551件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊丹市議会 2019-12-23 令和元年第5回定例会−12月23日-07号

核兵器保有国に対し、武力で平和はつくれないことを地道に説得する立場のはずです。ただ、残念ながら、日本政府核兵器禁止条約交渉会議にさえ加わりませんでした。この対応は、核兵器の廃絶を求める国際世論に逆行するだけではなく、被爆者の悲願を裏切り、核廃絶を求める民意に背を向ける許しがたいものです。核と人類は共存できません。

伊丹市議会 2019-12-13 令和元年12月13日総務政策常任委員会−12月13日-01号

核兵器保有国に対し、武力で平和はつくれないことを地道に説得する立場です。ただ、残念ながら、日本政府核兵器禁止条約交渉会議にさえ加わりませんでした。この対応は核兵器の廃絶を求める国際世論に逆行するだけでなく、被爆者の悲願を裏切り、核廃絶を求める民意に背を向ける、許しがたいものです。核と人類は共存できません。今からでも核兵器禁止条約署名批准すべきです。

赤穂市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第3日12月11日)

戦争のために原子力使用することは、現代において、犯罪以外の何物でもありません」と述べ、「原子力戦争目的使用核兵器の所有は倫理に反します」と強調しました。  核戦争の脅威による威嚇を批判し、「私たちは歴史から学ばなければなりません」と訴えました。赤穂市の非核平和都市宣言は、昭和60年12月25日に宣言されました。

明石市議会 2019-12-09 令和元年第2回定例会12月議会 (第4日12月 9日)

2017年、人類史上初めて核兵器を違法化する核兵器禁止条約が国連で成立しました。ことしの11月にはローマ教皇長崎、広島を訪問しました。その際、核の抑止力を明確に否定し、批判しました。大量の犠牲者を生み出す核兵器軍拡は、人類に対するテロ行為として断罪されたのです。今、世界で核兵器禁止を求めるヒバクシャ国際署名が取り組まれています。

西宮市議会 2019-10-03 令和 元年 9月(第 2回)定例会−10月03日-07号

この決算については、市政における多岐にわたる分野についての決算であり、我々は全ての施策に反対するものではなく、例えば平和施策において、前々年度に引き続いて被爆者が呼びかけた核兵器をなくすための署名の着払いという形での取り組み、前々年度よりも入場者が多かったと聞いているアクタ西宮で開催された原爆展、さらに、前年度には新たに芦乃湯で平和パネル展が行われるなど、こうした施策などは評価をするものです。

赤穂市議会 2019-10-03 令和元年決算特別委員会(10月 3日)

○小林委員  54ページの非核平和の取り組みの中で、いわゆる核兵器禁止条約早期締結を求める署名活動をされたと。何筆あたり集まったのか教えてください、署名です。 ○木下委員長  橋本課長。 ○橋本行政課長  51名の方の署名がありました。 ○木下委員長  小林委員。 ○小林委員  この取り組みは例の非核平和展示会ですか。そういった場での署名活動かと思うんですけども、そういうことですか。

伊丹市議会 2019-09-25 令和元年一般会計決算審査特別委員会−09月25日-01号

◆上原秀樹 委員  平和推進事業費、105ページですけれども、これは評価書の中でも11ページに記入されていまして、核兵器禁止条約採択から1周年、広島、長崎写真のパネル展をして、参加者2000名来られたということが書いています。報告書も27ページに7月・8月の「平和を考える夏」のパンフレットを作成されて、広く市民にアピールされて、事業をされてきていると思います。

播磨町議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会(第3日 9月11日)

来年は核兵器の不拡散に関する防止条約、NPTの発効50周年の節目を迎え、5年に1度のNPT運用検討会議が開催されます。ヒバクシャ国際署名は、NPTに義務づけられた核軍縮を誠実に履行し、さらに核兵器禁止条約核兵器のない世界の一里塚とし、取り組みを各国の代表者に求めるために世界中から署名を集めています。  

姫路市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会−09月09日-02号

2点目に、核兵器禁止条約への署名批准を国に求めることについてです。  2017年7月、国連で核兵器禁止条約が国連加盟国122カ国の賛同で採択され、同年8月、平和首長会議総会の場で、日本政府核兵器禁止条約への加盟を求めることが特別決議されました。  ことしは被爆74年目を迎えました。8月6日、9日、広島市長と長崎市長は、それぞれ平和宣言をしています。

淡路市議会 2019-08-09 令和元年第79回臨時会(第1日 8月 9日)

