34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

宝塚市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会-02月27日-03号

意見をお伺いした団体は、宝塚障害者(児)団体連絡協議会のうち宝塚家族会を除く4団体で、身体障害福祉団体連合につきましては、その中の構成団体に対してもできる限りのお声がけをいただいたところです。  このいしへんの碍の表記ということにつきましては、賛成・反対、また障がいという言葉自体を変えるべきというようなことでありますとか、さまざまな御意見をいただきました。  

宝塚市議会 2017-10-04 平成29年10月 4日文教生活常任委員会-10月04日-01号

まず、表の1つ目宝塚身体障害福祉団体連合これは身体障がい者の方の各団体連合会で、構成団体は9つの団体肢体障害者協会視力障害者協会ろうあ協会内部障害者の会、中途難聴者の会、腎友会リハビリ友の会心臓障害者の会、脳卒中友の会から成っております。こちらは9月3日に行いまして、約30名の方が出席されました。  

宝塚市議会 2017-10-02 平成29年第 3回定例会-10月02日-05号

障がい者団体への個別の説明としましては、先月3日に身体障害福祉団体連合へ、8日に手をつなぐ育成会へ、21日に難聴言語障害児親の会及び肢体不自由児者父母の会へ、27日に家族会説明会実施しました。  また、自立支援協議会にも改めて、市民福祉金廃止代替施策実施について説明を行ってまいります。今後も必要に応じ、市民の皆様に御理解をいただけるよう、説明の機会を設けていきたいと考えています。  

宝塚市議会 2017-09-12 平成29年 9月12日文教生活常任委員会-09月12日-01号

◎酒井 健康福祉部長  今答弁させていただいたのは、9月8日の手をつなぐ育成会、9月3日の身体障害福祉団体連合での説明会の際には、いただいた御意見というのは、この市民福祉金生活の当てにしている人は多いので、廃止ということになると困る人が大勢いるというようなことでありますとか、市民福祉金廃止ということはそもそもあり得ないというような御意見福祉金を楽しみにしている人が多いということなので、廃止ありきはどうなのかということ

宝塚市議会 2017-09-07 平成29年 9月 7日文教生活常任委員会-09月07日-01号

◆井上 委員  では、質問にならないようにしていきたいと思うんですけれども、説明責任は果たしていますでしょうかと市民福祉金、詳細な事情、説明責任というところで、この間身体障害福祉団体連合でも説明会されていました。その中で出ていた部分なんかにもあるんですけれども、条例の目的は達したというところの中の社会・経済・文化、どういう推移になったか。

宝塚市議会 2016-09-28 平成28年第 3回定例会−09月28日-03号

まちづくりについて  (1) 宝塚駅とソリオ2の間の階段通路バリアフリー化について  (2) 市役所横ロイヤルホームセンター施設内の歩道幅員について  (3) 公共施設車いす用避難器具設置について  (4) 聴覚障害者向け火災報知器・グループホームのスプリンクラー設置補助について 2 障害者差別解消法における合理的配慮について  (1) 障害者市営住宅申込時・入居時の対応について  (2) 宝塚身体障害福祉団体連合

宝塚市議会 2013-12-11 平成25年第 4回定例会−12月11日-03号

全体会では身体障害福祉団体連合会長さんが出ておられますけれども、責任重いと思うんですよね。いわゆる会長は肢体障がいの方ですから、いわゆる聴覚視力、その他のことについて御自分のこととして話すことはなかなか難しいと思うんですよ。そこいらも本来考えていただかなきゃいけないと思います。それから、なぜそんなことを言うといったら、いわゆる自立支援協議会というのは、誰を対象として協議する場なのか。

宝塚市議会 2013-09-06 平成25年第 3回定例会−09月06日-01号

請願者は、宝塚障害者(児)団体連絡協議会会長藤原さん、宝塚身体障害福祉団体連合会長藤原さん、社団法人宝塚市手をつなぐ育成会会長、浅山さん、特定営利活動法人コスモス理事長、二宮さん、宝塚肢体不自由児者父母会会長、湊さん、宝塚難聴言語障害児親会会長、伊藤さん、宝塚障害福祉市民懇談会会長、島田さん、障害者情報クラブ代表代行、坂上さんです。  

宝塚市議会 2012-10-02 平成24年第 3回定例会−10月02日-06号

また、最終答申が出たといたしましても、特に身体障害福祉団体連合会長もせんだって話をしましたけれども、ぜひやっぱり話し合いたいとこのように言われておりますから、やはり今は少しこの問題については、市長もできれば少し立ちどまって再検討するというか、再度議論を深めて、みんなのより深い理解の上に進めていくべき内容だと思いますので、その点少し理解をしていただきたいといいますか、十分吟味して判断していただきたいと

