1541件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2019-09-27 令和 元年 9月27日決算特別委員会総務分科会−09月27日-01号

増額の主な理由としましては、昨年6月に発生した大阪府北部地震及び7月の西日本豪雨の被災地へ職員を派遣し支援活動を行ったこと、津波洪水土砂災害の最新のハザードを掲載した防災マップを全面改訂したこと、台風21号の影響により防災スピーカーの緊急点検、復旧修繕を行ったこと、西日本豪雨や台風が相次いで接近したことに伴い水防活動を実施したことなどによるものです。  

篠山市議会 2019-09-26 令和元年第120回長月会議( 9月26日)

内訳は、西日本旅客鉄道株式会社貸付金が9億866万6,000円、ふるさと創生奨学金の貸付金が612万3,000円、酒井貞子看護師人材育成貸付金が3,360万円となっております。特別会計における債権は、4,140万5,000円で、住宅資金特別会計における住宅新築資金等の貸付金で、前年度に比べますと、357万9,000円減少しております。  

神戸市議会 2019-09-19 開催日:2019-09-19 令和元年経済港湾委員会 本文

西日本唯一のシャチ展示をはじめ,さまざまなコンテンツにより,開業年250万人,安定年で200万人の集客を目標としております。利用料金は,大人3,100円,4歳以上の子供が1,800円となっていますが,神戸市内の子供については,年1回に限り,小・中学生は500円,4歳から6歳の幼児は,無料で御利用いただけるような料金体系を御提案いただいております。  

西宮市議会 2019-09-18 令和 元年 9月(第 2回)定例会−09月18日-06号

事業主体については、阪神高速道路か、西日本高速道路か、あるいはそのいずれかと国の組み合わせになるとみられている。  よって、国と県におかれては、下記の事項を実行することを強く求める。            記  1 事業主体を早急に決定すること。  2 名神湾岸連絡線の事業化に向けた諸手続きにおいて市民に対して十分な説明と協議を行うこと。  

西宮市議会 2019-09-09 令和 元年 9月(第 2回)定例会-09月09日-04号

事業主体については、阪神高速道路西日本高速道路か、あるいはそのいずれかと国の組み合わせになると見られています。  市は、9月17日から計4回、連絡線などについての説明会を開きます。市は、説明会で出た市民の意見などを市の都計審に報告し、兵庫県に素案についての申し出を行います。県は、都市計画案を作成し、公告、縦覧、意見書受け付けを行い、市民の意見を聞きます。

加古川市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第3号 9月 6日)

平成30年西日本豪雨では、被災した自治体で、災害時にスムーズに人的・物的支援を受けるための受援計画がないため、応援に来た職員の役割分担などで混乱したケースが、多く見られたとのことです。広島県呉市では、応援職員を受け入れてから配置を決める作業に追われた、愛媛県宇和島市では、事前に計画があれば混乱は避けられたかもしれないと、受援計画が策定されていない影響を指摘する声が多くあったようです。  

西宮市議会 2019-09-05 令和 元年 9月(第 2回)定例会−09月05日-02号

去年の西日本豪雨では、自治体から避難勧告等が出されましたが、避難所避難した人は0.5%で、避難のおくれが問題になり、個人もタイムラインをつくって備える必要があると指摘をされました。豪雨で甚大な被害を受けた常総市や倉敷市ではマイ・タイムラインを市民に推奨しております。現在は、既にさまざまな自治体のホームページ上にマイ・タイムラインの記入用シートや作成方法が掲載されております。  

西宮市議会 2019-08-02 令和 元年 8月 2日教育こども常任委員会−08月02日-01号

また、この二つのテーマに関しましても、先ほど申し上げましたが、管外視察に関しましては、関東方面に行ってしまいますと、都市的に西宮市より余りにも大き過ぎるので、その分ではなかなか本市との差があるのかなという部分がありますので、できれば西日本のほうを考えながら、同じようなところを回っていきたいなというふうに思っております。

西宮市議会 2019-07-29 令和 元年 7月29日建設常任委員会-07月29日-01号

二つ目は、②広島県広島市西日本豪雨による排水対策について。三つ目に、③大分県大分市バス利用促進について、モビリティーマネジメント等を通じた公共交通機関利用促進に向けた取り組み。4カ所目は、④宮崎県延岡市、延岡駅周辺整備事業について。そして、5件目、⑤福岡県福岡市、一人一花運動について、フラワーシティー福岡。以上5カ所を正副委員長でピックアップさせていただきました。  

加古川市議会 2019-07-19 令和元年総務教育常任委員会( 7月19日)

