145件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊丹市議会 2020-06-12 令和2年第3回定例会−06月12日-03号

近隣で言えば、茨木では、事業者応援給付金という制度を設け、大阪府の休業要請支援金を申請している事業者は除く。国の持続化給付金及び大阪府の休業要請外支援金を申請している事業者対象に加える。令和2年4月または5月の事業全体の売上げが前年同月に比べて減少していること。副業ではない。事業収入または不動産収入が計上されている。

加古川市議会 2020-03-06 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 6日)

茨木では、子ども、若者に対して新たに求められる支援を具体化する取り組み一つとして、子ども食堂を広く子どもたちに家庭的な雰囲気の食事を提供することに加え、学習交流の場などの確保に努める団体に対し、施設使用料を助成することで安定的な運営に寄与するとともに、子どもたちが抱える課題等早期発見きっかけとすると位置づけています。

西宮市議会 2019-12-06 令和 元年12月(第 3回)定例会-12月06日-03号

例えば大阪茨木、吹田市、京都市、千葉市、埼玉県和光市などが独自基準条例を制定しています。茨木では、9月の市議会で、無償化対象となる条件について、新たな認可外保育施設指導監督基準を満たすことを義務づける条例を制定しました。また、この基準を満たさない既存の認可外保育施設については、国基準の5年間を短縮して2年以内としました。

川西市議会 2019-10-12 12月06日-03号

その翌月の11月には茨木の消防で、部下の体をロープで縛りポンプ車逆さづりにしたり部下の首に自動血圧計を巻きつけ作動させるなどの事件があり、大変痛ましい事案が後を絶ちません。 他人ごとではありません。本市でもハラスメントが原因で退職や職場の異動希望などがあるという事案や、職員アンケートでもそういった記述がありました。 

西宮市議会 2019-09-05 令和 元年 9月(第 2回)定例会−09月05日-02号

大阪府では茨木、東京都江戸川区、杉並区は条例化し、大阪門真市、千葉市、和光市では準備を進めています。しかし、このような動きは、各自治体で活発ではありません。  この問題について、6月議会、市民クラブ改革河崎議員が質問しましたが、市は、保育所待機児童がやむを得ず認可外保育施設を利用する状況があることから、条例を制定して対象施設を制限することは考えていないと、とても残念な答弁でした。

稲美町議会 2018-12-14 平成30年第252回定例会(第3号12月14日)

② 大きな被害のあった茨木高槻市も受援計画がなく、人は揃っていたのに何もせずボーっとしていたという非難の声が上がっていました。この非難の声というのは、人と防災未来センター長河田教授が話されたことです。稲美町の受援計画進捗状況はどうなっていますか。  ③ 町でもアルファ化米備蓄目標数量以上に確保されています。

西宮市議会 2018-09-27 平成30年 9月27日決算特別委員会総務分科会−09月27日-01号

被災者支援対策」ということで書いてあるのは、例えば「被害の多かった近隣自治体高槻市、茨木、八幡市等)では、建物被害を受けた方に対して、応急対応用にブルーシート貸与等を行った。本市では他自治体に比べて建物被害が少なく、ブルーシート備蓄も行っていなかったことから、実施しなかった」。

宝塚市議会 2018-09-11 平成30年 9月11日文教生活常任委員会-09月11日-01号

今は予備避難所かもしれないですけれども、私も6月に起こった大阪北部地震のときに茨木のほうにちょっと視察させていただいたんですけれども、やっぱりそこでもこんなことになるとは思わなかったというようなところ、コミュニティセンターがもう長期的な避難所として運営されていました。エアコンもなかなかきかなかったりとか、そういったすごく大変な思いを中の方がされていたのを見てきました。

三木市議会 2018-09-10 09月10日-02号

茨木では各校学力向上担当者を置き、年に七、八回、学力向上担当者会議を行っているということであります。茨木では当初、新たな学習プランへの反発もあったそうですが、各校学力向上担当者管理職ではなく、ミドルリーダーを置くように粘り強くお願いしたことで、教育委員会考え現場に直接説明できる機会とすることでプランを浸透させることができたということであります。 

三田市議会 2018-06-20 06月20日-02号

大阪茨木での小売店舗改築(改装)助成事業は、16年前、市民アンケートなどで、「商店街を利用しないのは魅力的な店舗が少ないから。」という意見が出たのがきっかけ一つとのことです。茨木に学ぶのは、「地域の店には市民生活を支えるという公共的な側面がある。事業主を元気にし、魅力的な店舗を増やすことが住民利便性地域活性化につながる。」との考えから、制度の導入を決めたといいます。

伊丹市議会 2018-01-22 平成30年第1回臨時会−01月22日-02号

子育て施策を充実している、例えば明石市、また無償化を実施した大阪茨木などは、たくさん子育て世帯が転入をし、保育所が足りなくなっていると聞いています。  伊丹市も国に先駆けて無償化をするのであれば、また子育て施策を充実、子育ての再編をするのであれば、子供はたくさん伊丹市に転入してくるかもしれない。先ほども保育ニーズは高まるであろうという教育委員会からの御答弁もありました。  

芦屋市議会 2017-12-12 12月12日-02号

いい方法を採用していただいたと思っているんですが、ほかにも兵庫県下では、丹波市さんであるとか、もしくは大阪茨木などでも採用されているようです。 この保険証ケースの製作が妥当と判断されたプロセスを教えていただきたいんですが、いかがでしょうか。 ○議長畑中俊彦君) 北川市民生活部長。 ◎市民生活部長北川加津美君) ジェネリックの意思表示につきましては、まず、カードというものがございました。

加西市議会 2017-06-13 06月13日-02号

ご存じと思いますが、先進的な取り組みを行っている大阪茨木では、介護予防事業として多様な取り組みを行っています。当市も一部地域では実施していますが、まちなかでも増加をしている空き家を活用して、人が集えるサロン的な場所をつくり、高齢者交流やふれあいを推進する必要があると考えます。人口密度が高い北条町内には特に必要ではないでしょうか。担当部局のお考えをお伺いします。

猪名川町議会 2017-06-09 平成29年第386回定例会(第1号 6月 9日)

地積は1万1,723.47平方メートル、取得金額は5,231万8,234円、契約の相手方は大阪茨木岩倉町1番13号、西日本高速道路株式会社関西支社 支店長 村尾光弘でございます。  詳細につきましては、まちづくり部長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。 ○議長久保宗一君) まちづくり部長

伊丹市議会 2017-03-24 平成29年第1回定例会−03月24日-07号

大阪府では大阪市、池田市、箕面市、茨木、高槻市、三島郡島本町、豊中市、吹田市、枚方市、寝屋川市、門真市、東大阪市、泉佐野市、堺市と、多くの自治体が飼い主のいない猫に対する助成制度を設けていますが、条件は、地域猫として地域住民が同意していることとしています。大阪府で飼い猫に対する助成制度を持っているところは、茨木、高槻市、吹田市、枚方市、東大阪市、堺市、泉佐野市、富田林市となっています。  

淡路市議会 2017-03-15 平成29年第66回定例会(第5日 3月15日)

大阪茨木では、女性だけを対象にした防災研修会を初めて開催、授乳カーテンや下着の洗濯スペースなど、避難生活を向上させるアイデアがさまざまに出された。NHKのアンケートによると、全国自治体女性防災リーダーの育成を進めていない、不十分と答えたのは全体の9割であった。全国防災士登録者女性比率は約13%と言われている。  現在、市内の防災士の数は何人でしょうか。そのうち女性は何人おられますか。