10501件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

篠山市議会 2019-09-26 令和元年第120回長月会議( 9月26日)

次に、市長から地方自治法第243条の3第2項の規定によって、市が出資する法人の経営状況について、「株式会社夢こんだ経営状況報告書」が、また、教育長から地方教育行政組織及び運営に関する法律第26条第1項の規定によって、「平成30年度教育委員会の点検・評価について」が提出されました。その写しを配付しておりますので、お目通しいただきたいと思います。  次に、議員派遣結果について。  

篠山市議会 2019-09-19 令和元年第120回長月会議( 9月19日)

私は、やっぱりできる限りフリーハンド、その民間を活用するというのであれば、我々や、いわゆる官僚組織的な考えじゃなくて、やわらかい頭の方のフリーハンドというのをできるだけ認めることが本当の民間活用だということであると思うんですが、この関与というのは、新聞だけでどの程度か、その規制というのは、どの程度なのかわかりませんけれども、もう一度確認したいのは、そういうフリーハンドを前提とした中での法令、もしくは

篠山市議会 2019-09-18 令和元年第120回長月会議( 9月18日)

1、畦畔の除去やパイプラインを活用して「畦畔面積を減らす」こと、1、物理的方法や代替植生を活用して「草刈り不要な畦畔をつくる」こと、1、既存制度による組織や草刈り隊と担い手の連携など「組織力による管理能力の向上」をすること、1、機器や薬剤の高度化とデジタルカルテ導入などの「技術力による管理能力向上」をすること。

西宮市議会 2019-08-23 令和 元年 8月23日議会運営委員会-08月23日-01号

市長として、市民の皆様方、議会の皆様の市役所に対する信頼を回復することが最優先の課題と認識しておりますので、今回の事案を含め、たび重なる不祥事に対して、事務のチェック体制の強化など再発防止に向けた業務の見直しや職員意識改革について、職員組織一丸となって取り組んでまいる所存でございます。  さて、本日御協議いただきます案件は、定例会の招集日と付議案件などについてであります。

西宮市議会 2019-08-21 令和 元年 8月21日総務常任委員会−08月21日-01号

「@新たな行政経営の仕組みによる事業の見直し・統合・廃止」というところは、今、拝見するところになると、RPAとか、事務に対して既存の市政のフレームがあって、そこに新しくいろんな最先端のものを入れ込むというような形がよく散見されるので、そうじゃなくて、前に一般質問の中でも市に答えていただいたことがあったんですけど、BPRで仕事自体の再構築、全部の組織自体の再構築をするんだというようなところも見受けられたので

西脇市議会 2019-07-25 令和元年文教民生常任委員会( 7月25日)

市内の高齢者のひとり暮らしの方、また高齢者だけの夫婦の方々の見回り活動をどういうふうにしていくかっていうことは、今後大きな課題になってきてるという、そういう認識なんですが、従前だと、例えば旧黒田庄地域だったら、愛育班という女性の方を中心にする組織があって、毎月1回ずつ声かけをして、そして声かけカードを提出をして見守りを地域でしていこうという、そういう活動が徹底をしてあったんです。

西宮市議会 2019-07-23 令和 元年 7月23日総務常任委員会-07月23日-01号

今後続けるかどうかは、まだ初めてなので何とも言えないんですけど…… ◆中尾孝夫 委員   41人の議員のうち、どれほどの議員がそういうふうな組織を持っておられますか。 ○篠原正寛 委員長   組織というか、お受けになっているのは、どうでしょうね。 ◆中尾孝夫 委員   ふだんは自分のエリアの中にいらっしゃるか、それとも全然関係ないところで、たまたま委員長のところへ声がかかったということですか。

上郡町議会 2019-07-22 令和元年第4回臨時会(第1日 7月22日)

議会組織の構成にかかる重要な案件でありますので、どうか、慎重審議を賜り、適切、妥当なる御決定とあわせて円滑なる議会運営に御協力を賜りますようお願い申し上げまして、開会の御挨拶といたします。  ただいまから、先例により議会運営委員長から、令和元年第4回上郡町議会臨時会議会運営について報告をしていただきます。  議会運営委員長、井口まさのり君。

西宮市議会 2019-07-03 令和 元年 7月 3日建設常任委員会-07月03日-01号

3ページの「4 対策委員会組織及び開催状況」をごらんください。  (1)に今現在の組織を記載しております。(2)には、これまでの開催状況として、第1回から第6回までを記載しております。第6回は、外部有識者同席の上、開催しております。なお、それぞれの議事概要は、市のホームページで公表しております。  4ページの「5 緊急的に講じた措置」をごらんください。  

