8410件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2019-11-08 令和 元年11月 8日議会運営委員会-11月08日-01号

次に、予算編成に当たっての基本方針については、資料に記載のとおり、選択と集中による経営資源の適正配分、持続可能性を強く意識した堅実な財政運営、市民企業等との協働、働き方改革に資する取り組みといった基本方針に沿って予算編成を行います。  また、予算編成方針と同時に示されました予算編成要領では、枠配分予算においては一般財源の額を前年度当初予算額に97%を乗じた額とすることなどが指示されました。  

西宮市議会 2019-11-08 令和 元年11月 8日総務常任委員会-11月08日-01号

まず、「Ⅰ 選択と集中による経営資源の適正配分」の「①新たな行政経営の仕組みによる事業の見直し・統合・廃止」を選択された福井委員のほうから、変更点の御説明をお願いします。 ◆福井浄 委員   毎回、わかりやすくしようと思ってわかりにくくなっているんですが、申しわけないです。

西宮市議会 2019-10-10 令和 元年10月10日総務常任委員会-10月10日-01号

こうした見通しの中、財政状況の悪化に伴い、財源捻出を目的市民サービスの大幅な低下を伴うような改革を実施するのではなく、そのような状況に陥る前に、まずは行政の内部的な改革を中心に進め、今後の行政需要に対応するための経営資源である人員、財源の適正な配分ができる基盤を整える、つまり体質改善を図ることを主眼に考えております。

姫路市議会 2019-10-02 令和元年第3回定例会−10月02日-05号

また、手柄地区には、手柄山を中心とした地域資源を生かしながら、どのような将来ビジョンをつくっていくべきかという課題があるため、今後の実証実験に当たっては、それぞれの地域と意見交換し、必要とする人材や活動の場、財源等を把握しながら、課題解決のために取り組んでいきたい、とのことでありました。  

明石市議会 2019-10-02 令和元年生活文化分科会(10月 2日)

また、リサイクル資源売買代金に係る滞納金187万円は、全額返済されております。  次のページ、138ページ、139ページをお開き願います。  20款、1項 市債、3目 衛生債につきましては、清掃事業債としてごみ処理施設整備事業債は、焼却施設設備保全工事、破砕選別施設設備保全工事などに係る市債が主なものでございます。  

丹波市議会 2019-09-30 令和元年第103回定例会(第6日 9月30日)

9月15日には、神戸市にあるラジオ関西の生番組に出演し、氷上町石生の水分かれやNHK大河ドラマ関連など、丹波市の観光資源についてPRを行いました。  9月16日には、今年度の長寿祝い金支給事業対象者を訪問させていただき、100歳のお言葉を述べさせていただきました。  9月28日には、春日文化ホールで開催されましたフォーラム「明智光秀の丹波攻め黒井城を語る」に出席をしまして、御挨拶を申し上げました。

西宮市議会 2019-09-27 令和 元年 9月27日決算特別委員会建設分科会−09月27日-01号

神戸のほうでは水資源委員会というのかな、こういうのがある中で、当然そこと相談していくことだと思うんですね。今おっしゃったように、そこでの窓口というか、相談のまず一番というのはやっぱり行政だと思うんですよね。こないして条例もつくっておる。公共工事がどんどん今からふえてくるような時期なので、この辺はしっかりと――かといって、完全に工事を中止するわけにもいかないと思います。

西宮市議会 2019-09-27 令和 元年 9月27日決算特別委員会総務分科会−09月27日-01号

2ページ、表の左側、事業名の中ほど上の地域防災計画等関係事業では、人、物、情報など資源に制約を受けた中でも優先的に実施する業務を的確に行えるよう業務継続計画を策定するとともに、地域防災計画等の修正を行いました。  次の防災訓練等関係事業では、職員個人組織災害応力を向上させるとともに、防災関係機関との連携強化を図るため、昨年11月に総合防災訓練、ことし1月には図上訓練を実施しました。  

明石市議会 2019-09-24 令和元年文教厚生常任委員会( 9月24日)

