6691件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神戸市議会 2019-06-26 開催日:2019-06-26 令和元年福祉環境委員会 本文

また,収集職員が状況に応じてクリーンステーションの簡易清掃及び簡易なネットの片づけを行ってまいります。  12ページをお開きください。  次に,ごみ出し支援といたしまして,神戸市のごみ収集体制を活用した支援を拡大するとともに,NPO等の民間事業者との連携を強化し,一体となってごみ出しが困難な方の支援を行ってまいります。

洲本市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2日 6月25日)

私たちもこのような政府の定めた指針、計画に沿って海洋プラスチックごみ問題に向き合っていかなければならないと思うのですが、ただいま上げました行動計画の中に、住民や企業のグループによる清掃活動を推進とありますが、私の住んでいる由良では、中学生中心による成ヶ島清掃活動、成ヶ島クリーン作戦が毎年12月に、もう20年以上も続けられています。私も地元ですので去年参加させていただきました。

伊丹市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会-06月13日-05号

その中で、海洋プラスチック対策として、ポイ捨て、不法投棄の撲滅を徹底した上で、清掃活動を含めた陸域での廃棄物適正処理を掲げており、プラスチックの陸域から海への流出を防ぐためには、沿岸部だけではなく、内陸部における取り組みも必要であり、流域単位で連携した取り組みが有効とされております。  

伊丹市議会 2019-06-07 令和元年第3回定例会-06月07日-03号

この内職作業を経て、より一般就労に近い作業も可能と考えられる方には、市内や近隣地域の企業20社の協力のもと、公共施設の清掃施設や高齢者介護施設での介護補助作業、あるいは食品工場での食品加工作業などの体験機会を提供しております。体験日数や時間に決まりはなく、週1回、1日1時間というようなペースからでも始めることができますので、体力に自信のない方でも安心して体験いただけます。  

西脇市議会 2019-05-16 令和元年総務産業常任委員会( 5月16日)

実際に今地域対策委員は自主事業も行っていまして、地区にもよるんですが、自主的に地区のクリーンキャンペーン、清掃したり、それから、地区の人権の会議等に出席したり、そういったものが自主事業で地域ごとにばらつきはあるんですが、そういった取り組みを実際行っているということと、あとそれから、地区の総会等で市長のメッセージを代読する、そういったことも地域対策委員が行っております。以上です。

加古川市議会 2019-04-19 平成31年建設経済常任委員会( 4月19日)

○白石信一委員   確か、昨年はこの団体と権現総合公園の清掃活動されている団体に感謝状が贈られていたと思います。連続して同じ団体に感謝状が贈られていますが、緑化推進に関しては、日岡山の清掃であったり、市内でいろいろな団体が活動されており、そういうところにも感謝状が贈られています。

高砂市議会 2019-03-27 平成31年 3月定例会(第17日 3月27日)

続きまして、特別勤務手当に関する部分で清掃業務などに関する部分です。こちらに関しましては、国の森林構造基本統計調査を出していただきまして確認をいたしました。  民間との差に関しましては、年齢差もあるものの、こちらを見ていただいてもわかるとおり、民間では50歳から54歳がピークとなっておりまして、その後、55歳から59歳というところは下がっております。

篠山市議会 2019-03-27 平成31年第119回定例会(第3号 3月27日)

委員より、清掃センターにおける基幹的設備改良工事について、今回の改修による耐用年数は10年間とのことであるが、清掃センターに係る地元自治会等との覚書において、平成39年までの操業期間になっていることとの整合性についての質疑はあったのかとの質疑が出され、民生福祉分科会座長からは、当局より、この工事は、国からの二酸化炭素排出抑制対策事業費交付金を受けて実施しているが、交付要綱において、改修後10年以上、

赤穂市議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日 3月27日)

第11点は、清掃総務費 管理施設整備事業についてであります。  委員から、管理施設整備事業における粗大ごみストックヤード整備の内容について、ただしたところ、当局から、粗大ごみのストックヤードの規模については、面積約320平方メートル、間口14メートル、奥行き23メートル、高さ5メートルで、コンクリート製の間仕切りを設置するものであり、ごみの種類として、粗大ごみ全般を扱う予定である。

豊岡市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第6日 3月26日)

