16022件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

加東市議会 2033-06-03 06月03日-01号

◆11番(小川忠市君) こんだけ柔剣道場については議論が白熱してるんですけれども、先ほど鞆係長から構造担当者の方の御意見ということですが、セカンドオピニオン的にほかの、予算はとっといても可決、どうかわかりませんけれど可決された、予算をとっといてもいいんで、再度セカンドオピニオン的なほかの構造業者とかに本当にこれでもたへんのかなみたいな、そういうことの再度的な確認はする予定はございませんか。

加西市議会 2025-06-13 06月13日-02号

それともう1つ、8年前の議論の中で職員がしっかりやらなければならないことと、任期付職員として採用してやらなければならないこと、これはやっぱり峻別していかなければならない。その中で、やはり職員を育てていくということを私そのときも申し上げました。

加西市議会 2023-09-11 09月11日-03号

議論する上でのメリットがあるのかないのかを明確に判断する材料がないので、結論が出せないなどというような意見が出されております。 最終的には小野市長からの期限の話もあって、3市1町で提案に乗るか乗らないかということの議論を行って、9月末までに返事をするということで、この場での協議自体は話がまとまっております。

三田市議会 2023-09-10 09月10日-03号

最後に、地域議論が不十分な中で統合ありきの協議会は立ち上げるべきではないのではないかとのご質問でございますが、協議会委員個人意見のみで議論していただくものではなく、広く保護者地域皆様のご意見をアンケートなどにより集約し、それら意見も参考としながら協議いただきたい、また協議過程を公表させていただき、節目ごとに広くご意見をいただくような機会も設けて、そういった形で協議を進めてまいりたいというふうに

三田市議会 2023-06-19 06月19日-03号

再編に向けて地域の中で議論が進んでまいれば、両中学校区での意見の違いが更に大きくなるといったことも懸念したところでございます。 ただ、長坂中学校藍中学校のそれぞれの現状と今後を見てみますと、学校再編を含めた学びの環境の見直しはどうしても必要であると考えております。再編検討は、対象の両中学校区の皆さんに参加いただき、協議を重ねていただくことが大前提でございます。

加西市議会 2023-06-14 06月14日-03号

それは病院だけじゃなくて、一般会計から最終的にその分を補填しないというリスクも備えてですね、しっかりと議論してほしいと思います。建てかえだけの議論が先行するというのはちょっといかがなものかと、私は見ていて思いました。 

加西市議会 2021-12-23 12月23日-04号

これだけ条文が列挙されているにもかかわらず、委員会議論聞いておりましても概念でいいとか、今後を期待するというような意見を述べられる方がいらっしゃいましたけども、何かフワフワとしたような議論が目立っていると思います。創造会議の設置やふるさと創造条例制定から既に6年が経過していますが、いまだにそのような議論が行われていることに違和感を覚えます。 

三田市議会 2021-06-25 06月25日-04号

質疑終了後の討論において、委員からは、当局説明にあったように、国においても内閣府の経済財政諮問会議関係省庁協議をされている今の段階で判断することは困難であるとする反対意見、また別の委員からは、国の予算措置及び動向等議論段階でもあり、精査をしての検討が必要であるとする反対意見が出されました。 

尼崎市議会 2021-06-14 06月14日-04号

報告はどの学校でも配布されているが、特別に時間をとって職員間で議論していない。先生たちはそれぞれにその重さを個人的に受けとめているが、この問題を議論する時間的余裕が学校現場にはないと言います。子供ともっとかかわれる時間があったらあのような結果にならなかったと思う。いつか自分のところでも起こるのではないかと不安の声があると答えられていました。 

尼崎市議会 2021-06-13 06月13日-03号

その中では、しつけと称した親の体罰の一掃に向けた法整備や民法の懲戒権あり方見直しなど、児童虐待防止に向けた対策が議論されています。我々公明党も、これを推進する立場にあります。ただ、このような報道を受け、市民の方から不安のお声をお聞きすることもあります。私も本市での割合が高いと言われるネグレクトの疑いがあるという御家庭のお声を間接的にお聞きしました。

加東市議会 2020-12-17 12月17日-02号

今の案を通したのは間違いと言われますと、まず私のみならず、当時議論をしていた委員会そのものが私は侮辱されていると思います。 これも誤った認識に立っているからでありまして、その附属の資料にも書かせていただきましたように、見ていただけたらわかりますように、そのとき議論をしていたのは今の案ではありません。

三田市議会 2020-12-16 12月16日-04号

乖離がありながらもその方向に向けて議論をする調整会議内容は、議論も、その内容も含めて市民に広く開示していく必要があるのではないかと考えます。また、医療機能明確化議論される中で大きな方向性が決まっていきます。市の担当者も入っているのですから、市が会議の中でどんな方向性で発言をしたかも含めて公表していく、そのことを県に求めていくべきではないでしょうか。市の見解をお伺いいたします。   

尼崎市議会 2020-12-13 12月13日-04号

非常にこれからさらに議論を発展させていかなければならない問題として捉えておりますし、条例制定は来年2月なので、そこまでに委員会等々、議会でもさらに議論を発展させていきたいと思います。 部落差別は、他の人権にかかわる民族差別障害者差別とは次元が異なる問題です。女性差別障害者差別外国人差別などは、女性障害、国籍という属性を理由に、不利益な取り扱いをすることにあります。