そこでご本人さんの意欲が喚起されるところが出てまいりましたら、就労であっても、ボランティアであっても、つないでくれる地域資源がたくさんございますので、本人に活力が戻ってきたところで順次おつなぎしていくというイメージになるかなというふうに考えております。 ○国出拓志委員長  他にございますでしょうか。  飯田委員。

篠山市議会 2019-09-19 令和元年第120回長月会議( 9月19日)

○市長(酒井隆明君)  全くそのとおりで、今までのままの観光宿泊客をそれでよいとしとるわけではなくて、丹波篠山が活性化する、その大きな魅力としては、この町並みとか、いろんな資源を生かして、多くの方に来ていただく、泊まっていただく、そういったことを含めて、この今のまちづくりも全てそういった観点からしていますから、それに加えて、PRをしたり、宿泊施設をしたり、外国からも来ていただけるような準備を整えたりということをしていますから

赤穂市議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第3日 9月19日)

また、私たちの生活する上で欠かすことができない貴重な資源として身近にあるのですが、余り注目されていない現状もあるように感じております。  このたび、「日本第一」の塩を産したまち播州赤穂というタイトルで、ことし5月に日本遺産に認定され、6月に、赤穂市日本遺産推進協議会が発足しました。  日本遺産に認定されたことを契機に、これまで以上に赤穂の塩を使ってもらえる知恵と工夫が必要です。

丹波市議会 2019-09-18 令和元年予算決算常任委員会( 9月18日)

それと柏原支所庁舎は確かに西本委員おっしゃるように、あの地域だけのもんでもなく、丹波市全体の貴重な資源ですから、当然市民の皆さん方にもまたいろいろ御意見を伺いながらじっくり慎重に考えていきたいと思います。 ○委員長(垣内廣明君) 前川委員。 ○委員(前川豊市君) 今の答弁を期待しています。  

篠山市議会 2019-09-18 令和元年第120回長月会議( 9月18日)

市の指定ごみ袋は、可燃用の大、小、資源用、プラスチック用、そして埋め立て用の5種類を販売しています。平成11年の合併以降、ごみ袋の変更は、平成14年にプラスチック用のごみ袋を作成、容器包装のプラスチックの分別回収を始め、平成29年には、全てのごみ袋を日本遺産のまち、ユネスコ創造都市のまちをPRするデザインに変更しました。

明石市議会 2019-09-18 令和元年第2回定例会 9月議会 (第4日 9月18日)

次に、2点目のプラスチックごみについてでございますが、ことし5月に国が策定いたしましたプラスチック資源循環戦略では、2030年までに使い捨てプラスチックの国内の排出量を25%削減するとともに、国内で発生したプラスチック製容器包装の6割をリユースまたはリサイクルの実現を目指すとされており、その削減に向けて取り組みが進められているところでございます。

西宮市議会 2019-09-13 令和 元年 9月13日民生常任委員会-09月13日-01号

2番の西宮市大学交流センターの設置目的でございますが、市内には現在、六つの大学と三つの短期大学、計九つの大学がございますが、その相互連携並びに地域社会との連携を促進し、大学が有する知的資源及び学生の活力を生かした魅力あるまちづくりに寄与するため設置されたものでございます。大学交流センターの講義室等の詳細、利用形態については、資料に記載のとおりとさせていただきます。  

丹波市議会 2019-09-13 令和元年総務文教常任委員会( 9月13日)

多くの施策は、第1次計画に掲げる施策を継続するものとなっていますが、丹波市の特色を出していく施策として、施策体系図5ページですが右側の施策の4番目、丹波市のフィールドを活かした教育の推進として、丹波竜を活用したふるさと教育や、水分かれフィールドミュージアムの活用など、地域資源を活用した教育を新規施策として挙げていきます。  

明石市議会 2019-09-13 令和元年第2回定例会 9月議会 (第2日 9月13日)

明石の重要な水産資源でもあり、将来にわたって豊かな海を守り育て、市民の皆様に明石の海でとれた新鮮でおいしい魚介類を提供していくことは、市としても大変重要な課題と認識しているところでございます。その水産資源を守るため、環境面ではかいぼりやため池からの一斉放流海底耕うんを組み合わせて、栄養塩量の増加に取り組んでおります。