豊岡市国民保護協議会条例の一部を改正する条例制定について      第12号議案 豊岡市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条            例制定について      第13号議案 豊岡市職員の自己啓発等休業に関する条例及び豊岡市職員の大学            院派遣研修費用の償還に関する条例の一部を改正する条例制定に            ついて 日程第9 第14号議案 豊岡市廃棄物の処理及び清掃

加古川市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第7号 3月26日)

会議録署名議員の指名 第 2 諸 報 告  (1) 議員出席状況  (2) そ の 他 第 3 議案第25号 加古川市特別会計条例の一部を改正する条例を定めること 第 4 議案第31号 土地取得のこと 第 5 議案第32号 訴えの提起のこと 第 6 議案第26号 加古川市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例を            定めること 第 7 議案第27号 加古川市廃棄物の処理及び清掃

伊丹市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会−03月25日-09号

次に、清掃総務費では、紙分別促進袋の取り組み内容と見込まれる効果が問われたほか、焼却炉の稼働状況、ごみの分別等PRビデオの利用方法と周知方法がただされました。  次に、じんかい処理費では、戸別収集とした場合の費用が問われました。  

宝塚市議会 2019-03-22 平成31年 3月22日産業建設常任委員会-03月22日-01号

◎岡本 文化芸術施設及び庭園整備担当課長  提案をいただいております内容のほうの一部を御紹介させていただきますと、清掃に関する業務については、市内の方も雇用しますということで提案を受けています。  あと、庭園とかの整備につきましても、構成事業者の中に宝塚市内の業者と取引をしている業者がありますので、そういったところと仕事ができればというふうな意向を確認しているところです。  

高砂市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第14日 3月18日)

さらに、にこにこポイント制度を活用し、県立高砂海浜公園でのアオサ清掃やボランティア養成講座などのボランティア活動や、市の各種事業への参加をポイント付与対象事業とすることにより、市民の自発的な地域での活動と市政への参画を促しているところであります。  

西宮市議会 2019-03-15 平成31年 3月15日予算特別委員会建設分科会−03月15日-01号

実際、たばこの吸い殻とか、会所に入りますごみについては、我々の道路パトロールであるとか、あと、地域からの御要望をいただいて、適宜、会所ますの清掃を行っておるところでございます。  以上です。 ◆まつお正秀 委員   枝葉が入りやすくしておかなあかんのですか。網をすれば入りにくくなって、上にたまるだけやと思うんですけど、それがあかんのですか。今の説明でよく理解できないんですけどね。その辺を。

加古川市議会 2019-03-15 平成31年建設経済常任委員会( 3月15日)

マラソンコースですが、管理業務委託、巡回監視業務、路面清掃及び瓦れき等の撤去の以上4通りございます。管理業務については、日ごろの42.195キロメートルの加古川市が担当しているエリアの芝やレストエリア、スタート、ゴール地点等の管理運営を行っています。あと、巡回監視業務については、キロメートル表示板等のずれがないかなどの管理を行っています。

高砂市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会(第12日 3月14日)

それから許可の関係でございますけれども、本市の場合は廃棄物の処理及び清掃に関する条例を定めております。その条例の中で委託基準というのを設けておりまして、その委託基準の中で、それは廃棄物の処理及び清掃に関する法律の政令の規定によるというところで委託の基準を設けてございます。  それから許可の関係につきましても、そういう許可の申請を条例で定めていると。

加古川市議会 2019-03-14 平成31年福祉環境常任委員会( 3月14日)

月14日)              福祉環境常任委員会 会議録   <開催日時・場所> 日時:平成31年3月14日(木)   開会 9時29分                  閉会 16時37分 場所:第4委員会室 <議事日程> 1 付託案件審査 ・議案第26号 加古川市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例を定める        こと ・議案第27号 加古川市廃棄物の処理及び清掃

西宮市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日予算特別委員会民生分科会-03月14日-01号

主な要因といたしまして、環境事業部の清掃庁舎改修事業で、30年度は中長期修繕計画に基づく空調設備更新工事やボイラー設備更新工事を実施いたしましたが、31年度は受変電設備の更新工事を行うこととしており、その工事内容の違いによるものでございます。  続きまして歳入でございますが、環境局所管分の一般会計収入が、表の2行目でございます。