168件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

丹波市議会 2019-02-28 平成31年第100回定例会(第2日 2月28日)

よって、解釈に基づき、その区分を明確にするために所要の改正を行うということで、提案をさせていただいたものでございます。  それと、次に2点目なんですけれども、焼却の分類で行われた改葬遺骨の火葬事例についてということで、お答えをいたします。  これまでに計7体、7件といいますか、その事例がございます。

高砂市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第 5日12月 7日)

第2は、その解釈、適用が客観的であること。第3は、その法の実効性があることと言われています。  さて、平成29年度の決算特別委員会高砂市決算審査を通じて、この立憲主義法治主義高砂市においてずたずたに壊されているということを感じています。  例えば、連絡シート、ほうれんそう会議など、要綱すらない運営が見られました。

神戸市議会 2018-10-02 開催日:2018-10-02 平成30年決算特別委員会第1分科会〔29年度決算〕(こども家庭局等) 本文

こういった流れを慣行としてやってまいりましたけれども,解釈におきまして,現段階におきましては,かなり広義な解釈をしてきてしまったのではないかというふうなことも認識をしてございます。そういうふうな,現在のところ,認識を持ってございます。

稲美町議会 2018-09-12 平成30年第251回定例会(第2号 9月12日)

○15番(木村圭二) (登壇)  じゃあ、この上部法令の部落差別解消推進解釈は、どこが解釈しているんですか。担当でしているんですか。どこからも説明ないのに、あなた方答弁しているでしょう。どこからも説明聞いてないのに、部落差別解消推進法ができたからこれ続けるんだと、条例廃止しないんだというんでしょう。これ、おかしいじゃないですか。

伊丹市議会 2018-06-14 平成30年第4回定例会−06月14日-03号

繰り返しになりますが、住民の「知る権 利」を最大限に尊重する上では、非公開部分は最小限にとどめるべきであると考えておりますので、この判断に当たりましては国の行政機関情報公開解釈や、総務省情報公開・個人情報保護審査会における答申の内容等を参考にしながら、慎重に判断をしたところでございます。  

稲美町議会 2018-03-05 平成30年第249回定例会(第2号 3月 5日)

○12番(河田公利助) (登壇)  これは解釈によるかもしれませんけれども、やはりここでも地域公共交通会議が問題になってくるんだと思うんですが、この地域公共交通会議、おっしゃるように道路運送法の改正で弾力化されているんですから、稲美町だけで会議を開くんではなくて、近隣市町と連携して合同で地域公共交通会議を開くということはできないんでしょうか。お尋ねします。

神戸市議会 2018-02-21 開催日:2018-02-21 平成30年総務財政委員会 本文

いわゆる目的外の使用許可の申請があるという場合に地方公共団体の長は許可すべき義務を負うものではなくて,それを許可するかどうかは裁量に委ねられておるということがまず大前提でございまして,それは今回我々審査する立場でございますので,許可しない処分はその判断が重要な事実の基礎を欠くあるいは社会通念に照らし著しく妥当性を欠くものと認める場合に限って,裁量権の逸脱,濫用としての違法となると解するのが相当というのが

芦屋市議会 2018-01-09 平成30年  1月 建設公営企業常任委員会-01月09日−01号

国のほうのこの解釈等のガイドラインが公表されたのがその翌日の26日でございます。基本的にガイドライン等に基づいて、国のほうはそれを参考にして条例案等を制定してもらいたいというところがあるんだと思うんですけれども、あくまでも自治体の判断と言うところも一定あるのかなとは思います。

神戸市議会 2017-11-30 開催日:2017-11-30 平成29年総務財政委員会 本文

このときの長というのに,解釈上あるいは判例上,副市長等も含まれるということでございます。  そういうふうに定めてあるんでございますけども,市が資本金等の2分の1以上出資している法人については,当該法人の信用力を高め,地方公共団体意思をより反映する観点から,平成3年の法改正ございまして,地方自治法改正ございまして,この兼業禁止規定の適用除外となっておるわけでございます。  

芦屋市議会 2017-09-27 平成29年  9月 決算特別委員会-09月27日−02号

◎(宮本生活援護課長) その点につきましても、債権管理法であるとか、地方自治法とか、いろいろな解釈によりまして、こちらで免除したものを国、県が免除するかどうかというのはまだ決まっておりません。 ◆(松木委員) 最後にします。それで例えば、1,000円ずつ毎月払っているとか、そういう人は芦屋の場合はどれぐらいおられるんですか。

高砂市議会 2017-09-26 平成29年 9月定例会(第 9日 9月26日)

課長課長のあたりが本当にそういった管理者としての責任やそういうものをもっておるのかという部分があるので、職務の内容、権限責任、待遇、勤怠の裁量権、そういうものに照らして、本当に一括で支給されないのがいいのかなという部分がありますので、それを教えていただきたいのと、それと管理監督者も含める管理職、管理職といえども夜の10時から5時までは支払われるべきだという解釈ありますよね。

西宮市議会 2017-09-26 平成29年 9月26日決算特別委員会健康福祉分科会-09月26日-01号

その中身につきまして、まず総務省なのですけども、総務省自身は、地方自治解釈については各自治体――西宮は西宮、神戸市神戸市、おのおのの自治体の判断に委ねられておりますと。したがって、県が県下統一基準というものを考えて、それを判断材料にしているということについての可否は、県が考えたらよくて、それについての不適というような判断はできないと。

加古川市議会 2017-03-01 平成29年総務教育常任委員会( 3月 1日)

今後については解釈もありますので、関係各位と調整を行いながら、また、弁護士の方からもご意見を頂戴して、適切に事務を進めてまいりたいと考えています。 ○大西健一委員   未定ということですけれども、今後、どのような形で、どのくらいをめどに額の決定とか、それは歳入で戻入する形になるのか、会計処理の関係もあわせて教えていただけますか。

丹波市議会 2016-12-28 平成28年民生常任委員会(12月28日)

県と市は別に対等な関係ですし、国と市も対等な関係で、一々案件が出たときに自治法上の解釈を何から何まで県に相談してということではなくて、市が独自に自分たちで判断をして、本来解釈をして法を執行をするというのが当然の話であって、あらゆるものを県に相談してというようなことは普通はあり得ない。

丹波市議会 2016-12-20 平成28年総務常任委員会(12月20日)

2点目には、現在の内部委員会では、調査段階で解釈を踏まえての適正な審査ができるだけの専門的知識を持ち合わせいないということがありますが、それを補うと、法的専門知識のみの問題でありますれば、今の内部委員会弁護士等の法律専門家を委員に加えることで解決するところでございますが、構成委員に職員が入っていることによりまして、公正性・中立性などの観点から市民に対して説明責任が果たし切れないということも考