4814件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

洲本市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3日 6月26日)

しかし、昨今、東京都池袋の高齢者による親子交通事故死事件、滋賀県の園児死亡事故など、ここ最近、本当に毎日のように高齢者が加害者となる痛ましい交通事故が多く発生しており、有名人、芸能人を中心に、免許証の返納や、免許証を更新しないなど社会的にも大きな動きとなっています。  年齢を重ねることによる体力的な衰えなどは、ある日突然やってくるのではなく、少しずつ徐々にやってきます。

洲本市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2日 6月25日)

死亡数を見ますと134万0,397人と、戦後最多ということになりました。このことは、日本の少子高齢化を着実に示すとともに、日本が多死社会に突入したことをあらわしていると思います。  国の推定では、2025年の死亡数は年間152万2,000人。団塊の世代が全て80歳以上になる2030年では、1年間に160万人が亡くなると推定されております。

加古川市議会 2019-06-10 令和元年第1回定例会(第3号 6月10日)

東京都で87歳の男性が運転していた乗用車が暴走し、31歳の母親と3歳の娘が死亡するという痛ましい事故がありました。事故の原因は、加齢によるものと考えられます。連日、高齢者の運転による交通事故がマスメディアに取り上げられています。市内においても、先週、高齢者の運転ミスによると思われる事故が発生したように聞いております。

伊丹市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会−06月10日-04号

東日本大震災では、被災地全体の死亡者のうち、65歳以上の高齢の方の死者数は約6割、障害のある方の死亡率は、被災地住民の死亡率の約2割に上ったと言われています。適切な避難行動が重要となっています。  そこで、今回、災害時要援護者個別計画策定モデル事業を展開されようとしていますが、この事業の内容はどのようなものなのか、そして、今後、どのように展開されようとしているのか、それぞれについてお伺いします。

加古川市議会 2019-06-07 令和元年第1回定例会(第2号 6月 7日)

近年、多くの高齢者によるブレーキとアクセルを間違えたなどによる交通事故や死亡事故が多く報道されています。また、ことしの4月19日の東池袋での交通死亡事故には多くの皆様が悲しい思いになったと思われます。この事故により、31歳のお母さんと3歳のお子さんがお亡くなりになられ、運転していた87歳の高齢者は運転免許の返納を考えていたものの、更新し、アクセルが戻らなくなったとの証言もしているそうです。  

伊丹市議会 2019-06-07 令和元年第3回定例会-06月07日-03号

また、同年には、大阪市玉造で、放課後に学童保育に向かっていた小学生が路地で乗用車にはねられ死亡する事故も発生いたしました。こうした事故を受け、同年度、文部科学省、国土交通省、警察庁は、通学路における交通安全の確保について緊急合同点検を実施。

加古川市議会 2019-06-06 令和元年第1回定例会(第1号 6月 6日)

市は市民に登録カードを交付、1枚は本人が常に携帯し、もう1枚は玄関に貼付、死亡時は登録カードによって医療機関などから市や葬儀社に連絡が入り、葬儀の円滑な進行が実現します。高砂市は、この事業の登録をした人に対する支援として、高砂市社会福祉協議会の助成金支給事業もありました。どちらの市も昨年4月から実施、問い合わせはありますが現在の実績はゼロです。

西脇市議会 2019-05-15 令和元年文教民生常任委員会( 5月15日)

最後に、死亡転出、施設入所等をされた方の計画については、各自適正に処分していただくこととしております。  次に、資料の3の(1)個別支援計画の対象者ですが、初めにア、災害時要援護者とは、高齢者、障害者、乳幼児等で防災対策において特に配慮を要する方をいいますが、この中でも災害時の避難行動において、配慮が必要になる状態として、①から④まで記載しておりますので御参照ください。  

加古川市議会 2019-04-18 平成31年福祉環境常任委員会( 4月18日)

