49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

洲本市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第4日 9月13日)

平成13年4月1日の浄化槽の改正によりまして、合併処理浄化槽の設置が義務づけられております。家屋の新築等で新たに浄化槽を設置する場合には、合併処理浄化槽を設置しなければなりません。  一方、既に設置されている単独処理浄化槽を使用する者は、原則といたしまして、合併処理浄化槽への設置がえ、または構造変更に努めなければならないこととされております。

加古川市議会 2019-06-07 令和元年第1回定例会(第2号 6月 7日)

次に、「合併処理浄化槽の維持管理と公共管理を求めることについて」ですが、浄化槽は、適正に維持管理されていることを確認するため、浄化槽第11条による検査が義務づけられており、平成30年度の受検率は、合併処理浄化槽が約75%、単独処理浄化槽が約49%、全体で約61%となっています。

上郡町議会 2018-06-06 平成30年第2回定例会(第2日 6月 6日)

○上下水道課長(種継 武君) 農業集落排水事業につきましては、下水道法という法の適用ではなくて、浄化槽という適用となりますが、平成27年度には苔縄、鞍居地区の処理場の機能診断を実施いたしまして、28年度には苔縄地区の機能強化工事、それから昨年29年度から鞍居地区の処理場の機能強化工事に着手しております。鞍居につきましては、本年度で機能強化工事が完了予定としております。  

加古川市議会 2018-05-28 平成30年第2回定例会(第2号 5月28日)

合併処理浄化槽の設置者としては、まず法定検査を受けることと、国の法律であります浄化槽で定められた決まりを守ることは国民義務であり、地域で暮らし、水質を守ることに個人責任を持つ必要があると考えます。  意見といたしまして、まずは行政としても、この部分については今後も適切な指導と周知を図っていただくとともに、この補助制度によって、さらに適正な維持管理を促していただきたい。  

加古川市議会 2018-05-23 平成30年福祉環境常任委員会( 5月23日)

合併浄化槽の設置者としては、まず法定検査を受けることなど、国の法律であります浄化槽で定められた決まりを守ることは国民義務であり、地域で暮らし、水質を守ることに個人責任を持つ必要もあると考えます。意見としまして、まずは行政としては今後も適切な指導と周知を図っていただくとともに、この補助制度によって、さらに適正な維持管理を促していただきたいと思います。

丹波市議会 2018-03-13 平成30年第95回定例会(第6日 3月13日)

丹波市浄化槽管理組合の総会で、市長は、浄化槽の適正管理による公共水域の水質が確保されていると話をされていますが、浄化槽によれば、第10条で、浄化槽管理者は、環境省令で定めるところにより、毎年一回の浄化槽の保守点検及び浄化槽の清掃をしなければならない義務があると明記されていますが、丹波市における清掃実績を資料請求すればですね、4割にも満たないところであり、本当にこのような管理状態で公共水域の水質確保

明石市議会 2017-09-20 平成29年生活文化常任委員会( 9月20日)

続きまして、No.45の浄化槽保守点検業者の登録に関する条例でございますが、浄化槽の規定に基づき、浄化槽の保守点検業を営もうとする者に対します登録制度を設ける場合に必要な登録要件等を定めるものでございます。  当委員会でご審議いただく予定の環境室所管の条例は以上の6件となってございます。  説明は以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

加古川市議会 2017-03-08 平成29年第2回定例会(第5号 3月 8日)

委員から、「個人任せになっている浄化槽の維持管理の状況を市が把握し、法定検査の受検等を推進することで、水質保全に取り組むべきである」との採択を求める意見や、「浄化槽により、保守点検を初めとする浄化槽の管理は設置者に義務づけられている」「法定点検未受検者への指導合併浄化槽維持管理費の補助を行うなど、水質保全に必要な施策を市は実施している」との不採択を求める意見がありました。  

加古川市議会 2017-03-01 平成29年福祉環境常任委員会( 3月 1日)

また、保守点検、清掃法定検査、書類の保管などの浄化槽の管理は、浄化槽により設置者に義務づけられております。維持管理補助に関する周知については、さらなる徹底が必要であると思いますが、請願事項で言われていることは当然のことながら取り組んでいることであります。この請願自体、何を言わんとされているのか、本意がわからないため、請願第1号には反対いたします。

洲本市議会 2016-12-09 平成28年第4回定例会(第3日12月 9日)

