3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

尼崎市議会 1996-12-02 議会報

第2次体制は、東阪神ブロックとして尼崎市、伊丹市、川西市及び猪名川町の35病院病院輪番方式をとっている。また、消防法の規定に基づき、救急告示医療機関として、19医療機関で受け入れることになっており、その中には、県立塚口尼崎病院も含まれている。第3次体制は、救急救命センターとして兵庫医科大学附属病院、これに準ずるものとして関西労災病院及び県立西宮病院である。

西宮市議会 1995-06-29 平成 7年 6月(第 1回)定例会−06月29日-05号

なお、本市の救急医療システムにつきましては、初期救急在宅当番医制や休日夜間急患センターで対応いたしまして、入院手術の必要な2次救急医療につきましては、西宮市、宝塚市、芦屋市で構成する西阪神救急医療圏域内で、病院輪番方式により、重症の救急患者医療を確保する仕組みをとっております。

西宮市議会 1979-02-24 昭和54年 3月(第18回)定例会−02月24日-01号

救急急患医療体制の整備については、医師会協力による自主在宅輪番制に加えて、各関係団体協力を得ながら、1次救急のために内科、小児科中心の休日応急診療所の設置をはかり、2次救急については手術入院が可能なように病院輪番方式により充実させ、兵庫医科大学病院併設予定の3次救命救急センターにいたる一連のシステムの確立をはかります。

  • 1