運営者 Bitlet 姉妹サービス
1203件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 たつの市議会 平成31年第1回たつの市議会定例会(第4日 3月15日) また、共同活動の困難化に伴い、農用地、水路、農道等の地域資源の保全管理に対する農家の負担の増加も懸念されています。  このため、農業・農村の有する多面的機能の維持・発揮を図るため、地域の共同活動に係る支援を行い、地域資源の適切な保全管理を推進しようとするものです。   もっと読む
2019-03-05 稲美町議会 平成31年第253回定例会(第3号 3月 5日) ③ 議員が自宅前の農道を駐車場にしている問題です。軽トラの駐車は控えたようですが、自家用車をいまだに駐車しています。指導すべきです。  ④ 道路の路肩の白線が非常に薄く、消えている箇所もあります。計画的に補修しているのかお示しください。  ⑤ 道路の「文」の表示について、白枠に緑を上塗りできると聞きました。計画的に表示を改修すべきです。   もっと読む
2019-03-04 稲美町議会 平成31年第253回定例会(第2号 3月 4日) ○4番(大山和明) (登壇)  実際に見ておりますと、本当に職場へ数人のグループで自転車に乗って安全な道というんですか、農道をいっぱいになって走っているとか、また、ごみ、空き缶のポイ捨てなども目に余るようなところもございます。やはりこれは生活習慣の違いなのかなとも理解したいんですけど、実際にこのような場合にどこへどのような形で届ければいいのかというのが一つの疑問でございました。   もっと読む
2018-12-13 稲美町議会 平成30年第252回定例会(第2号12月13日) ③ 議員が自宅前の農道を駐車場にしている問題です。軽トラの駐車は控えたようですが、自家用車をいまだに駐車しています。指導をすべきです。  次に、ブロック塀撤去の推進について質問を行います。  ① 補助制度が新設されました。申請の現状をお示しください。  ② 目視では鉄筋の状態を把握できません。鉄筋探査にも補助を適用すべきです。  ③ 撤去後のフェンスの設置、生け垣の設置にも補助を拡充すべきです。 もっと読む
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) 本市では、ほ場整備や農道整備、ため池改修などの農業生産基盤の整備に加え、新規就農支援や担い手の育成など、幅広い取組を行うとともに、多面的機能支払交付金や中山間直接支払交付金を戦略的に活用して、持続的な地域農業の構築をめざしていますと記載されております。  では、洲本市における、ほ場整備の整備状況と推進方法についてお伺いをいたします。 ○(福本 巧議長)  岡野産業振興部長。 もっと読む
2018-09-20 姫路市議会 平成30年9月20日建設委員会−09月20日-01号 ◎答   認定の対象として考えられるのは、農道や河川堤防、臨港道路に面する建築物であり、年間5〜6件程度の申請があればよいと考えられるため、時間や人数に置きかえるとわずかな軽減になるかもしれない。 ◆問   仮設興行場とは、具体的にどのようなものを指すのか。また、建築基準法の改正により、仮設興行場等を1年を超えて設置することができるようにするとのことであるが、設置期限はないのか。 もっと読む
2018-09-12 猪名川町議会 平成30年総務文教常任委員会( 9月12日) 主なものは15節工事請負費9,730万円でございまして、歳入で説明しました7月5日から8日にかけて発生しました集中豪雨により被災しました農地7カ所、ため池4カ所、水路2カ所、農道2カ所の災害復旧工事でございます。  続きまして、2目林業施設災害復旧費、補正額2,252万1,000円の増額補正でございます。 もっと読む
2018-09-12 加西市議会 平成30年  9月 定例会(第271回)-09月12日−03号 また、特に困っておるのが農道への駐車、これによって地元にご迷惑をおかけしているような状況ではございます。 もっと読む
2018-09-12 稲美町議会 平成30年第251回定例会(第2号 9月12日) ③ 議員が自宅前の農道を駐車場にしている問題です。現在でも時折乗用車を駐車しています。指導を徹底すべきです。  ④ 向山自治会が、道路が待避所のように広くなった箇所を利用して駐車場にしていました。自治会に対して損害賠償請求をすべきです。  以上で一般質問といたします。 ○議長(山口 守)  井澤尚昭健康福祉部長。 もっと読む
2018-09-05 篠山市議会 平成30年第115回定例会(第2号 9月 5日) 次に11ページ 6款 農林水産業費、1項 農業費、8目 農地整備費885万円の追加は、市内各地で発生いたしました水路や農道、畦畔ののり面崩壊等に対する37件分の補助です。  13ページ、2項 林業費、3目 治山費359万1,000円の追加は、春日江地内の林道大谷線の復旧及び渓流工事整備事業補助金1件です。   もっと読む