浄化槽においては、浄化槽第11条で、年1回の水質検査と年3回の保守点検が法的に義務づけされていますけど、これらを守らなくても法的には罰則規定があったとしてもそれは実施されているかどうかわからないんですが、真面目に点検や検査を受けておられる方から不満の声が出ています。本市における水質検査や保守点検の実施率、実際にはほとんどされているかと思うんですが、把握されていたらお願いしたいと思います。

加古川市議会 2016-12-02 平成28年第5回定例会(第2号12月 2日)

環境部長(藤田正信)   「公共による合併処理浄化槽の管理を求めることについて」のうち、「合併浄化槽の排水処理と公共下水道の排水処理の比較について」ですが、浄化槽第11条の法定検査では、水素イオン濃度、溶存酸素量、透視度、残留塩素濃度、生物化学的酸素要求量の5項目を水質検査項目としております。これらの項目は、処理機能面及び処理水質面から、浄化槽が良好な運転を示しているかを判断する指標です。  

伊丹市議会 2016-09-30 平成28年特別会計並びに企業会計決算審査特別委員会−09月30日-01号

◎上下水道局 前回の予算委員会のときに御質問があった件の続きだと思うんですけども、あの後ちょっと我々のほうでは、下水道の部局のほうでは把握できてなかったところがございまして、あの後、担当部局につきましては、環境クリーンセンターのほうが所管されてるということで、まず浄化槽につきましては、浄化槽によりまして年に1回、保守点検、清掃とは別に法定検査を受けるということが義務づけられております。  

伊丹市議会 2016-03-16 平成28年特別会計並びに企業会計予算等審査特別委員会−03月16日-01号

◎上下水道局 浄化槽というのに関しましては、浄化槽というのがありますんで、それで年1回定期点検をせなあかんというので、兵庫県でいうと外郭団体なんですけど、そこから浄化槽を持っている方にはがきが行って、点検をしてください、点検の料金はこんだけかかりますよというのがあって、点検をしていただけてると思ってます。

加古川市議会 2016-03-09 平成28年第1回定例会(第5号 3月 9日)

既に、浄化槽を設置されている世帯で、平成12年の浄化槽改正以前に設置された単独浄化槽の法定検査受検率が40%となっていますが、その多くが市内の下水道区域であります。現状では、合併浄化槽及び単独浄化槽ともに、法定検査を受けられていない場合、水質保全センターと連携し、督促が行われています。

姫路市議会 2016-03-04 平成28年第1回定例会−03月04日-03号

3.浄化槽に基づく点検・清掃など、保守管理に適正を欠く状況が見られ水質保全上問題がある。浄化槽は各河川の上流部や市周辺地域に多く設置されており、浄化が不十分であれば下流域の河川など水環境に影響を及ぼすこととなる。  4.下水道区域との地域格差が生じている。 などが考えられます。  公共管理の場合のメリットとしては、  1.大規模災害時には公共管理の場合、復旧に有利である。  

加古川市議会 2016-03-03 平成28年福祉環境常任委員会( 3月 3日)

受検率の低下ですけれども、すでに浄化槽を設置されている世帯平成12年の浄化槽の改正以前に設置された単独浄化槽についての法定受検率が40%で大半が下水道区域の世帯と確認しました。現状では、合併浄化槽及び単独浄化槽ともに法定検査を受けられていないところにつきましては、市も水質保全センターと連携して督促等を行っています。

稲美町議会 2015-09-16 平成27年度決算特別委員会(第1号 9月16日)

○増本財務係長   水質検査料についてでございますが、浄化槽とは別にですね、県の指導によりまして実施しております。原則といたしまして浄化槽検査を受けた施設が対象となっておりまして、年2回、サン・スポーツランドについては実施しております。  あと、シルバーワークプラザ、清掃センターにつきましては年1回、検査を実施しておるところでございます。  以上です。

たつの市議会 2015-03-19 平成27年第1回たつの市議会定例会(第3日 3月19日)

議員ご高承のとおり、河川と海を連携させた環境保全におきましては水質保全が重要であり、そのため水質汚濁防止法下水道法浄化槽湖沼水質保全特別措置法瀬戸内海環境保全特別措置法等多くの法令でその基準が定められ、国・県・市の役割分担により、指導・監督が行われているところでございます。  水質汚濁に関しましては、県の所管事務として、事業所の排水対策の立入検査、河川の水質調査等が行われております。