○小林直樹委員   分析をされている方にお聞きしたいのですが、自殺の現状の中で、折れ線グラフがありますが、市の自殺死亡率で平成22年と平成25年が突出しています。県の自殺死亡率や何か社会的な現象と関係があるのですか。 ○栄永健康課保健担当副課長   何があったということまではわからないですが、全国で見たら、大体同じぐらいにはなります。

高砂市議会 2019-03-27 平成31年 3月定例会(第17日 3月27日)

高予第20号につきましては、第11回平成30年度高砂市一般会計補正予算でありまして、職員の死亡退職に伴う退職手当特別負担金の補正をお願いするものでございます。  詳細につきましては、担当部長から説明いたしますので、よろしくご審議賜りますようお願いを申し上げます。  以上でございます。

明石市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会 3月議会 (第6日 3月22日)

今回の報道も含めて、率直なところ、私自身が発言の詳細について覚えているわけではなく、今回の一件についても、私の認識は、たしか私の2期目の選挙の直後だったと思いますが、あの交差点で死亡事故も発生しており、大変危ない、死亡事故も発生する交差点なんで、一刻も早く安全にしたいと。

高砂市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第16日 3月20日)

設立時の国保法第1条は、国民健康保険は相扶共済の精神にのっとり、疾病、負傷、分娩または死亡に関し保険給付をなすものを目的とする、こういうふうに書いてるんですけどね。ここで言っている相扶共済の精神にのっとりが、相互扶助、つまり助け合いの精神になります。わかっている人はすみません、聞いといてくださいね。  戦前に国保法がつくられた理由には、第1に健民健兵政策の一環というものがあります。

高砂市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第14日 3月18日)

最近の報道では、東名高速のあおり運転が原因で死亡事故が発生したことから、ドライブレコーダーの装着率が急激に高まり、この事件から前方だけでなく後方も監視できる機器の販売数が激増しているとありました。近所の人の目、見守りをしてくださるボランティアの目、防犯カメラの目に次ぐ第3の目、第4の目として犯罪や交通事故のない子どもに安全な高砂市になると考えますがいかがでしょうか。  

西宮市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日予算特別委員会総務分科会−03月14日-01号

消防については、火災による死亡というのが2年間なかったのかな。2年か3年か、ちょっとごめんなさい、はっきりしていないので、2年以上そういうことが続いていたんですけども、ことしに入ってから、ちょっと残念ですけども、火災での死亡者が相次ぐということが続いています。新しい消防署職員というのは、ずっとこの間ふえてきてますよね。経験がなかなかないということで訓練所もつくったと。

加古川市議会 2019-03-14 平成31年福祉環境常任委員会( 3月14日)

○谷真康委員   206ページ、死亡動物処理業務委託料が新設されていますが、その委託内容と、従来はこの死亡動物はどうしていたのかを確認したいと思います。 ○松本環境第1課副課長   この死亡動物処理業務委託料ですが、最近、加古川市内でもイノシシなどの大型動物がひかれて道路で倒れているという報告が出てきましたので、適正な処理をするために、委託をしようとするものです。

香美町議会 2019-03-14 平成31年第110回定例会(第5日目) 本文 開催日:2019年03月14日

◎徳田喜代子(8番) 重篤な患者さんや死亡された方はなかったということで一安心をしているところでございますが、いつ何どき、状況によっては持病を持っておられる方が合併症を併発するというようなことも事例はございますので、そういった重篤にならないような対策が必要だと思いますので、対応をよろしくお願いしたいと思います。  

西宮市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日予算特別委員会健康福祉分科会−03月12日-01号

今、国のほうでも毎年出していますけれども、子供虐待による死亡事例というのが昨年14次が出まして、出産してゼロ日死亡という、死亡例の中では、99人が心中以外と心中死が12人で、そのうちゼロ日で死亡した子が25人いるということで、この25人については、児相も、それから市町村も一切関与がなかったということでした。また、母子健康手帳ね、それも未交付が31人もいたということでした。