2018-07-04 神戸市議会 開催日:2018-07-04 平成30年経済港湾委員会 本文 (5)農村環境の整備では,2)農道移管促進事業といたしまして,農道を道路管理者に移管する際に必要となる道路引き継ぎ図書の作成を集中的に行うとともに,移管に伴う是正工事の経費を補助し,農道移管の早期完了を目指します。  69ページをお開き願います。   もっと読む
2018-07-04 篠山市議会 平成30年第114回定例会(第4号 7月 4日) 認定の理由は、地域の農道として地元において管理を行われてきましたが、隣接する農地も宅地開発が進み、通り抜け一般車輌も多いことから、網掛自治会から市道への認定要望もあり、市道に認定しようとするものでございます。  続きまして、図面番号4、「市道小多田西高道ノ坪線」につきましては、議案書5ページをごらんください。   もっと読む
2018-06-27 養父市議会 2018年06月27日 平成30年第88回定例会(第5日) 本文 農道を市道認定するに当たり、地元との協議はどのような内容であったか。  答弁。兵庫県が県道吉井バイパスについて地元説明を行った後、地元から市へ3路線の農道をアクセス道路とするよう要望が上がった。地元と協議する中で利便性などに考慮し、本件の2路線を市道として整備することで合意を得た。  質疑。市道として認定した後の道路改良計画はあるか。  答弁。 もっと読む
2018-06-20 小野市議会 平成30年第412回定例会(第3日 6月20日) 、残念ながら不耕作地といいますか、作付ていない水田があるというようなこともありまして、やっぱりこれは非常に残念なことだろうというふうにある意味では思っておりまして、全耕作地が耕作できるようになるのが一番やっぱりふさわしいわけで、そういうことで言いますと、やっぱりそのほ場の整備といいますか、農業施設の整備といいますか、そういうことがやっぱり一つは欠かせないというふうに思うわけで、例えば、農業用施設、農道 もっと読む
2018-06-20 稲美町議会 平成30年第250回定例会(第2号 6月20日) ③ 議員が自宅前の農道を駐車場にしている問題です。現在でも時折乗用車を駐車しています。指導を徹底すべきです。  ④ 向山自治会が、道路が待避所のように広くなった箇所を利用してペンキで白線を引き駐車場にしていました。自治会に対して損害賠償請求をすべきです。  以上で、一般質問といたします。 ○議長(山口 守)  古谷 博町長。 もっと読む
2018-06-19 養父市議会 2018年06月19日 平成30年第88回定例会(第3日) 本文 やはり、私の議会活動において、基幹農道問題を置いてほかに語ることはできません。前回も早期開通に向けた現状であるとか、費用対効果などをお聞きしましたが、それも含めて改めて進めていきたいと思っております。  この基幹農道は地域にとっても、養父市、朝来市にとって単なる農道ではなく、農業、商業、観光、生活などあらゆる面において大切な道路であることは間違いありません。 もっと読む
2018-06-18 篠山市議会 平成30年第114回定例会(第2号 6月18日) 2款 農林水産業施設災害復旧費 農地農業用施設災害復旧費も台風等によるもので、圃場や水路、農道等34件について、国との事務調整や入札の不調により繰り越すもので、繰越額は3,139万9,000円、財源のその他120万3,000円は地元分担金です。  以上、平成30年度へ繰り越そうとする事業は27件、繰越額は合計6億1,178万3,000円です。 もっと読む
2018-06-13 加西市議会 平成30年  6月 定例会(第270回)-06月13日−03号 また線の枠外、また農道に無理矢理駐車する車も出てきております。ぜひ非常にいい政策でありますので、市民からも喜ばれ好評である、この駐車場をふやす努力は必要となってきているのではないかと考えるんですが、当局の見解をお聞きをいたします。 ○議長(衣笠利則君) 都市整備部長西岡君。 もっと読む
2018-06-12 養父市議会 2018年06月12日 平成30年第88回定例会(第1日) 本文 次に、報告第11号の事故の概要ですが、平成30年1月15日、養父市八鹿町伊佐地内の農道を公用車で走行中、十字路を直進する公用車と十字路右側から直進する相手車両が交差点で衝突したものであります。相手の運転手にけがはなく、平成30年5月23日に協議が調い、物損事故扱いとなっております。相手方との協議により事故の責任割合を市の過失40%、相手方の過失60%で示談しております。 もっと読む
2018-06-12 加西市議会 平成30年  6月 定例会(第270回)-06月12日−02号 近隣市は通学路で家のないとか農道、林道で危険と思われるような通学路については、電柱ごとに防犯灯が設置されている場所はちょくちょく見かけます。やはり小野へ入ったり、加東へ入って372号線、それから西脇町からずっと抜ける道とか、いろんなその三木宍粟線ですか、あのちょうど小野へ入りましたらずっとついています。加西市に入れば全然ついてない、こういうような状況下でもあります。 もっと読む