広島、長崎の悲劇が繰り返されることのないよう、本市といたしましても、非核平和都市宣言平和首長会議への加盟などを通じまして、今後も核兵器の廃絶、国際社会平和と発展に貢献してまいります。  さて、本日、臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には定刻に御参集を賜り、ここに開会の運びになりましたことを衷心より厚く御礼申し上げます。  

赤穂市議会 2019-06-27 令和元年第2回定例会(第4日 6月27日)

赤穂市は、非核平和都市宣言を行っており、市民の総意として戦争反対、核兵器の開発、実験、使用禁止を表明しています。この宣言に照らしても、市役所庁舎に自衛隊員募集の懸垂幕を掲げるのは、都市宣言の名に背くことになりかねません。  対象者名簿について、答弁によれば、住民基本台帳の閲覧、転記にとどめているようです。

淡路市議会 2019-06-17 令和元年第78回定例会(第5日 6月17日)

次に、核兵器廃絶の取り組みについてです。日本原子爆弾による唯一の被爆国です。このような悲劇は世界のどの国であっても繰り返されるわけにはいきません。核兵器のない世界に向けて多くの人が長年にわたり世界各国で活動してきました。この間、淡路市も非核平和都市宣言を2010年7月でしたか、3月かに行い、庁舎南側には宣言の看板を設置しております。  

淡路市議会 2019-03-28 平成31年第77回定例会(第6日 3月28日)

今述べた分を削減をし、これらの予算をほかに回すことができたとすればですね、例えば核兵器廃絶、核兵器禁止条約の世界的広がりにつながる市の施策や、昨年11月に私、求めました、予算要望で求めました乳幼児や高齢者等への配慮した災害備蓄や新商品購入を要望していたわけですけど、今回6万円だけ増加してですね、300万円になっていたということですけども、本当に予算を振り返ることによって、それ以上の上積みができる財源

西宮市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日予算特別委員会民生分科会-03月14日-01号

質問に入りたいと思いますが、西宮市は、毎年8月8日に駅前で終戦記念日の平和とか非核を訴える街頭宣伝をやっておられて、私たちも毎年そのことに参加させていただいているんですけど、最近はそこに、タオルだけではなく、核兵器廃絶の署名用紙を受取人払いで配って、そういう取り組みをやってはるんですけど、その署名について現時点でどれぐらい集まっているのか、お聞きしたいと思います。

播磨町議会 2019-03-13 平成31年度予算特別委員会 (第1日 3月13日)

松本企画統括   播磨町におきましては、昭和57年に核兵器廃絶のまち宣言をいたしまして、ICANのパートナー団体であります平和首長会議にも一員として加盟しております。  播磨町におきましては、先ほど小原委員おっしゃられました日本非核宣言自治体議会の一員としましても、核兵器のない世界を切に願っているところでございます。  

加古川市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第5号 3月11日)

ドイツの場合は二重の鍵といわれる方式で、アメリカ核兵器ドイツ国内に配備することを公表し、その運用についてドイツ政府拒否権を持っています。ところが、日本憲法の建前で軍備を持てないので、そのような協定を結ぶことができず、米軍を日本政府が指揮できません。このため、アメリカ在日米軍基地の指揮権も管制権も持つ地位協定ができ、日本政府事前協議を求める権利しかありません。  

宝塚市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-02号

本市は、この憲法平和精神に基づき、次世代へと続く平和社会の実現を願い、1989年に非核平和都市宣言を行い、また2003年に宝塚市核兵器廃絶平和推進基本条例施行しました。  私は、人権が尊重される社会であることが、市民生活の最も重要なことであり、平和であることはその礎であると考えています。宝塚市のすばらしい自然と明るく穏やかな暮らしは市民の宝です。

明石市議会 2018-12-12 平成30年総務常任委員会(12月12日)

陳情受理第5号、「核兵器禁止条約」に署名批准を求める意見書の陳情を議題に供します。  それでは、陳情書を朗読させます。  議会局、お願いいたします。 ○本田議事課事務職員  陳情の朗読をいたします。  陳情受理第5号、「核兵器禁止条約」に署名批准を求める意見書の陳情。  陳情者、原水爆禁止明石協議会理事長、樫林義雄氏。  陳情の趣旨。

宝塚市議会 2018-11-20 平成30年第 4回定例会−11月20日-01号

昨年12月にアメリカ合衆国が、国連で採択された核兵器禁止条約に反して核実験を行ったことが本年10月10日の報道により判明したため、同月11日付文書をもって、ドナルド・ジョン・トランプ大統領宛てに抗議するとともに、今後一切核実験を行わないよう強く申し入れを行いました。  以上、御報告申し上げます。  ───── 会期決定 ───── ○北野聡子 議長  会期についてお諮りします。