689件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

加東市議会 2022-09-01 09月01日-01号

①実質赤字比率は、一般会計等対象とした赤字額標準財政規模に対する比率でございます。令和3年度決算において実質赤字は発生しておりませんので該当はいたしておりません。  ②連結実質赤字比率は、公営企業会計を含む全会計対象とした実質赤字額及び資金不足額標準財政規模に対する比率でございます。令和3年度全ての会計を合わせた連結実質収支においては黒字となり該当はいたしておりません。  

宝塚市議会 2022-05-30 令和 4年 5月30日総務常任委員会-05月30日-01号

財政規律の中には、標準財政規模の10%以上というふうにしておりまして、まだ令和4年度の標準財政規模については分かりませんけれども、大体45から48億ぐらいの間かと思います。そうしますと、今50億の残高となっておりますので、一定残高のほうはクリアしているというふうになります。  以上になります。 ○冨川 委員長  中野委員。 ◆中野 委員  何となく分かりました。

宝塚市議会 2021-11-19 令和 3年11月19日総務常任委員会-11月19日-01号

◎古家 行財政改革担当部長  財政調整基金のことについては、今、66億ということで、以前は標準財政規模から見たときの10%ということで、40億ちょっとと言うていたんですが、今、令和3年度の標準財政規模が465億ほどですので、これでいくと、10%というと46億ちょっと、47億ぐらいが標準財政規模の10%ということで、以前よりはちょっと額は上がってきているかなというふうには思っているところです。  

宝塚市議会 2021-11-11 令和 3年第 4回定例会−11月11日-01号

これは、標準財政規模の3から5%が適正な黒字額とされていることにも合致しています。なおかつ、財政調整基金のとりくずしもなく、地方債残高は約10億円減、基金残高を約8億円増やすことができた点も評価できます。  経常収支比率も1.5ポイント改善して95.4%となり、最近では一番よくなっています。  

宝塚市議会 2021-10-27 令和 3年度決算特別委員会−10月27日-04号

北山委員も先ほど質問された資料ナンバーの2なんですけれども、これを見て宝塚市と伊丹市を比較しますと、宝塚市のほうは伊丹市より基準財政需要基準財政収入標準財政規模全て宝塚のほうが上回っているのに歳入総額が少ないのはなぜか、ちょっと難しい問題やと思うんで、分かりやすく御説明いただけたらありがたいんですけど。 ○藤岡 委員長  喜多財政課長

宝塚市議会 2021-10-24 令和 3年度決算特別委員会-10月24日-02号

冨川 委員  そのような格好で決算規模が大きくなっているわけですけれども、決算規模が大きくなることによって健全化判断比率等に影響することがないのかと私は思っているんですけれども、例えば標準財政規模基準財政需要額というものがその健全化判断比率に大きく影響しているベースの金額だと思っているんですけれども、決算規模が大きくなることでそのようなことに影響が及んでいませんか。そのあたりをお尋ねします。

篠山市議会 2021-09-24 令和 3年第122回長月会議( 9月24日)

まず、実質赤字比率ですが、一般会計等対象とした実質赤字額標準財政規模に対する比率でございます。収支額一般会計4億3,943万5,000円の黒字で、実質赤字は生じておらず、該当なしとなります。なお、令和2年度は実質赤字比率に関係する会計は、一般会計のみとなっております。  次に、連結実質赤字比率ですが、全会計対象としました実質赤字額標準財政規模に対する比率でございます。

明石市議会 2021-09-14 令和 3年第2回定例会 9月議会 (第2日 9月14日)

次に、標準的な税収入額などの標準財政規模に対する基金残高割合であります基金残高比率は、地方交付税地方消費税交付金増加によりまして、23.6%から22.9%に0.7ポイント減少しております。また、経常収支比率につきましては、地方交付税地方消費税交付金歳入増加により、令和元年度より0.3ポイント改善の94.2%となっております。

播磨町議会 2021-09-09 令和 3年度決算特別委員会(第1日 9月 9日)

うんですが、基金繰入金財政調整基金の繰入れが令和3年度はゼロであったということで、そして各会計歳入歳出決算書において8億円の繰入れをされているということで基金のページ、決算書37ページを見ましたら、今年度9億円余り積増しして合計37億円余りになっているんですけれども、前年度もまた積増しして、この連続積増しでかなりの額になっているんですけれども、適正な財政調整基金はいろいろあると思うんですが、私的には標準財政規模

加東市議会 2021-09-01 09月01日-01号

①実質赤字比率一般会計等対象とした赤字額標準財政規模に対する比率でございます。令和2年度決算において実質赤字は発生しておりませんので該当はいたしておりません。  次に、②連結実質赤字比率公営企業会計を含む全会計対象とした実質赤字額及び資金不足額標準財政規模に対する比率でございます。令和2年度全ての会計を合わせた連結実質収支黒字となりましたので該当はいたしておりません。  

宝塚市議会 2021-08-25 令和 3年 8月25日行財政経営に関する調査特別委員会−08月25日-01号

財政調整基金標準財政規模の10%以上にするとこう書いてあるんですけどね、その標準財政規模の10%を8億なかったら割り込んじゃうわけですよ。30億ちょっとになっちゃうんですよ。だから8億借りることにして数字を予算としては見えるようにしたと。せやけど、考えたら、これは後にツケを送っとるわけですよ。

宝塚市議会 2021-08-03 令和 3年 8月 3日行財政経営に関する調査特別委員会−08月03日-01号

冨川 委員  実質公債費比率とは何かという説明が下に書いてあるんですけれども、「市債償還額公営企業債に対する繰出金などの公債費に準ずるものを加えたものと標準財政規模との割合であり、普通交付税算定基礎となる基準財政需要額に算入されるものを除いて算出した過去3年間の平均の比率のこと」と、そのように記載をしてあるんです。  

豊岡市議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第4日 3月11日)

財政調整基金は、一般的に標準財政規模の10%以上が望ましいとされており、本市の場合は約28億円となります。当面の間は新型コロナウイルス感染症拡大防止社会経済活動の下支えを図りながらの財政運営となりますが、この10%を下回らないように第4次行財政改革を強力に推し進め、歳入確保の推進と歳出の効果的、効率的な実行により、財政の危機から脱却を目指しております。  

西宮市議会 2021-03-09 令和 3年 3月 9日健康福祉常任委員会-03月09日-01号

言うたら、標準財政規模みたいなので来るわね。それを病院には渡さずに、がめているような市町村も多い。それはすごい問題なんや。それで病院赤字赤字やと言うているけど、本来なら病院に渡すべき地方交付税財政が渡してないというような市町村がすごく多いというのは、僕は研修へ行ったときに講師から言われた。

稲美町議会 2021-03-05 令和 3年第261回定例会(第3号 3月 5日)

○13番(池田博美) (登壇)  財政調整基金収支不足を補てんするということなんですが、標準財政規模の10%~20%が適正だというように言われています。例えば、10億円の標準財政規模でしたら、10億~20億、そういうことなんでしょうが、稲美町にしてみたら、100億、もっと多いので、20億でも足らないというのが適正な額だと思います。  

丹波市議会 2021-03-05 令和 3年予算決算常任委員会( 3月 5日)

分子となります公債費減少はしておるんですけれども、その一方で分母になります標準財政規模も、人口減少によります税収減交付税等の減によりまして小さくなることによりまして、少し上昇する見込みをしております。  次に、基金残高でございます。10ページを御覧ください。上段のグラフに基金残高を示しております。