宝塚市議会 2012-06-22 平成24年第 2回定例会−06月22日-05号

当事者の要望をどのようにとらえているか、宝塚身体障害福祉団体連合要望の中に、ガイドヘルプ等利用について、宿泊を伴う社会活動について認めてほしいとあります。過去の回答においては、制度上認められませんとのことでしたが、厚生労働省援護局障害保健福祉部障害福祉課より、宿泊を伴うガイド利用を認める事務連絡があったことを受けて、どのように対応されるつもりですか、お答えください。  

宝塚市議会 2010-12-06 平成22年第 4回定例会−12月06日-05号

次に、災害弱者を含めた避難訓練についてですが、総合防災訓練には、平成20年度から宝塚身体障害福祉団体連合から、宝塚ろうあ協会会員及び宝塚リハビリ友の会会員などの方に参加いただいています。  また、地域実施されている防災訓練の中に、学校生徒などのうち1人での避難が困難な生徒避難支援を含めた訓練に取り組んでいただいている地域もあります。  

宝塚市議会 2009-11-18 平成21年11月18日市立病院に関する特別委員会-11月18日-01号

そしたら、小浜まちづくり協議会身体障害福祉団体連合、老人クラブ連合会院内ボランティア男女共同参画センター、このPTAというか、これどうしましょう。僕、これイメージがちょっと。小さな子どもをお持ちの代表みたいな、PTAとか保育所とか何かイメージあったんですけれども。                (「小学校ぐらい」の声あり)  そしたら、小学校PTAと。わかりました。

宝塚市議会 2009-09-28 平成21年第 4回定例会-09月28日-03号

申請者に対する対応につきましては、すべての未申請者に対し、8月初旬と9月初旬に案内のはがきを送付するとともに、自力で申請することが困難と思われる方については、8月下旬以降、職員が個別に電話、現地訪問などを行っているほか、宝塚民生委員児童委員連合会宝塚社会福祉協議会宝塚介護保険事業者協会宝塚身体障害福祉団体連合に周知の御協力をいただきながら、できる限り多くの方から申請いただけるよう

宝塚市議会 2008-03-03 平成20年第 1回定例会−03月03日-03号

災害時の要援護者支援対策について、「災害時の要援護者支援策にも取り組んでいくとともに」と書かれていますが、本年度の身体障害福祉団体連合要望の第1に、障害者防災マニュアルの作成について、障害者防災の心得として障害者防災マニュアル障害が起きる前に、障害が起きてから、避難所での生活早期実現が上げられていました。

宝塚市議会 2007-09-25 平成19年第 4回定例会-09月25日-04号

宝塚安倉西二丁目1-1、宝塚身体障害福祉団体連合会長、王見宣彦。  宝塚安倉西四丁目1-7、社団法人宝塚市手をつなぐ育成会会長小原冷子。  宝塚市中野町20-10、特定営利法人コスモス会長喜田保子。  宝塚市東洋町1-1、宝塚PTA協議会会長平木敦子。  宝塚市伊孑志四丁目1-1、社団法人宝塚青年会議所理事長中田雄久。  

宝塚市議会 2007-09-21 平成19年第 4回定例会-09月21日-03号

先般、第1回宝塚医療福祉市民フォーラムが開催され、題名は「これからの医療介護はどうなるのか」と題し、宝塚医師会宝塚老人クラブ連合会宝塚身体障害福祉団体連合等の団体主催で行われました。開催に当たり、宝塚市に後援申請が行われたのになぜ後援しなかったのですか。どういう基準で後援の判断をしてるのですか、お伺いいたします。  1次質問をこれで終わります。2次質問については留保いたします。

宝塚市議会 2007-02-27 平成19年第 1回定例会-02月27日-03号

当該事業を推進するため、先月24日にJR宝塚橋上化促進協議会周辺自治会ユニベール宝塚身体障害福祉団体連合、宝塚商工会議所宝塚商店連合会及び市関係課等で組織しているJR宝塚周辺整備協議会に対して、JR宝塚橋上化及び駅前周辺整備事業について、市とJR西日本及び西日本株式会社説明会実施を行っております。

宝塚市議会 2004-12-06 平成16年第 7回定例会−12月06日-04号

平成16年、1日には宝塚身体障害福祉団体連合からも市長あて要望書が出されておりまして、また平成16年度の宝塚身体障害者福祉大会の、平成16年度の運動方針にも障害者雇用促進、いわゆる職場定着支援事業等に努め、障害者自立生活安定に努力しますというふうに、大きな運動方針を定められております。以上により、これまでの実績と今後について、お伺いいたします。  以上であります。

  • 1
  • 2