1855件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

丹波市議会 2019-06-26 令和元年第101回定例会(第6日 6月26日)

また具体的に第2項には、自治会、自治協議会自主防災組織等が取り組む防災訓練、その他防災の日の趣旨にふさわしい活動に積極的に参加し、と書いてあり、市の責務としても防災訓練防災の日に関する広報、その他の防災の日の趣旨にふさわしい事業に取り組む防災訓練、その他の防災趣旨にふさわしい活動として支援を講ずると記載がされております。  

西宮市議会 2019-06-25 令和 元年 6月(第 1回)定例会−06月25日-03号

地域で行う防災訓練には、市が自主防災組織消防団学校などの協力をいただき開催する小学校防災訓練や、地域の自主防災会等が主催する訓練がございます。市が開催する小学校防災訓練では、地震が発生したという想定で防災スピーカーを鳴動させ、その地域にお住まいの方々には、避難経路の確認等を行いながら学校への避難訓練を行っていただいております。

姫路市議会 2019-06-14 令和元年6月14日総務委員会-06月14日-01号

また、災害時には共助が大事であり、近所の人の声かけで逃げる人もかなりいると聞くので、今後は自主防災組織の活性化につながるようなことに重点を置いて取り組んでいきたいと考えている。 ◆問   総合計画策定審議会委員48人の名簿を提供してもらいたい。 ◎答   依頼中でまだ確定していない人がいる。確定次第、総務委員に情報提供する。 ◆問   新総合計画の構想案等はコンサルなどに外部委託はしないのか。

加古川市議会 2019-06-07 令和元年第1回定例会(第2号 6月 7日)

加古川市では、現在、防災士資格の助成事業が取り組まれておりますが、対象者が自主防災組織町内会自治会からの推薦とされており、高齢者福祉施設や障がい者施設の方が取得されても、その対象ではありません。これまでの災害でも、福祉施設等で亡くなられた方が多くあることから、福祉施設等での防災意識のさらなる向上のために、防災士育成は必要と考えます。

上郡町議会 2019-06-05 令和元年第3回定例会(第2日 6月 5日)

○住民課長(木村将志君) 上郡町の防災組織の構築状況についてですが、本町では、平成27年、28年度に自主防災組織活性化検討委員会を設置し、地域防災における自助、共助の取り組みのかなめとなる自主防災組織の充実、強化に向けた検討を重ね、平成29年3月に令和3年度まで5年間の計画期間とする上郡町自主防災組織育成計画を策定しました。

姫路市議会 2019-06-03 令和元年第2回定例会-06月03日-01号

消防防災については、私のこれまでの災害や救命現場での経験を活かしながら、傷病者を1秒でも早く医療機関まで搬送できるよう、通報から搬送までの時間短縮に取り組むとともに、市民の皆様お一人おひとりの防災意識の向上や、消防団自主防災組織を中核とした地域防災力の強化など、事前防災減災対策に取り組んでまいります。  

西脇市議会 2019-05-15 令和元年文教民生常任委員会( 5月15日)

2点目の自主防災組織の活性化でございます。現在、81自治会のうち80自治会組織化されており、組織化率は98.8%となっております。自助と共助による地域防災力の向上を図るため、残る1自治会組織化を働きかけるとともに、地域に即した自主防災会の活動計画となる地区防災計画の作成支援を行ってまいります。  

赤穂市議会 2019-04-24 平成31年民生生活委員会( 4月24日)

あわせまして、自治会主体とする自主防災組織育成に関しましても、消防団協力を得ながら、地域防災リーダーの育成に努めてまいりたいと考えております。  以上で、消防本部の重点目標の説明は終わらせていただきます。  なお、平成31年度の主要事業につきましては、次長から説明をさせていただきます。 ○家入委員長  平野次長兼赤穂消防署長

赤穂市議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日 3月27日)

第17点は、自主防災組織消防器具整備補助金についてであります。  委員から、設置数と補助対象について、ただしたところ、当局から、消防器具設置数は987基であり、そのうち自治会等が設置する物の3分の1を補助し、消防ホース、筒先、スタンドパイプ、開閉ハンドル、格納庫を品目として計上している。との答弁があった。  

豊岡市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第6日 3月26日)

情報伝達等要援護者の範囲拡大により、これまで対象とならなかった方への周知徹底を図るとともに、自主防災組織を初め避難支援等に携わる関係者へ十分な説明を行われたい。  なお、市の窓口対応について、市民の切実なる思いに真摯に耳を傾け、引き続き適切な事務の執行に努められたい。  以上、ご報告いたします。 ○議長(関貫久仁郎) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。     

加古川市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第7号 3月26日)

本案に対し、委員から「市の魅力を発信するシティプロモーションに対する積極的な取り組みを評価する」「地域安全のかなめである自主防災組織の整備への積極的な取り組みを評価する」「主体的・対話的で深い学びである協同的探究学習についての取り組みを評価する」「全中学校区へのスクールソーシャルワーカー配置について評価する」「給食費の公会計化により教職員の負担が緩和されることを評価する」「東加古川公民館等複合施設

猪名川町議会 2019-03-22 平成31年第393回定例会(第4号 3月22日)

次に、自主防災組織へ交付金など支援する考えはとの質疑に対して、自主防災組織へは消防ホースなどの現物支給を行っている。町から交付金などの支給はないが、防災訓練などへの支援として県から助成金制度があるとの答弁がありました。  次に、災害による停電が発生した場合、消防庁舎には発電装置があるのかとの質疑に対して、消防庁舎には自家発電装置が設置されており、停電時にはすぐ電力供給できるようになっている。

播磨町議会 2019-03-15 平成31年度予算特別委員会 (第3日 3月15日)

平成30年度兵庫県初のモデル事業として、福祉専門職介護保険福祉サービス利用者ケアプランと同様に個別計画をつくり、防災福祉を連携させる仕組みで、石ケ池自主防災組織兵庫県危機管理グループ、福祉グループ、福祉サービス相談支援専門員、播磨町自立支援議会社会福祉議会などの関係機関が連携し、3名の障がいのある方々の個別計画を策定し、1月には地域防災訓練を実施したものです。