1533件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

香美町議会 2019-12-17 令和元年第114回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019年12月17日

事業所再建の支援策につきましては、現状の制度漁業近代化資金利子補給中小企業振興資金融資で対応は可能でございますが、現在のところ、事業所からの照会は伺っておりません。また、住宅再建につきましては、町単独の支援は困難でございます。  以上でございます。 ◎議長(西川誠一) 町長の答弁は終わりました。質問はありませんか。  

伊丹市議会 2019-12-17 令和元年12月17日都市企業常任委員協議会-12月17日-01号

また、展示する中央に映像演出を加え、古代中世の伊丹、近代の伊丹、近現代の伊丹の3つのコンテンツを用意し、映像によりそれぞれの時代にどのような出来事があったか、時代の概要が学べ、資料が背景にある物語を感じられる演出にしております。  その他、連絡通路にはデジタルフォトフレームを配置し、大正から昭和の懐かしい伊丹の写真を展開いたします。  次に、6ページをごらんください。

丹波市議会 2019-12-09 令和元年第105回定例会(第2日12月 9日)

まず、丹波市商工会が指定管理をしている市島総合研修センターの建物は、昭和48年に開設し、経営近代化のための経営相談や研修事業など、事業者等の商工業の活性化と市内産業の発展に向けた事業展開を行うことを目的とした施設でありまして、旧市島町時代から商工会の拠点として長らく利用され、また森林組合の市島事務所としても活用されてまいりましたが、ことし10月1日に既に移転をされております。  

姫路市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会−12月06日-03号

本市水道事業の近代水道としての歴史は、ことしで90年、新水道ビジョンの計画期間の末には100年を迎えます。  次の100年も安全・安心な水道水を安定供給するための基盤整備として、大規模事業が集中するこの10年間の取り組みは特に重要であると考えており、耐震化の促進など、水道の強靭化に向け全力で取り組んでまいります。  以上でございます。 ○阿山正人 議長   坂口防災審議監。

宝塚市議会 2019-09-30 令和 元年第 4回定例会-09月30日-05号

平成21年、2009年に兵庫の近代住宅100選に選ばれております。平成22年、2010年3月22日に宝塚市に御遺族から寄贈されております。これが主な経緯ですけれども、3項目の質問をいたします。  1、旧安田邸利活用等事業者募集公募について。  2、宝塚市文化財審議会、旧安田家住宅の保存に関する要望について。  3、一般社団法人日本建築学会近畿支部からの要望書と見解について。  

神戸市議会 2019-09-30 開催日:2019-09-30 令和元年決算特別委員会第3分科会〔30年度決算〕(港湾局) 本文

済みません,少し細くなるんですけれども,港湾荷役機械の近代化や多様化のために,18列に対応します大きなガントリークレーンの実際に配備したものとか,最新鋭のガントリークレーンのシミュレーター,そして港湾の現場でそのまま用いられております荷役の機械が,大きなそのままの規模で設置されておりまして,港湾労働者のための総合的な能力開発施設として全国最大の規模の施設となっております。

西宮市議会 2019-09-27 令和 元年 9月27日決算特別委員会建設分科会−09月27日-01号

これらのほとんどは、カヤぶき古民家でありますとか近代洋風建築など歴史的な建造物でございまして、現在では一般的に使われていない技術を使って建造されております。そのため、一般の建築物に比べてその維持に多大なコストがかかってしまうことから、これらの建築物等の保全を図るために、外観の維持にかかる費用の一部を助成する制度を設けているものでございます。  

伊丹市議会 2019-09-27 令和元年一般会計決算審査特別委員会-09月27日-01号

一方で、身近な病院がなくなっては困る、それは非常にごもっともなことでありまして、近中を残してほしいと市も要望を受けているわけでありますが、あんまり内部のことを申し上げちゃあなんなのかもしれませんが、近畿中央病院、そう遠くないところに県立の尼崎総合医療センター、非常に新しい近代的な大病院ができまして、患者さんがそちらを選ばれている。

養父市議会 2019-09-20 2019年09月20日 令和元年第94回定例会(第5日) 本文

今の農業制度ができましたのが第2次世界大戦以降、自作農の創出というようなところから始まりまして、土地所有制度を根本的に変えてきた、それらが今の制度でありますが、制度ができまして70年近く、ずっと変わってきておりませんでしたので、これらをしっかり変えていこうということで、そういう意味から言うならば、農業においての、ある意味、よりこれから農業を発展する、近代的な農業をつくり上げていく、それから、未来に向

養父市議会 2019-09-18 2019年09月18日 令和元年第94回定例会(第3日) 本文

そういう意味での今、養父市が進めております特区をベースとしたスマート農業のあり方、これはただ単に農業近代化する、スマート化するというのではなしに、私どもの思いは、農業をベースにした、農業農村の生活全てを近代化していく。そして、AIであるとか、IT、IoTの活用することによって、豊かで幸せな社会をつくっていく、そのことを今、我々は模索しているというところであります。

姫路市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会−09月09日-02号

◎松田克彦 教育長   イの慰霊塔の登録有形文化財の指定についてでございますが、国の登録有形文化財制度は、都市開発などで消滅が危ぶまれる近代建造物を守るため、阪神・淡路大震災を契機に、平成8年に設けられた制度でございます。  登録につきましては、国の文化審議会が審議を行い、その答申に基づき、文部科学大臣によって決定されるものでございます。  

加古川市議会 2019-09-04 令和元年建設経済常任委員会( 9月 4日)

○神吉耕藏委員   以前に、農業近代化資金という貸し付けがありましたが、今回のこの補助金法人が対象なのですか。個人は対象でないのですか。 ○松尾農林水産課副課長   農業近代化資金については、現在、加古川市で利用されている方はおりませんが、全体の制度としては借り入れ残高に対しての利子補給の事業として継続しているという認識をしております。

上郡町議会 2019-09-04 令和元年第5回定例会(第2日 9月 4日)

また、大鳥圭介という近代日本の礎の1人を対象としている点でも珍しい検定ではないでしょうか。  この事業は、第5次総合計画における地域文化の振興、地域コミュニティ活動の推進、そして、移住定住の推進と多岐にわたる政策、施策にかかわっています。また、毎回、遠方からの参加や町内の小学生の参加によって、今や上郡を代表する秋の行事の1つになったと考えられます。  この事業に対する町長の考えを伺います。  

香美町議会 2019-06-21 令和元年第112回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019年06月21日

新しいクリーンパークは、1市2町で一部事務組合を設立し、タクマグループに建設費97億9,800万円をかけて、近代的な焼却施設として建設し、平成28年8月1日から、タクマグループが設立したSPC、ほくたんハイトラスト株式会社との運営計画で、運営費88億4,000万円の20年契約で運営をされております。

稲美町議会 2019-06-19 令和元年第254回定例会(第3号 6月19日)

認定農業者になるための基準を下げることで、スーパーL資金、農業近代化資金及び長期運転資金、スーパーS資金、農業改良資金などの低金利資金の融資を受けやすくなります。また、税制の特例、農地集積などのメニューがあります。認定基準を下げることは、基幹産業農業従事者がふえ、活力ある産業になっていくと考えます。以上の内容についてお尋ねします。  3、有害鳥獣対策について。