80件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

洲本市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第4日12月12日)

福島会津若松AIを活用して自動応答サービス導入。80%以上が好意的な反応。千葉千葉市が東京大学と共同でAIによる道路管理システムを開発。効果的な道路管理茨城県庁AI音声認識活用クラウド型議事録作成支援サービス導入。文字起こし作業の時間を大幅短縮。福岡県宗像市が農地情報公開システムへのデータ入力作業にRPAを導入。1,450時間の作業時間が約40時間に。

西宮市議会 2019-12-06 令和 元年12月(第 3回)定例会-12月06日-03号

このパブリックインボルブメントは、国土交通省運輸用語解説では、公共政策事業の推進に当たっての住民参加の一手法関係者に対して計画当初から情報を提供し、意見をフィードバックして計画内容を改善、合意形成を進める手法とあり、地方自治体では、会津若松を例として紹介しますと、会津若松行政システム改革プランの中に、施策立案過程の当初の段階で広く意見を募る時間を確保し、寄せられた意見の調査・分析を踏まえて

神戸市議会 2019-11-08 令和元年第2回定例市会(11月議会)(第8日) 本文

例えば会津若松のように,議員活動時間を詳細に検討し,全国町村議会議長会検討方式という,そういうものに基づいて,市長職務遂行日数と比較し,市長給与を基準に算定すると決めた議会もあります。  議員報酬は幾らぐらいが適切なのか,これについては市民の関心も非常に高いので,ぜひ議論をしていただきたいです。  

多可町議会 2019-06-17 06月17日-02号

さあ、宝探しに行こう、宝はすぐそこにというふうな会津若松、福島県の会津若松取り組みですが、これはごく普通な会津若松のどこにでもあります市政だよりといいますか広報ですけども、この住民の皆さんを中心にしたみんなでやっていこうという写真を表紙に使っております。そして、両面ページ見開きでこういうふうな感じでみんなに訴えております。

西脇市議会 2019-01-07 平成31年議員協議会( 1月 7日)

1つの会津若松目黒議長報告というのは、今、西脇市議会が進めているそういう方向性と基本的に一緒で、大変示唆に富んだ内容であったと思って、私自身は議会改革は、西脇市議会の一員として書いていながら、まだまだ理解し切れていなかったなと、そういうところを反省しながら聞かせていただいた研修でした。詳しくは、報告書を読んでいただけたらと思います。また吉井議員のほうから追加の報告があればお願いをします。

丹波市議会 2018-07-31 平成30年議会改革特別委員会( 7月31日)

ほんで、あれは会津若松やと思うねんけど、最近の議会運営委員会視察会津若松や。ほんで、会津若松はそれで道路の悪いところとか、道路予算がこんだけ変化したとかいうのはあるとそのモニターに映して一般質問したらようわかる、わかりやすいということやったと思うねんけどな。それは早急に結論というところにはなっとうへん、それは。いずれにしても検討せんなんなということでここへきとると思うんやけどな。

丹波市議会 2018-04-25 平成30年議会改革特別委員会( 4月25日)

会津若松か、あっちのほうに視察に行ったときに、きっちり資料を本にして出してましたよね、説明資料として。ああいう格好で出したら非常に議会のほうも審査しやすいしということで、そういう意味では、ここに入れたほうが、ここに条文で入れたほうが、当局のほうも出しやすいのかなと思って入れるんですけどね。  西本委員。 ○委員西本嘉宏君) これ委員長、もう一遍、意味わかりました。第2項、第3項、もうよろしい。

丹波市議会 2018-03-26 平成30年議会改革特別委員会( 3月26日)

この右側の改正後の案といいますのは、以前お示しいたしました会津若松のものを参考にほとんど書いておるのが現状です。若干順番に行きます。  第1条では、趣旨としましては現行が広報に限った内容なんですけども、改正案のほうでは「議会基本条例の中に規定する広報聴委員会に関して必要な事項を定める」というふうにしております。  「名称」につきましては、省いております。  