といいますのも、実証実験の概要の一つ目のところのタグの移動履歴については、今のタグでわかると思うんですけれども、睡眠情報や家電の利用状況の活用については、新たな見守りサービスの導入を綜合警備保障やNTT西日本が考えておられて、それに加古川市が協力するということなんでしょうか。 ○多田情報政策課副課長   機器のうちタグに関しましては、今回さらに新たに募集をかけようとしております。

神戸市議会 2019-06-25 開催日:2019-06-25 令和元年都市防災委員会 本文

南海トラフ巨大地震首都直下型地震などの大規模災害に備え,事前対策から復興までを総合的・専門的に担う双眼的組織である防災庁の創設,さらに首都機能のバックアップと国土の代替性確保の観点から,西日本の拠点については関西,その中でも特に関係機関が集積する神戸周辺に設置することを要望するものでございます。

たつの市議会 2019-06-21 令和元年第3回たつの市議会定例会(第3日 6月21日)

特に、西日本の各地に大きな被害を及ぼした平成30年7月豪雨の際には、市内全域に避難勧告を発令し、開設した23の避難所には938名の方が避難されました。本市の災害時の避難所運営につきましては、たつの市地域防災計画資料編に掲載しております避難所運営マニュアルに基づき行っております。  

香美町議会 2019-06-21 令和元年第112回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019年06月21日

言えば、モーグル大会であれば西日本モーグル大会、そして兵庫県モーグル大会ということで、これは公認レースになっているわけですよね。全国から選手が来て、ここでポイントを稼いで、また帰っていくというような大きな大会になっております。そういう公認大会においては、必ず電子掲示においては2系統ないとだめだということになっております。

洲本市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第1日 6月21日)

近畿地方を含む西日本は、6月の下旬を迎えても梅雨入りが発表されない日が続いております。近畿地方を飛び越して、先に梅雨入りした各地域でも5月下旬にはこの時期の最高気温を記録したという報道があり、早くも夏の猛暑が心配されるところです。  さて、今週初めの6月18日、山形県沖を震源とする震度6強の地震が発生しました。

香美町議会 2019-06-20 令和元年第112回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年06月20日

まず1つ目ですが、昨年9月議会で伺いました西日本豪雨時の検証、それから業務継続計画、それから災害ごみ処理計画の策定状況。これらについて、一番下に平成30年度内に策定するというのは3番目だけに言っているものでもありません。これは、1番、2番のところで町長が答弁されましたというふうに私は記憶しておりますので、これらについて平成30年度内に策定するというような書き方をしております。  

たつの市議会 2019-06-20 令和元年第3回たつの市議会定例会(第2日 6月20日)

昨年の西日本豪雨では、中国地方を中心に、たつの市周辺においても甚大な被害が発生し、尊い人命が失われました。真備町では、命を落とした方の約8割が高齢者障害者の方でした。また、東日本大震災では、障害者死亡率は全住民の死亡率の約2倍にものぼりました。このような教訓を忘れることなく、全ての人が安全避難できるよう、以下、質問をいたします。  

篠山市議会 2019-06-19 令和元年第120回水無月会議( 6月19日)

次に、もう一つの犬飼初田地区につきましては、昨年の暮れにもですね、この企業に来ていただいたところですけれども、この企業はこの犬飼初田地区の全部をですね、一体として取得をして活用したいという考えを持っておられますので、また、非常に食に関する企業であってですね、皆さんのわかりやすい企業でありますから、これならという気持ちを持っておるんですけれども、現在のところ、この西日本方面の拠点としたいと考えているもののですね

豊岡市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第4日 6月19日)

昨年の自然災害の中でも被害が大きかったのは、6月18日の大阪府北部地震、6月末から7月上旬にかけて西日本を中心に降り続いた記録的な大雨、平成30年7月豪雨、7月から8月にかけての災害級の猛暑、9月6日発生の北海道胆振東部地震、9月28日から10月1日にかけて日本列島を縦断した台風24号などと発表しています。改めて被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。  

淡路市議会 2019-06-19 令和元年第78回定例会(第6日 6月19日)

契約の相手方、大阪府大阪市中央区城見二丁目2番22号、株式会社日立国際電気西日本支社長、宮崎 晃。  工事の概要ですが、施設概要、親局1局、遠隔操作装置1式、中継局7局、屋外拡声子局127局、戸別受信機1万7,000台。  工事概要につきましては、電気通信工事1式でございます。  履行期限は、契約締結日から令和3年3月26日までとなっております。