40件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

養父市議会 2019-12-18 2019年12月18日 令和元年第95回定例会(第3日) 本文

◯健康福祉部長小井塚 裕二) 現在勤務をしていただいている医師につきましては、当然職業選択自由という部分もございますので、医師判断を尊重するということになりますが、そこには当然ながら私どもも相談、あるいは支援が必要ということでありましたら、当然ながらそれは私どもも行っていくつもりでありますし、1点、どういうんでしょうか、在宅のお話が出ておりましたが、先ほどですけれども、私どもとしましては、特にこの

豊岡市議会 2019-06-18 令和元年第1回定例会(第3日 6月18日)

その目的としては、職業安定行政の課題である国民職業選択自由、就職機会均等を確保し、雇用の促進を図るためには、雇用主が同和問題を初めとする人権問題についての正しい理解と認識のもとに公正な採用選考を行うことが必要であるとして、一定規模以上の事業所等について公正採用選考人権啓発推進員の設置を図り、推進員に対し、計画的、継続的な研修を行って、当該事業所における公正な採用選考システムの確立のために必要な

神戸市議会 2018-03-08 開催日:2018-03-08 平成30年予算特別委員会第2分科会〔30年度予算〕(交通局) 本文

これは,いわゆる日本国憲法の第25条に全て国民は,健康で文化的な最低限度生活を営む権利を有すると規定されておりまして,憲法の第13条に幸福追求権憲法第22条に居住移転及び職業選択自由というのがあるんですね。ナショナルミニマム,いわゆる国家,国の政府がそれらの権利保障するために最低限しなくちゃいけない事業生活保護とかたくさんあります。

丹波市議会 2017-06-06 平成29年総務常任委員会( 6月 6日)

数万人の警察官が、そうすると職業選択自由というのが憲法でありますけれども、本来、警察官になったときは、そういうつもりでなったんじゃないのに、何か興信所が人の生活を嗅ぎ回るようなことまで職務になってしまったとすると、それはやはり仕事の誇りも持ちにくくなるんじゃないかなと思います。それで人から恨まれることも出てくると思うんです。

川西市議会 2017-02-22 03月01日-05号

しかし交通権は、ご存じのとおり移動をする権利でもあり、憲法第22条の居住移転及び職業選択自由第25条の生存権、第13条の幸福追求権などを実施する具体的な権利でもあり、交通権保障をされていないと基本的人権保障は絵に描いた餅になると思います。国や地方自治体、住民の皆さんが自由に安心・安全に移動できる権利である交通権を、基本的人権として保障する責務を負っていると考えています。

芦屋市議会 2016-09-15 09月15日-04号

総務部長山口謙次君) 公務員退職後の再就職先、これにつきましては御本人さんの判断に基づいて就職されるものですから、もちろん職業選択自由という問題もありますし、今現在、地方公務員法が改正されまして、退職後につきましても2年間は民間企業等就職した場合、届け出をすることになっておりますけれども、これに関しましても、在職中に関連する職務、こういったことに不正な働きかけ、そういったことをすることについては

神戸市議会 2016-06-12 平成28年第1回定例市会(6月議会)(第12日) 本文

個人の職業選択自由とか,外郭団体の経営の自由度の確保ということからも考えますと,兼務を一律に規制すべきものとは考えておりませんが,御指摘あったガイドラインの策定については,その必要性も含めて,研究をしていきたいと考えております。  いずれにしましても,今後も市民の不信を招くことのないように,透明性信頼性を確保しながら退職管理適正化に努めていきたいと思っております。  

宝塚市議会 2015-12-08 平成27年第 5回定例会−12月08日-02号

また、職業的な部分におきますと、職業選択自由とか男女雇用機会均等法とか労働基準法など、そういう法律は中2だから学んでないかもしれませんけれども、やはり働くということの意味から実際のトライやるの職場選択希望においても、そのことが実感できる授業が行われているのかどうかをお伺いしたいと思います。  

西宮市議会 2015-07-02 平成27年 6月(第 1回)定例会−07月02日-07号

「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」とする憲法19条に踏み込むだけではなく、憲法22条に規定された職業選択自由にも影響を与えるものとして、非常に問題だったわけです。  今後は、防衛省に対する情報提供としての4情報提供は、まず生徒たち子供たち人権を守る立場から、行うべきではないと考えますが、その点はいかがでしょうか、お答えいただきたいと思います。  

宝塚市議会 2013-12-11 平成25年第 4回定例会−12月11日-03号

法律ではどこに住もうと日本国憲法では第22条第1項で何人公共福祉に反しない限り居住移転及び職業選択自由を有すると。法に定められた権利を行使しようとしたほうが悪い。当事者にとって何も悪いことはないわけですよ。このことを一に取り上げなくて何をするんだと私は言いたいんですよ。それが1つ目です。それはもうちゃんと考えていただきたい。  

尼崎市議会 2013-12-09 12月09日-05号

憲法第22条1項では、「何人公共福祉に反しない限り、居住移転及び職業選択自由を有する」とあり、第25条第1項で「全て国民は健康で文化的な最低限度生活を営む権利を有する」とあります。この2つの条文は、全ての国民には自由に選択した居住の場で健康で文化的な最低限度生活保障される権利があるということです。

西宮市議会 2012-06-28 平成24年 6月(第 5回)定例会-06月28日-06号

憲法第22条第1項は、「何人も、公共福祉に反しない限り、居住移転及び職業選択自由を有する」と規定しております。この移転の自由は、当初、経済的自由の一つとしてスタートしましたが、現在では、自由権の基礎たる人身の自由とも密接に関連し、また、広く知的な接触の機会を得るための精神的自由権の要素をも含む複合的な自由権と解するのが一般的です。

赤穂市議会 2011-09-27 平成23年第3回定例会(第3日 9月27日)

交通権とは、国民交通する権利であり、日本国憲法の第22条、居住移転及び職業選択自由第25条、生存権、第11条、幸福追求権など関連する人権を集合した新しい人権です。この権利は、政府自治体交通事業者などによって積極的に保障され、充実されます。我が国でも福祉まちづくり条例の制定などによって交通面のバリアフリーが少しずつ保障されつつあります。

たつの市議会 2010-03-02 平成22年第1回たつの市議会定例会(第1日 3月 2日)

ご承知のように、日本国憲法には、これは22条に職業選択自由ということがあるんです。例えば、自治会長であっても市会議員に出ることは自由でございます。また、日本国憲法参政権というものがございます。これは単に投票する権利だけでなくて、選挙に参加して応援するのも参政権でございますし、また、憲法に認められた日本の国民選挙候補者になることも参政権なんです。

  • 1
  • 2