多可町議会 2018-03-16 03月16日-04号

高齢者の見守りシステムというので、お年寄りにスマホを持たせて、1日に3問ほど質問して、そのデータが返ってくるので、安否確認含めて、そういう実証実験やってるというのもありますし、また同じような形で、千葉市がやってるのでは、独居老人向けに、一定時間の音がないと、そういう異常を知らせるというんですか、そういうふうなシステムがあるという形になっておりますし、またスマートヘルスケアというので、福島県の会津若松

三田市議会 2018-03-07 03月07日-03号

会津若松では、空き家を地域の「ささえあい拠点」として認定し、改修費の補助や固定資産税を減免する事業を行っています。ほかの市でもいろいろな取り組みが行われていますが、この際三田市も思い切った取り組みが必要ではないでしょうか。 例えば、ニュータウンでは地域のコミュニティの拠点となるコミセンが数千人に1カ所しかなく、地域の交流やふれあい活動をするためには不十分と言わざるを得ません。

丹波市議会 2018-01-24 平成30年議会改革特別委員会( 1月24日)

お手元に、会津若松市民との意見交換会の生かし方の分類イメージ等が書いてあります。視察に行かれた方は見られたかとは思うんですけども、初めての方はちょっと見ていただきますと、当市でも議会報告会で出た意見は、今、西本委員が言われましたように分類して各委員会検討するんですけども、向こうの会津若松は、さらに政策討論会にもっていったりとか非常に充実した内容になっております。

丹波市議会 2017-09-29 平成29年第92回定例会(第6日 9月29日)

次に、会津若松市議会ですが、会津若松は、明治32年の市制施行後、幾度かの合併を経て、昭和の大合併により、現在の市名である会津若松が誕生し、平成の大合併を経て現在の姿となっております。  人口は12万2,066人、市域面積は383.03平方キロメートルです。  議員定数は30人で、議会運営委員会、各分野の常任委員会のほか予算決算委員会を設置しておられます。  

西宮市議会 2017-03-06 平成29年 3月(第 8回)定例会−03月06日-07号

その上で、1校に1施設プールの場合と、複数校が共同利用する場合──これは、北広島町及び会津若松データ。そのほかに、あと、民間プール指導込み委託利用──これは佐倉市のデータを利用しております。これらを比較して、どれがお得かを比較検討しているものであります。もちろん、学校外施設利用の場合は、移動のためのバス運行経費なども積算されています。

宝塚市議会 2016-12-13 平成28年第 4回定例会−12月13日-04号

この制度は、もともと東日本大震災被災地福島県浪江町、そこで復興庁市町村応援職員制度を活用して、こういうシステムを最初に開始したと、このコード・フォー・ジャパンが入って始めたということで、そこでシステムが初めて導入されたんですけれども、全国で初めて自治体として取り入れられたのは福井県鯖江市、これは非常に有名で、オープンデータシティということで全国に知られているようですけれども、それと横浜市、会津若松

尼崎市議会 2016-09-13 09月13日-02号

全国城サミットは、第1回会津若松これは会津若松城でございますけれども、平成25年6月に開催されました。第2回は彦根市、平成26年11月、第3回は大垣市、平成27年10月3日、4日、本年は第4回として弘前市、平成28年10月29、30日で開催されます。全国城サミットin弘前として、開催業務公募型プロポーザルとして今募集しております。 2つ目全国城郭管理者協議会でございます。

西脇市議会 2016-07-15 平成28年議員協議会( 7月15日)

今ちょっと、高橋議員古西議員のほうから、先ほど、議運の委員長報告にありました会津若松と、それから、北海道福島町の議会活動をまとめられました白書とか手引書というものを回らせていただいてます。  それは、ほかにもたくさん活動されていることがまとまっておるわけなんですが、そこにちょっと附せんをつけておるようなところが、今回、まとめていこうとしている部分になろうかと思います。