154件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

洲本市議会 2020-03-10 令和 2年第2回定例会(第4日 3月10日)

白巣城跡については平成24年3月29日に市指定の記念に、炬口城跡については平成29年2月27日に同じく市指定の記念になっているわけですけれど、県の指定を受けることにより、管理上、あるいは活用を図る上で国及び県から何らかの補助金、あるいは何らかの利点、支援策みたいなものについてあるのかどうか、その点をお答えください。 ○(木下義寿議長)  本條教育長

加古川市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第4号12月 6日)

コウノトリは、環境省レッドリストでは絶滅危惧ⅠA類に分類をされており、1956年、昭和31年7月19日、文化財保護法によりまして国の特別天然記念に指定をされ、昭和40年には兵庫県の県の鳥ともなっております。  しかし1971年、昭和46年には野生のコウノトリは絶滅をしており日本の空から姿を消しております。

神戸市議会 2019-10-03 開催日:2019-10-03 令和元年決算特別委員会第1分科会〔30年度決算〕(教育委員会) 本文

特に,建造物や無形民俗文化財施設史跡名所,天然記念の保存修理等につきまして,個人に係る経済的負担と,これ非常に大きいと認識してます。また,地域住民によって保護されている文化財につきましては,少子・高齢化などの影響によりまして,保護を担う継承者が減少しているという課題があります。その維持・保存が大きな負担となっているというのも事実でございます。  

篠山市議会 2019-09-18 令和元年第120回長月会議( 9月18日)

オオサンショウウオは国の特別天然記念で、環境省レッドリストで「絶滅危惧種Ⅱ類」に分類されています。広島大学総合博物館展示情報研究企画部門の清水則雄准教授は「オオサンショウウオは、国の文化財保護法で守られた「生きた国宝」です。詳細な分布や幼生の動向を初め、生活史全般については全て解明されており、保護も徹底されているものと思っておりました。

洲本市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3日 6月26日)

また、海の汚染とは直接は関係ないですけれど、奈良公園の鹿でも、これは天然記念に指定され、保護されている公園で、お菓子の袋などを食べて体調を崩して死ぬケースが相次いでいると、こういうニュースも流れておりました。これは、奈良の鹿の愛護協会がことしの3月以降、死因が不明の鹿8頭を解剖したところ6頭から大量の異物が見つかったと。

養父市議会 2019-06-20 2019年06月20日 令和元年第93回定例会(第3日) 本文

まず、文化財とはですが、歴史上、芸術上、学術上、鑑賞上等の観点から、価値の高い有形文化財無形文化財民俗文化財記念文化景観、伝統的建造物群の6種類が指定等の有無にかかわらず、文化財に該当するとなっています。  まず、養父市には妙見の三重塔や名草神社、箕谷古墳、葛畑芝居堂など10カ所が国指定の文化財であり、管理棟は文化財保護法の規定によります。

淡路市議会 2019-06-13 令和元年第78回定例会(第3日 6月13日)

そのうち、有形文化財が50件、無形文化財が3件となっており、文化財の種別では、岩上神社本殿などの建造物が11件、東山寺薬師如来立像などの美術工芸品が23件、伊勢の森神社の梯子獅子などの民俗文化財が5件、五斗長垣内遺跡や松帆台場跡、野島断層などの史跡名勝天然記念が14件となっています。 ○議長(太田善雄)  岨下博史君。

姫路市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会−06月10日-02号

平成29年度には要綱を一部改正し、建造物などの有形文化財に加え、国・県・市の指定を受けた史跡名勝天然記念の保存修理などにつきましても助成することができることになりました。  一方、文化財の獣害は全市的な問題でもあり、これを根本的に解決することは非常に困難で、大規模な対策が必要であるものと認識しております。  

明石市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会 3月議会 (第3日 2月28日)

コウノトリは兵庫県の県の鳥で特別天然記念に指定されている希少な水鳥です。1971年、豊岡市で日本最後の野生コウノトリが絶滅して以来、兵庫県は豊岡市において野生復帰プロジェクトを進めてきました。そして、2005年、コウノトリの野外放鳥が開始され、現在では141羽のコウノトリが野外で暮らしています。そのうちの1羽が昨年12月から明石市に飛来しています。