西宮市議会 2019-07-03 令和 元年 7月 3日民生常任委員会-07月03日-01号

三つ目が地域防災組織育成助成事業とか、四つ目が青少年健全育成助成事業とか、五つ目、地域づくり助成事業、六つ目、地域の芸術環境づくり助成事業、七つ目が地域国際化推進助成事業とあって、それぞれに上限も決まっとるんやけども、一番でっかいのが地域の芸術環境づくり助成事業で500万円までとかとなっているんやけど、今の説明で言うと1番目のやつやと思うんやけども、話が決まってから県に申請する、それでおりてくるみたいな

西宮市議会 2019-07-02 令和 元年 7月 2日総務常任委員会−07月02日-01号

多様化・複雑化する行政課題に的確に対応し、市民の信頼を得るためには、職員能力意欲の向上と、それらを最大限に引き出す質の高い人事管理や、風通しのよい組織風土の実現などにより組織の活性化を図る必要がございます。このため、人事管理・人材育成の充実やワーク・ライフ・バランスの推進などの取り組みを進めてまいります。  次に、11ページをごらんください。  「6 推進体制」でございます。  

西宮市議会 2019-07-02 令和 元年 7月 2日健康福祉常任委員会-07月02日-01号

病院職員が一つの組織で勤務することになる上で、職員のモチベーションを保ちながら勤務条件の整合・整理を図っていくということは大事なことであるというふうに認識しておるところでございます。この点につきましては、基本計画を今年度策定しますが、それと並行しまして県とも協議をしていくというふうに考えておるところでございます。  以上です。 ◆田中正剛 委員   ありがとうございます。  

西宮市議会 2019-07-02 令和 元年 7月 2日教育こども常任委員会−07月02日-01号

なお、総合評価落札方式における評価項目、評価基準及び配点、いわゆる落札者決定基準につきましては、管財部長並びに技術職の部長及び課長の計7名で構成する総合評価の技術的審査に関する庁内組織である総合評価検討会議の技術審査部会において決定しております。  最後になりますが、契約業者の経歴につきましては、議案書の17−3・17−4ページのとおりでございます。  

西宮市議会 2019-06-28 令和 元年 6月(第 1回)定例会−06月28日-06号

人事評価は、職員が業務に影響を与えた職務上における行動や能力とその結果である業績の両面を評価するもので、上司と部下との面談によるコミュニケーションを通して、個人組織としての課題や現状の認識等の共有化を図り、人材育成組織の活性化につなげていくことを目的としております。

赤穂市議会 2019-06-27 令和元年第2回定例会(第4日 6月27日)

受けるほうも提出したほうも人や組織が変わってしまいます。報告は都度、地元にしていただいているんでしょうか。  新田地区のみならず、大津、木生谷、折方の地域をも巻き込んで、市がその中に入って、将来への協議を早急に行っていただきたいと願いますが、お考えを伺います。  

西宮市議会 2019-06-27 令和 元年 6月(第 1回)定例会-06月27日-05号

言葉をかえますと、市の支出金によって財源が保障された、市民みずからが自己責任と自己決定で運営する小地域コミュニティ組織、いわゆる地域自治組織の設置を行政は手助けすべきではないかというものでございます。  資料3の図は、わかりやすいように地域団体への活動補助金を例に挙げて、その課題と解決策をイメージ化したもので、今回の統一地方選挙から公費負担となった選挙ビラの一部を切り抜いたものでございます。  

丹波市議会 2019-06-26 令和元年第101回定例会(第6日 6月26日)

また具体的に第2項には、自治会、自治協議会、自主防災組織等が取り組む防災訓練、その他防災の日の趣旨にふさわしい活動に積極的に参加し、と書いてあり、市の責務としても防災訓練防災の日に関する広報、その他の防災の日の趣旨にふさわしい事業に取り組む防災訓練、その他の防災趣旨にふさわしい活動として支援を講ずると記載がされております。  

西宮市議会 2019-06-26 令和 元年 6月(第 1回)定例会-06月26日-04号

住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅供給の促進に関する法律、いわゆる住宅セーフティーネット法では、行政、居住支援法人不動産関係団体などは、要配慮者が民間賃貸住宅へ円滑に入居できる環境を整備するとともに、要配慮者に対する必要な支援策について協議するため、居住支援協議会組織することができるとされております。