920件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊岡市議会 2019-06-17 令和元年第1回定例会(第2日 6月17日)

ちなみに入湯税は、3,000万円以外に、城崎だけが但東やあるいは竹野と同じ人口規模に比べて、消防職員が7人多いですよね。それだけで6,000万円は多分行きます。入湯税の利用の一番の眼目というのは消防ですので、実質は実はわかってるということもご理解賜りたいと思います。 ○議長(関貫久仁郎) 椿野議員。 ○議員(17番 椿野 仁司) 終わります。2番バッターに回します。よろしくお願いします。

伊丹市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会−06月06日-02号

また、市民救助、救援にかかわる防災対策は、市民生活全般にわたり幅広いことから、総合的かつ迅速な対応力が必要であると考えており、関係部局の課長職員を兼務配置するとともに、消防職員を併任配置し、体制を整えております。また、あわせて、消防職員のOBや防災士資格を持つ嘱託職員も配置しております。  

姫路市議会 2019-05-22 令和元年5月22日総務委員会−05月22日-01号

また、物品1つなくなれば消防職員もしくは団員が責任を問われることになるのか。 ◎答   今までは本部で一括管理していたが、今回から各消防署にも事務を分担している。 ◆要望   管理事務を分担しても、そこに責任がついて回ることになる。そもそもの共済の助成制度自体について、県とも一度話をしてもらいたい。 ◆問   消防音楽隊の縮小という話があったが、現在の状況を聞かせてもらいたい。

姫路市議会 2019-03-14 平成31年3月14日総務分科会−03月14日-01号

◎答   消防職員564人と危機管理職員13人、そして消防職員の再任用56人と危機管理の再任用2人で、635人となっている。 ◆問   再任用の職員はどのような部署に配属されているのか。 ◎答   現役時にずっと隔日勤務をして慣れているので、隔日勤務を行っている人もたくさんいる。また、防災指導員といって、各校区の防災倉庫の点検や防災活動のお世話をしている人もいる。

西宮市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日予算特別委員会総務分科会−03月14日-01号

以前消防職員の方が亡くなったというときも、大変ショックが大きかったことがありましたけども、今回、職員ではないんですけども、市民の方がそういう状況になっていると。そのあたりは、ことしに入ってからになりますけども、新年度も含めてどんな対応というんですか、特に気をつける必要があるのかどうか、そのあたりを少し聞いてみたいというふうに思います。  

伊丹市議会 2019-03-14 平成31年一般会計予算等審査特別委員会−03月14日-01号

消防局 委員の指摘のあります部分につきましては、防火管理者のみならず、我々消防職員も定期査察の対象としておりますので、規模によりますけれども、2年に1回であったりとか3年に1回であったりいう規模の部分に区分けをするんですけれども、立入検査時に火災予防上、危険である場合は、消防から御指摘させていただいて、改善を指導させてもらうというような形をとらせていただいております。以上です。

猪名川町議会 2019-03-07 平成31年生活建設常任委員会( 3月 7日)

あるいは分団員が積極的にそれぞれ訓練に参加して技術を上げていくということについて、消防本部として、まずはこういった交付金を支給することと、それから実際に分団を回りまして、消防職員指導していく、それから、団の幹部が訓練に出向きまして激励をする、そういったことを新年度計画をして、あわせて消防団の活性化を図るというふうなことを目的としておりますので、ご理解を賜りたいというふうに存じます。  

高砂市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第 7日 3月 7日)

ただし、消防職員は、95名体制を維持していくというような考え方でございます。  (2)計画期間につきましては、2019年4月1日から2024年4月1日の5年間を予定しております。  (3)今回の対象部門でございますけれども、市民病院を除いた全部門を対象としております。  

明石市議会 2019-03-04 平成31年総務常任委員会( 3月 4日)

引き続き、消防業務手当なんですけども、ご存じのように、消防職員の場合には団結権も認められていない。当然、交渉する場に出るわけにはいかないということなんですけども、これは削減するということで、当然、職員室から消防局のほうに説明に行ったのでしょうね。 ○梅田委員長  職員室長兼給与担当課長。 ○久保井職員室長兼給与担当課長  職員室長兼給与担当課長の久保井でございます。  

小野市議会 2018-12-18 平成30年第414回定例会(第2日12月18日)

ただ、消防団員の方々は仕事を持って制約がありますので、我々消防職員のように採用されて半年の間は消防学校へ行ってホースの巻き方とか全てを教えてもらうわけではありませんので、先輩の幹部から教えてもらったり、我々が訓練をしたりということですので、少し長い目で見てやっていただきたいなというところもあります。  

芦屋市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月11日−03号

特に防災との関係でいけば、消防職員の増加というのは、私どもからも繰り返し強く求めていたところで、この増加というのも見させていただいているところです。  しかし、阪神・淡路大震災があったとき、このときは職員が実数で1,288人だったんですけれども、現在1,062人と220名も減っています。これには人口の問題があるんです。人口1,000人当たりで見たら、震災のときには16名の職員が配置されていた。

伊丹市議会 2018-12-10 平成30年第6回定例会−12月10日-04号

このほか、遊びを通して、子供の興味を深める指導や、シェアリングネイチャー研修、消防職員による普通救命講習、さらにはLGBTへの理解を深める研修など、課題に応じてさまざま研修を実施して、指導員の資質向上を図っています。  今後とも、指導員含めての検討を引き続き重ねながら、効果的な研修を実施してまいります。  最後に、このほど国が示した指導員の基準等の事実上の撤廃方針についてお答えをいたします。  

高砂市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第 6日12月10日)

緊急時には、聴覚障がい者ご本人からの依頼がない場合でも、昼夜を問わず消防職員が直接手話通訳者に連絡し、コミュニケーション支援を依頼できるよう、消防本部には高砂市の設置手話通訳者と派遣登録手話通訳者の緊急連絡先を情報提供しております。  しかし、大規模災害発生時などは、限られた人数の手話通訳者では、情報保障を担える範囲が限られております。