3383件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

たつの市議会 2019-06-21 令和元年第3回たつの市議会定例会(第3日 6月21日)

スフィア基準とは、正式名称が人道憲章と人道対応に関する最低基準で、生命保護のために必要不可欠な4要素、1つ、給水、衛生衛生促進。2つ、食料の確保と栄養。3つ、避難所、居住地、食料以外の生活物資。4つ、保健活動の基準が定められております。  続きまして、人口減少の問題は本当にゆゆしき事態でありまして、消費は減る、税収も減るということは、市民サービスもできなくなってしまう。

たつの市議会 2019-06-20 令和元年第3回たつの市議会定例会(第2日 6月20日)

さらに、日本エネルギー供給生命線であるホルムズ海峡ではタンカーが攻撃され、今後、日本経済への悪影響はもちろん不測の事態も危惧されているところでございます。  翻って、国内では10月に消費税の増税が予定されていますが、日本経済やここたつのでも地域経済への影響が心配されます。  

豊岡市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第4日 6月19日)

具体的な基準といたしましては、まず、法律義務づけられたものや市民生命財産権利を守るために必要なものにつきましては、市が実施主体となり直接的にかかわる。2つ目として、公益性は高いものの事務事業の一部を民間にお任せできるものは、市が実施主体となりつつも一部を民間にお任せする。

篠山市議会 2019-06-19 令和元年第120回水無月会議( 6月19日)

市のラインを活用した相談体制ですが、兵庫県のこの「ひょうごっ子SNS悩み相談」が、いじめや虐待等により、相談者の生命にかかわる重要な事案については、管轄警察署に連絡される仕組みが構築され、丹波篠山市内の児童が相談したケースにおいても篠山警察署家庭児童相談室などと連携できる体制となっていることから、市では、新たにSNS悩み相談を開設するのではなくて、今後、この兵庫県のラインを活用した悩み相談の周知

豊岡市議会 2019-06-18 令和元年第1回定例会(第3日 6月18日)

出石の観光道路生命線であり、ピーク時には、1年間に100万人が訪れていたといいます。  このたび、せっかくできた日高神鍋高原インターチェンジですが、ここから出石・但東方面に観光バスがすんなり行けないという実態があることをつかんでおられるのかどうか、そして、アクセスの改善の見通しについてお尋ねをいたします。  

明石市議会 2019-06-17 令和元年第1回定例会 6月議会 (第3日 6月17日)

市民の皆様の生命財産を守る取り組みは最優先事項であります。改選後でもありますので、改めまして本市の認識と取り組みをお聞かせいただきたいと存じます。  2点目は、木造住宅密集地域での消火活動についてであります。残念ながら平成29年10月25日、市東部の木造密集地域で大規模な火災が発生いたしました。お見舞いと今後の安寧をお祈りいたしたいと思います。

明石市議会 2019-06-14 令和元年第1回定例会 6月議会 (第2日 6月14日)

今後とも、明石港西外港地区を初めとする東西16キロにわたります海岸線はもちろんのことでございますが、河川やため池等の自然災害から市民の皆様の生命財産を守るために、関係機関市民と一体となって取り組んでまいりたいと考えております。ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長大西洋紀)    尾倉議員。 ○議員(尾倉あき子)    それぞれご答弁いただきまして、再質問をいたします。  

猪名川町議会 2019-06-14 令和元年第394回定例会(第2号 6月14日)

福井澄榮は、再三再四にわたって、日本生命が日生二次開発を中止して、猪名川町に寄附をした81ヘクタール土地に1市3町で病院建設をするようにと提案してきましたが、いまだ実現できていません。1市3町というのは、川西市猪名川町、豊能町、能勢町であります。川西市病院には、猪名川町はもとより、豊能町、能勢町も多くの人が病院にお世話になっているからであります。  

播磨町議会 2019-06-11 令和元年 6月定例会 (第2日 6月11日)

そこで、やはり廃墟というと、特定空家等に指定される、生命危機というところ、播磨町でも、私歩いたら何件か見つけましたし、写真にも撮らせていただいたんですが、入ってけがした場合というのは、やはり個人責任になるとは思うんですが、そこら辺の見解をもう一度よろしくお願いいたします。 ○議長(神吉史久君)  答弁、喜多 朗理事

姫路市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会−06月10日-02号

非常に医学的な話で恐縮なんですが、人間は子どもを産み育てていく、これは生命の営みの中でだれしもが備わっているものだと思いますが、どういったときにアンチ少子化、多産の傾向になるかというと、実は喜びよりも深い悲しみがあるときに子どもをたくさん産まれる傾向があることも事実であります。平成昭和、その時代、戦後大きな戦争もなく、日本平和にこの国を、そして生活を謳歌してまいりました。

市川町議会 2019-06-04 令和元年第4回定例会(第1日 6月 4日)

条例は、平成25年にいじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)が施行されたことを踏まえ、いじめは、子供の尊厳を脅かし、心身の成長や人格の形成に重大な影響を与えるだけでなく、生命や身体に重大な危機を生じさせるおそれがあることを重く受けとめ、いじめは、いつでも、どこでも、誰にでも起こり得るという共通認識のもと、いじめをしない、させない、許さない取り組みが必要であることから、いじめ防止についての基本理念

丹波市議会 2019-05-31 令和元年第101回定例会(第1日 5月31日)

日夜火災災害などから市民生命財産を守るため、献身的に努力されている団員の皆様に敬意と感謝を申し上げます。  5月1日には、たんば田園交響ホールで開催されました丹波篠山市誕生・市制20周年記念式典に出席をいたしました。丹波地域のさらなる発展に向け、引き続き丹波篠山市としっかりと連携を図ってまいりたいと考えております。  

篠山市議会 2019-05-28 令和元年第120回 5月28日会議( 5月28日)

さらに、民生福祉分科会の議員間協議では、篠山再生計画に基づき、救助工作車の更新年数を15年から20年に延長した中、延長期間に当たる平成27年から平成31年の間に、3回もの故障が発生していることを踏まえ、消防本部の所有している緊急車両については、市民生命財産保護する重要な目的を有していること等から、従来の車両更新年数に戻すことを検討する必要があり、これからの財政計画において、十分その点を考慮する

明石市議会 2019-05-15 令和元年第1回定例会 5月議会 (第1日 5月 15日)

また、自治体として住民の生命財産を守る責任の重大さ、2つの事故では、市の事務事業が持つ意味を深く考えさせられ、同時に、市民の信頼なくしては行政は立ち行かないということも痛感をいたしました。明石市にとっては厳しい試練ではございましたが、絶対に忘れてはいけない、そして教訓として生かしていかなければならないと改めて強く思うものでございます。  

明石市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会 3月議会 (第6日 3月22日)

条例案では、豪雨、地震津波などの自然現象や大規模な火事、爆発などの災害発生時に被害の拡大を防止し、市民生命、身体、財産を守り、市民生活の平穏を確保できるよう、災害発生時の議会としての体制を平時から整えることを定めるとともに、災害発生時においては、市民が早期にもとの生活に復帰できるよう、復旧・復興に必要な予算を迅速に議決するほか、市長や国などと連携して、災害からの復興に積極的に尽力するという議会