867件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西脇市議会 2019-05-15 令和元年文教民生常任委員会( 5月15日)

学校教育では、確か学力、豊かな心、健やかな体の育成を図り、生きる力を育む教育を推進してまいります。全ての児童生徒の社会的自立に向けた学力向上に取り組むために、本年度も小学校3年生から5年生、中学一、二年生を対象に、市内統一学力調査を実施し、個々の児童生徒の学力の状況と課題を把握し、その指導方法の工夫改善を図ります。  

加古川市議会 2019-04-17 平成31年総務教育常任委員会( 4月17日)

また、確か学力を培う、のところの、新学習指導要領に基づいた通知簿の観点例作成、というところで、新学習指導要領に基づく授業が2020年から始まるんですけれども、この2020年からどう変わるのかということが理解されないと協同的探究学習が進みにくい、理解されにくいので、2020年からどう変わるのか説明いただけますか。

高砂市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第15日 3月19日)

生きる力の中には、確か学力、豊かな心、それから健やかな体というふうに言われてるんですけど、私が思ってる生きる力というのは、いろんなことを理解し合って、発信できて、コミュニケーションの力を持ってる。それから、あと違いを理解し合える、理解し合ってお互いに違っててもいいよねというところを持てるような人間形成。

香美町議会 2019-03-14 平成31年第110回定例会(第5日目) 本文 開催日:2019年03月14日

そこで、本町では平成25年度より学校間スーパー連携チャレンジプランに取り組み、小規模校同士の学校間連携を通し多人数による学習集団を編成し、確か学力の定着を図るとともに人間関係の多様な経験を積んだり社会性を培ったりしております。今後とも少人数・複式学級のよさを生かしながら課題を解消すべく取り組みを充実させ、学力の向上を図るとともに健やかな成長を目指していきます。  2つ目の問題でございます。

丹波市議会 2019-03-12 平成31年第100回定例会(第4日 3月12日)

○17番(西本嘉宏君) 教育長がことしの平成31年度の教育方針の中で、まず第1に、確か学力保障学習意欲の向上というのを強調されました。基礎基本の確かな定着はもちろんのこと、子供たちがお互いに聞き合い、対話し、学び合う思考・発信型の授業を重視するとともに、教師力の向上も図ると。学力向上支援員や放課後学習支援員による学習支援を充実すると。

洲本市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第2日 3月 7日)

そして、最後に学校教育の充実というものは、洲本の子供一人一人に確か学力や豊かな心、健やかな体を育むためにいろいろな教育支援策を市独自でも進めていかなければならないと思いますが、その中で1点、一斉指導が困難な児童生徒対応への学級改善アシスタントの追加配置とあります。この追加の人数と学級改善アシスタントの具体的な指導内容、指導法についても伺いたいと思います。よろしくお願いします。  

姫路市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会−03月06日-05号

それぞれの個性に応じて、確か学力、豊かな心及び健やかな体をバランスよく育成するために、子どもの能力や可能性を伸ばす魅力ある学校教育を推進しております。今後も学力偏重に陥ることなく知・徳・体の調和がとれた人間育成していきたいと考えております。  以上でございます。 ○今里朱美 議長   32番 伊藤大典議員

播磨町議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会 (第1日 3月 5日)

ICT機器やデジタル教材を活用したわかりやすく深まる授業を計画し、確か学力の定着に努めます。また、ドローンを活用したプログラミン教育により、論理的思考力情報活用能力育成に努めてまいります。  特別な支援を必要とする子供にきめ細やかな支援を行うため、学校園には支援員、学校生活サポーター、介助員を配置しておりますが、今年度養護学校へ入学する医療的ケアが必要な子供の通学支援も行ってまいります。

姫路市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会−03月04日-03号

次に、どのような成果と課題を踏まえて、新たに2校の義務教育学校を開校させようとしているのかにつきましては、白鷺小中学校では、これまでも確か学力の向上と人間関係力を身につけた児童生徒を育成してまいりました。義務教育学校になった今年度は、教育委員会の支援のもと、探究的な学習の過程を取り入れたカリキュラムの開発に取り組んでおります。  

姫路市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会-03月01日-02号

本市としましては、ICTを積極的に活用し、子どもたちが多角的、多面的な視点で物事をとらえ、学びを深めることにより、変化する時代に対応できる確か学力育成につながるものと考えております。  そこで、さらなる活用として、次年度はタブレット型パソコンの更新や無線LANの増設を計画しております。新学習指導要領への対応や未来を担う人材育成の観点からも、引き続きICT環境の整備・充実に努めてまいります。  

淡路市議会 2019-03-01 平成31年第77回定例会(第1日 3月 1日)

子供たちが心豊かで確か学力と力を身につけるため、学校家庭地域との連携・協力により子供の成長と発達を支援し、豊かな人間性社会性を育む教育を推進をします。  また、多様化・高度化する学習ニーズに対応した学習活動・公民館講座等を推進し、生涯学習地域活動の拠点として公民館機能の充実を図ります。  

伊丹市議会 2019-02-27 平成31年2月27日文教福祉常任委員協議会-02月27日-01号

これ以降で多かった意見、就学前さんは、就学前保育教育の充実、確か学力の向上でございます。就学児さんで多かったのは、確か学力の向上ということで、今後力を入れて進めていくべき施策がわかりました。  最後になります、③自由記載欄に、子育ての楽しさや喜びを感じるとき、子育ての大変さやつらさを感じるとき、これからの伊丹の子供たちの未来のために必要な取り組みについて、自由記載でいただきました。

上郡町議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第1日 2月26日)

確か学力育成に向けて、全小学校において放課後に地域人材を活用した補充学習に取り組むとともに、学校園への多面的な支援を行うため、スクールソーシャルワーカー地域学校協働本部の活動を活性化します。読書活動を推進する学校図書館の整備のほか、新学習指導要領への移行措置に鑑み、小学校英語教育プログラミン教育の充実に向けた環境整備を行うこととしております。  

伊丹市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会−02月25日-03号

続いて、「施策目標2 子どもの生きる力を育む魅力ある学校教育」の「主要施策1 確か学力の向上」であります。  みずから学びみずから考える力を育む教育の推進については、主体的に学ぶ姿勢や知識を活用し、問題を解決する力に課題があることから、授業改善、学力低位層の底上げ、家庭における主体的な学習習慣の確立に取り組んでまいります。  

丹波市議会 2019-02-22 平成31年第100回定例会(第1日 2月22日)

1点目は、確か学力保障学習意欲の向上でございます。  先ほど申しましたように、子供たちが社会人として生きる時代は、予測困難な時代だと言われています。そんな時代を生き抜くために、基礎基本の確かな定着はもちろんのこと、子供たちがお互いに聞き合い、対話し、学び合う、思考・発信型の授業を重視するとともに、教師力の向上を図ってまいります。

豊岡市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1日 2月22日)

小・中学校授業実践については、主体的・対話的で深い学びの実現のため、何を学ぶかだけでなく、何ができるようになるか、そのためにどのように学ぶかということを重視した授業改善に努め、確か学力の定着と教職員授業力向上に取り組みます。  2点目に、「こころの力の育成」について説明します。  

猪名川町議会 2019-02-20 平成31年第393回定例会(第1号 2月20日)

学校教育においては、縦の接続・横の連携による質の高い教育活動を推進し、予測困難なこれからの時代に向かって生きていく子どもの生きる力を育むために、確か学力・豊かな心・健やかな体を培う取り組みを進めてまいります。  学力向上については、いなぼう学力アッププランに基づき取り組んでまいります。