132件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊丹市議会 2020-03-18 令和2年一般会計予算等審査特別委員会−03月18日-01号

教育委員会事務局 市として登校日をいつにしなさいということで設けるということはしておりませんが、各学校の中で必要なものを持ち帰ったり、通知を渡したりする中でのいろんな安全対策をしてでの登校日は各校対応になっております。 ◆上原秀樹 委員  それは全体として、26日に通知を渡されるんですか。 ◎教育委員会事務局 各学校の対応によりますので、26日の学校もあると思われます。

伊丹市議会 2020-03-16 令和2年一般会計予算等審査特別委員会−03月16日-01号

◆上原秀樹 委員  何か通知を見るみたいで怖い気がするんですけどね、見られて不服があれば、不満があれば不服申し立てするという仕組みがあるんですけども、例えばこの評価に対してこういう意見がありますとかね、意見を書く機会があれば、別に不服申し立ていったら言いにくいですよね、私はこういう評価されたんだから、その不服を申し立てる客観的な理由がなかったら言いにくいでしょ。

西宮市議会 2020-03-13 令和 2年 3月13日予算特別委員会教育こども分科会−03月13日-01号

通知等の手渡し、新年度に向けての連絡準備等を済ませた上で4月を迎えられたらというふうな判断でございます。  ただ、このことに関しましても、きのう3月12日時点での判断でございますので、今後、感染規模の拡大とかによっては変更を余儀なくされる場合もあるということで想定しております。  以上でございます。 ◆ひぐち光冬 委員   ありがとうございます。  これは全校でということでいいんですか。

西脇市議会 2020-03-11 令和 2年予算常任委員会( 3月11日)

それから、勤勉手当の成績率通知というものを作成する業務を自動化しております。  また、報酬支払業務におけます振込先の情報を登録する、そういった作業も自動化してます。  4つ目ですけれども、会計課における日計処理の作業の自動化、この4点を追加しております。 ○近藤委員   今、追加のやつもお聞きして、内容的には、ほぼ日々の定型業務がこれに乗っかっているのかなということで理解しております。  

西宮市議会 2020-03-09 令和 2年 3月(第 4回)定例会-03月09日-06号

今の担任の先生に通知をもらって、先生やお友達と別れ、現学年にけじめをつけて4月から1学年大きくなることを確認する、それが3月です。6年生は卒業、中学3年生には卒業と高校入試という大きな節目があり、心を砕いたきめ細かい指導が必要です。そのために、春休みまでには登校を可能にし、子供たちが集まることがとても大事です。  

明石市議会 2019-12-05 令和元年第2回定例会12月議会 (第2日12月 5日)

文科省が設置した次世代学校指導体制にふさわしい教職員のあり方と業務改善のために、学校における各種調書の作成・集計、指導要録、通知の作成、出席管理、成績処理などの事務業務が効率化されて、教師の業務が200時間短縮されるようになります。教職員と子どもが向き合う時間を確保するために、ぜひお約束はしていただいていますが、早急に実現をお願いしたいと考えております。

西宮市議会 2019-06-25 令和 元年 6月(第 1回)定例会−06月25日-03号

教材作成、操作支援、ICT活用事例の作成などの授業支援、出欠管理、成績管理、通知指導要録作成などの校務支援、ICT機器の日常メンテナンス、障害・トラブル対応、運用ルール作成などの環境整備、教員へ向けた研修の企画支援、準備・実施などを行う校内研修です。これらの業務を、多忙をきわめる現在の教員に対して求めることは非常に難しいと思われます。  

猪名川町議会 2018-12-14 平成30年第392回定例会(第2号12月14日)

今年度、本町においては、通知の電子化やメッセージ機能つきの電話の設置等業務改善を進めてまいりましたが、来年度に向けて中学校の部活動の改革を図ってまいろうと考えております。このたび、町立中学校における部活動ガイドラインを作成し、週2日以上の休養日の設定や練習時間の制限、部活動指導員の配置等を行い、教職員の負担軽減を図ってまいります。

豊岡市議会 2018-12-10 平成30年第5回定例会(第2日12月10日)

教育長(嶋 公治) これにつきましては、評定で1から5までつけるとか、ABCをつけるとかいうものではなくて、どのように積極的に英語によってコミュニケーションを図ろうかということを教師がつかんで、そして、通知には書きませんが、それぞれ子供たちに自己評価を書かせ、そこに先生たちがコメントをしながら返すというような、そんな取り組みをしてきています。

伊丹市議会 2018-09-14 平成30年第5回定例会−09月14日-03号

また、評価は指導要録における評価と通知における評価があります。指導要録においては、児童はより多面的・多角的な見方へと発展しているか、道徳的価値の理解を自分自身とのかかわりの中で深めているか、といった点を重視して評価してまいりたいと考えています。  そして、もう一つが、通知における評価です。

明石市議会 2018-06-22 平成30年文教厚生常任委員会( 6月22日)

1点は、統合型校務支援システムのことなんですけども、聞くところによりますと、以前、それを取り組まれたことがあると、しかしながら、途中でそれぞれの学校がやっていくような形になってしまったというようなことも聞いているんですけども、統合型校務支援システム、その導入をいつごろまでに考えているのか、特に、教員であるならば、指導要録のことについて心配している点が多いんですけれども、指導要録、通知など、各学校によって

伊丹市議会 2018-03-16 平成30年一般会計予算等審査特別委員会−03月16日-01号

教育委員会事務局学校教育部 特に評価であるとか通知の記載というものはないというふうに考えております。 ◆川上八郎 委員  今年度、モデル校で実施をするということで、再来年度から全小学校で1年生から6年生まで取り組むということですけれども、来年度がモデル校、2019年度についてはどんなふうな取り組みになります。

伊丹市議会 2018-03-06 平成30年第2回定例会−03月06日-05号

向き合う時間の確保につきましては、給食費の公会計化、通知指導要録の電子化、調査、報告の精選、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー特別支援教育支援員の配置、コミュニティ・スクールの導入などに取り組んでまいりました。しかし、これで十分かといいますと、決してそうではありません。

明石市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会 3月議会 (第4日 3月 2日)

導入の結果と導入前を比較したらどうなのかというと、通知の作成、これに大体小、中とも同じく27.2時間ぐらいかかっていると。これが統合型の校務支援システムを入れると、平均ですから上下はあるんでしょうけど、19.5時間ということで、7.7時間の削減効果があるということで、これも大きな効果だと。

西宮市議会 2018-03-02 平成30年 3月(第12回)定例会-03月02日-04号

指導要録や通知の記載欄にどのような内容が記載されるのかについても、あわせて具体的にお答えいただきたいと思います。  質問の二つ目として、次に、道徳教育推進教師というものがあるんですけれども、小・中学校それぞれでどのような基準でその道徳教育推進教師を定め、配置されているのか、また、別の教科との兼任ということなのか、お聞かせいただきたい。

西宮市議会 2018-01-29 平成30年 1月29日総務常任委員会-01月29日-01号

今、施設のどういう情報を載せていくのがいいのか、あるいは同じ施設区分で横並びにして、通知みたいになったりするんですね。ある施設とほかの施設を比べると、同種の施設なのに圧倒的にこちらの維持管理費が高いとかというのがわかりますので、そういったことの活用もできますので、資産カルテについては取り組んでいるところでございます。