香美町議会 2018-12-19 平成30年第109回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年12月19日

次に、地域資源でございますけれども、地域資源は、自然の中では天然記念ジオパークをはじめとするいろんな自然があります。そして、カニや但馬牛などの食材もあります。それらを加工品として出していくというふうなことの業務もありますし、それを使っていく、育てていく人の営みというふうなことで、地域資源の中に人や自然や営みの歴史も含めて、そういう資源がたくさんあるということを挙げております。  

洲本市議会 2018-12-12 平成30年第7回定例会(第3日12月12日)

統計書によりますと、洲本市においての国指定の重要文化財は工芸品が3点、記念としての史跡が1点、この上に旧益習館庭園が国の名勝として加わり、計5点になります。  また、県指定の文化財が9点、市指定の文化財が22点になります。これらの文化財目的に来られる方の数字をまず把握しているのかどうか、伺っていきたいと思います。  

淡路市議会 2018-09-13 平成30年第74回定例会(第2日 9月13日)

大和島につきましては、県の指定の天然記念になっております。ただし、これは大和島のイブキ群落が県の指定の天然記念となっております。  一方、城山でありますけども、これはどうも自然遺産というよりも遺跡として周知をされておりまして、開発行為など現状を変更しようとする場合には、文化財保護法に基づいて届け出や通知義務づけられているというわけであります。  

西宮市議会 2018-09-07 平成30年 9月(第15回)定例会-09月07日-03号

国は、京都市右京区清滝川など10カ所で蛍の天然記念指定を行っておりますが、青愛協では、佐用郡佐用町などと同様に、蛍保護条例の制定を強力訴えております。建築制限、灯火制限河川土木工事、河床除草業務の時期などを盛り込んだ蛍保護条例の制定こそが環境学習都市にふさわしいものと思われますが、見解をお尋ねいたします。  蛍が活動する時間帯は、夜間に3回ほどあるとされております。

淡路市議会 2018-06-13 平成30年第72回定例会(第3日 6月13日)

本市の玄関口である岩屋港にある絵島は、記念名勝に分類されました市指定文化財に指定されており、最近では、淡路島日本遺産の構成文化財としても注目されているところでございます。  絵島の美しい造形美は多くの歌人の心を動かし、和歌を詠む名所としても名高く、現在では中秋の名月時には、地元の方が中心となった句会が催され、絵島の魅力が歌い継がれているところでございます。  

西宮市議会 2018-03-22 平成30年 3月(第12回)定例会−03月22日-06号

当初から、立地場所には天然記念のクスノキがあり、そのすぐ横に高層のビルが建つことにまず違和感を覚えました。財源については、保健所や江上庁舎の集約化によりできた土地を売却することが提案され、庁舎建設には補助金がつくわけではなく、財源は市債と一般財源としています。  再三この本会議場でも申し上げていますが、私は、危機管理センターが不必要だということを述べているのではありません。

稲美町議会 2018-03-14 平成30年度予算特別委員会(第5号 3月14日)

大きくは有形文化財、それから記念民俗文化財ということで、例えば先日開催されました野寺山高薗寺鬼追式などは民俗文化財ということで、非常に有名なものもございます。 ○長谷川委員   文化財が15件ですか。指定文化財、もう少しあるように資料に載っているんですけど。 ○中嶋住民協働係長   先ほど申し上げたように16件ございます。

丹波市議会 2017-12-08 平成29年民生常任委員会・産業建設常任委員会連合審査会(12月 8日)

条例に基づいてやっているところといいますのは、例えば、天然記念が、国宝がそばにあるとか、例えば、富士山でしたら、富士山景観を損なわないようにそこだけを太陽光発電はしてはだめですよという景観上、それは規制をする。まあ言うたら、申請をしてもやっぱり、許可がおりないというようなことをやっているところがほとんどです。