、検討が行われているところでございます。以上でございます。

西宮市議会 2007-09-13 平成19年 9月(第 2回)定例会-09月13日-04号

お尋ねのような法定外目的税は、現在、市町村レベルでは、遊漁使用済み核燃料税などがございます。一般的には、自治体個別需要に応じたその地域だけに税負担を求めるだけの適切な税源が存在することが必要で、課税目的や内容、方法のほか、納税者担税力受益の程度、また徴税コストなどの検討が必要となります。

豊岡市議会 2006-09-11 平成18年第4回定例会(第2日 9月11日)

市町村につきましては、遊漁、魚釣りですね、そういったものとか一般廃棄物の埋め立てに関するもの、あるいは使用済み核燃料に関するもの、最近では放置自転車等対策推進税といったものとか、あるいは環境未来税といったようなものも導入されてますが、まだ件数としましては非常に少ないといった状況であります。

篠山市議会 2004-06-25 平成16年第39回定例会(第2号 6月25日)

これを受けて、地方独自性を生かした政策と、その財源を確保することが可能なことから、各自治体における取り組みが行なわれており、高知県の「森林環境税」、東京都の「宿泊税」、あるいは山梨冨士河口湖町の「遊漁などがよく知られているところですが、新税の趣旨を分別しますと、環境保全関連産業廃棄物処理関連に大別されると考えます。

伊丹市議会 2004-03-17 平成16年一般会計予算等審査特別委員会−03月17日-01号

につきましてのお尋ねかと思いますけれども、御承知のように12年度ですか、地方分権によりまして、課税自主権というものが強化されてまいりまして、法定外普通税につきましては許可制から協議制に変わりますとともに、法定外目的税というのが創設されたところでございまして、この間、幾つかの市町村では、ただいま委員御質問ありましたその新しい財源を求めての課税ということで、幾つかの市で取り組まれ、現実に、例えば河口湖町の遊漁

加古川市議会 2004-03-08 平成16年第2回定例会(第2号 3月 8日)

例えば山梨富士河口湖町では、13年7月から釣り人1人につき1日200円を徴収する「遊漁導入し、駐車場トイレ整備等に役立てています。また、東京都豊島区では、放置自転車対策費鉄道会社負担させる「放置自転車等対策推進税」の条例を制定しています。乗客1千人当たり740円の税金をかけ、放置自転車の移動や駐輪場建設の一部(約2割)に充てる予定です。法定外課税に対する取組みの考え方はどうか。  

加古川市議会 2003-03-10 平成15年第1回定例会(第3号 3月10日)

平成12年4月の地方分権一括法施行以来、全国自治体において新税創設に向けた検討がなされ、市町村では山梨県の河口湖対象とする遊漁と、岐阜県多治見市の越境に対する一般廃棄物埋立税導入されております。  新税導入検討にあたっては、市民の理解を得るための前提条件として、まず現行の市税の公平かつ透明で適正な使途が求められると認識いたしております。  

西宮市議会 2001-03-07 平成13年 3月(第 8回)定例会−03月07日-06号

昨年4月に地方分権一括法が施行され、独自の新税導入しやすくなったためで、東京都の外形標準課税をきっかけに、既に成立している横浜市の勝ち馬投票券発売税山梨河口湖町などの遊漁、検討中の大型ディーゼル車高速道路利用税ホテル税森林保全税産業廃棄物税などがあります。

  • 1