50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

洲本市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第3日 3月 8日)

○11番(狩野揮史議員)  詳しいことはわからないんですけれども、休止に至ったというのは、五色漁協の漁業が及ぶところでの休止ということでよろしいでしょうか。 ○(福本 巧議長)  鳥海産業振興部次長。 ○(鳥海修平産業振興部次長)  本件の調査自体を休止しているということでございます。 ○(福本 巧議長)  11番 狩野議員。 ○11番(狩野揮史議員)  それともう一点ございます。

香美町議会 2018-12-18 平成30年第109回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018年12月18日

4点挙げていますが、まず、企業参入を可能とする漁業の漁協、地元優先を廃止するという内容になっています。漁業については3つありまして、共同漁業、定置漁業、区画漁業という3つありまして、そのうち企業参入を可能とするのが定置網の漁業と、あと区画漁業といいまして養殖の漁業であります。

淡路市議会 2018-12-14 平成30年第76回定例会(第4日12月14日)

漁業法の改正の主な中身は2つありまして、1つ目は漁協に優先的に免許されていた漁業の優先順位の廃止、定置・区画漁業の個別付与があります。このことにつきましては、漁業者が水域を適切かつ有効に活用している場合は継続利用を優先し、その者に免許を与え、既存の漁業がない場合は、地域水産業の発展に最も寄与する者に免許を与えると規定されております。  

豊岡市議会 2018-12-12 平成30年第5回定例会(第4日12月12日)

この改定は漁協や地元漁業者を優先してきた養殖、定置漁業等の漁業を地元の頭越しに企業に直接与えてしまう、地元優先のルールを廃止することが盛り込まれています。力のある企業沿岸漁業への参入、支配が広がり、漁場漁業がばらばらにされ、混乱と対立が広がるのではないか。また、海区漁業調整委員会は公選制から知事による任命制に変わります。

神戸市議会 2017-12-01 開催日:2017-12-01 平成29年経済港湾委員会 本文

6.選定理由につきましては,栽培漁業センターとの一体的な管理運営による長期的な取り組みが必要であり,漁業を有する神戸市漁業協同組合と市が共同出資して設立し,同センターを管理運営している団体に公募外選定することが適当であるため,また事業計画等を総合的に評価したところ,業務遂行能力を有するものであるためでございます。  33ページには施設の概要を記載いたしております。  

猪名川町議会 2016-12-16 平成28年第384回定例会(第2号12月16日)

平成25年度は、漁業切り替えの時期となり、多田協同組合では、現在持つウナギ漁業のほか、アユ、コイ、フナ、ニジマス、オイカワ、アマゴの漁業更新を目指している、漁業については連合会ごとに免許猪名川町では猪名川水系漁業協同組合連合会が漁業を取得されております。  ウナギの稚魚、つまりシラスですね、シラスは放流した後、上流へと遡上します。やがて海へと下り、5年ほどで成魚となるといいます。

加古川市議会 2016-03-14 平成28年総務教育常任委員会( 3月14日)

橋本選挙管理委員会選挙担当副課長   この海区漁業調整委員会委員選挙でございますけれども、基本的にこの委員会につきましては海での漁業に関する免許ですとか、漁業許可などに関しまして知事に答申したりします。要は漁業とか入漁権などのそういった事務につきまして審議する機関でございます。

伊丹市議会 2015-09-30 平成27年一般会計決算審査特別委員会−09月30日-01号

◎こども未来部 羽束川の使用料につきましては、旧伊丹山荘がオープンしたときに羽束川のほうを利用して、当初、魚とりとかそういうことをするために、羽束川の漁業組合のほうから毎年漁業を買うておりまして、今でも実際に、私どもの野外センターを利用した方が、川入って川遊びとか魚とりしておりますので、17万円については漁業組合に毎年お支払いしている額です。

赤穂市議会 2014-10-08 平成26年決算特別委員会(10月 8日)

○有田委員  漁業との関係というのはどんなもんなんですか。その漁業については1人に有資格者1名には漁業には一人ずつにあるもんなんでなんですか。それとも1軒の家にあるわけですか。生計を立てている、漁業で生計立てているところにあるもんなんですか。どうなんですか。 ○藤本委員長  札場書記長。

神戸市議会 2012-10-18 開催日:2012-10-18 平成24年産業港湾委員会 本文

3番目のその釣り船客のマイカーの車というのは,毎日30台から50台ぐらい海岸の中に,漁業者の漁業をするのに必要な車と同等とみなすという格好で進入を認められているわけですが,釣り船業者には漁業がございますが,釣り船に乗るお客さんですね──お客さんの方々には漁業はないわけでありまして,いわゆるそのマリンスポーツ・マリンレジャーを楽しむという目的でマイカーを乗りつけて駐車をしているというのが実情ですね

加古川市議会 2010-09-24 平成22年建設経済常任委員会( 9月24日)

○高橋ウェルネス推進課長   この項目につきましては、加古川市立の漕艇センターができました当時、加古川漁業協同組合とのいろいろな協議の中で、もちろん漁業の問題もありますが、あの場所で漕艇を、ボートの競技を行う場合、大会を行う場合に、まず加古川漁協の同意が必要でございます。同意をしていただいたうえで、組合員にこの日程で大会が行われますので、漁は控えてくださいというふうなお知らせをしていただきます。