757件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川西市議会 2019-03-26 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月26日−07号

◆17番(平岡譲) (登壇)それでは、総務生活常任委員会より提出されました意見書案第1号 核兵器禁止条約への署名と批准を求める意見書及び請願第2号 核兵器禁止条約の日本政府の署名と批准を求める意見書採択についての請願について、公明党を代表いたしまして反対討論を行います。  

高砂市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会(第 8日 3月 8日)

慰安婦問題、徴用工問題、竹島問題、自衛隊機へのレーダー照射事件、文大統領のこれらの問題に対する言動、また、文韓国国会議長の発言、そして、それら韓国側の動きに対する日本政府の対応などなど、関係修復には相当な時間がかかると思われる状況でもあります。今後、国内の政治経済などへの影響が懸念されるところであります。  

豊岡市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3日 3月 5日)

2018年度においては、研修派遣として、環境省、経済産業省、日本政府観光局、兵庫県専門職大学準備課、楽天株式会社、日本航空株式会社などに11名、被災地派遣として南三陸町に1名、一部事務組合の構成市として但馬広域行政事務組合などに10名を派遣しております。このほかにも、総務省の消防庁に1名、国土交通省に1名、県立コウノトリの郷公園に1名ということで、合計25名を派遣しております。  

姫路市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会-03月01日-02号

日本政府観光局によると、平成30年の訪日外国人は、1月~12月3,119万1,900人で、前年に比べ8.7%の増となっています。  このような追い風の吹く中、姫路市への外国人観光客の誘致は、どれだけ知恵を絞るかが今後の成否を決する状況となっています。  インバウンド観光における情報発信についてお伺いいたします。  まず1点は、インターネットを活用した情報発信についてお伺いいたします。  

川西市議会 2019-02-28 平成31年  3月 定例会(第1回)-02月28日−03号

世界の流れが核兵器廃絶に向けて大きく踏み出しているときに、唯一の戦争被爆国である日本政府はどうでしょうか。条約の交渉にも参加せず、署名もしない。そして、相変わらずアメリカの核の傘の下で安全保障に頼るという恥ずべき態度をとり、平和を願う人々の、そして日本の被爆者を落胆させています。  

川西市議会 2019-02-27 平成31年  3月 定例会(第1回)-02月27日−02号

年度川西市国民健康保険事業特別会計予算38平成31年度川西市後期高齢者医療事業特別会計予算39平成31年度川西市農業共済事業特別会計予算40平成31年度川西市介護保険事業特別会計予算41平成31年度川西市用地先行取得事業特別会計予算42平成31年度川西市中央北地区土地区画整理事業特別会計予算43平成31年度川西市水道事業会計予算44平成31年度川西市下水道事業会計予算45平成31年度川西市病院事業会計予算3請願2核兵器禁止条約の日本政府

豊岡市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1日 2月22日)

また、引き続き日本政府観光局、兵庫県立大学大学院、日本航空株式会社への職員派遣を行うとともに、新たに中小企業庁への派遣を行うこととしています。  次に、主要事業について申し上げます。  まず、地方創生事業についてです。  2019年度も移住・定住促進と結婚支援・多子出産応援の2つの戦略体系を基本に据えつつ、取り組みの内容を充実させます。  

川西市議会 2019-02-20 平成31年  3月 定例会(第1回)-02月20日−01号

)45平成31年度川西市病院事業会計予算〃〃〃 (〃)請願975歳以上の後期高齢者の窓口負担原則1割の継続を求める意見書採択についての請願書(平成30年第6回定例会提出)30.12.4〃不採択 (賛成少数)厚生文教31.3.6〃3中学校給食に関する請願31.2.27〃〃 (〃)〃〃意見書案1核兵器禁止条約への署名と批准を求める意見書31.3.26〃原案可決 (賛成多数)−−−請願2核兵器禁止条約の日本政府

明石市議会 2018-12-20 平成30年第2回定例会12月議会 (第5日12月20日)

また、特に最近は男女共同参画社会基本法の趣旨からも受け入れがたい内容で、時代おくれのものとなっているとして、国連女性差別撤廃委員会から、日本の所得税法にかかわり自営業者や農業従事者の配偶者や家族の所得を必要経費と認めておらず、女性の経済的独立を事実上妨げていることを懸念、家族経営における女性の労働を認めるよう所得税法の見直しの検討を求めると、日本政府に勧告が出されています。

加古川市議会 2018-12-18 平成30年第5回定例会(第4号12月18日)

次に、請願第20号、本件は、9条改憲の発議を行わないよう日本政府に求める意見書を国に提出することを求める請願であります。  委員から「無制限の海外での武力行使に道を開くことになるため、世界に誇る憲法第9条の改悪を絶対に許すわけにはいかない」との採択を求める意見や、「憲法第9条を現実に合わせて改正することは必要であると考える」との不採択を求める意見がありました。  

高砂市議会 2018-12-13 平成30年12月定例会(第 7日12月13日)

国連の女性差別撤廃委員会は、2016年に女性の経済的自立を事実上妨げていると指摘し、日本政府に所得税法の見直しを勧告しました。  こうした動きにこうして、所得税法第56条の廃止を求める意見書を採択した地方議会は504自治体、約3割にのぼっています。このように、所得税法第56条は、見直しの方向で動き出しています。  家族従業者の労働を正当に評価しない所得税法第56条の矛盾が明らかになりました。

明石市議会 2018-12-12 平成30年総務常任委員会(12月12日)

また、第63会期国連女性差別撤廃委員会からは、日本政府に対し、「家族経営における女性の経済的エンパワーメントを促進するために、家族経営における女性の労働を認めるよう所得税法の見直しを検討することを求める」と勧告がなされました。世界の主要国では家族従業者の人格・人権、労働を正当に評価し、その働き分を必要経費に認めています。  

豊岡市議会 2018-12-11 平成30年第5回定例会(第3日12月11日)

煙突からもくもくとこの二酸化炭素を排出しながら電気を起こして、つくって、その電気を節電をして、どれだけの地球温暖化に効果があるかと考えるときに、私は国に対して石炭火力発電の認可なんていうのやめてくれと、あるいは石炭火力発電を輸出の対象にするなどというのは、私はこの地球温暖化を全世界に進めようかっていうときに、日本政府は何しとんねやということを私は言わなきゃならないと思うんですね。

伊丹市議会 2018-12-10 平成30年第6回定例会−12月10日-04号

今年度におきましても、7月の西日本豪雨、9月の台風21号の上陸や北海道胆振東部地震など、災害が相次ぎましたが、日本政府観光局が11月21日に発表された推計値によりますと、1月から10月までの訪日外国人旅客数は昨年度比9.7%増加の2611万人となっております。

加古川市議会 2018-12-07 平成30年総務教育常任委員会(12月 7日)

よって、請願事項にある9条改憲の発議を行わないよう日本政府に求めるという内容は、主権者国民にとってこの国民投票という憲法に記された重要な権利を妨げるものであり、国民主権を否定するものであります。以上のことから、当請願については賛成できない旨を申し上げ、態度表明をいたします。

伊丹市議会 2018-12-06 平成30年第6回定例会−12月06日-02号

そして、日本政府は、国連への報告で、法改正により親族関係にない同性の同居を認め、同居親族による入居の制限がなくなっていると回答をしております。また、全国の公的住宅管理団体の例を見ると、独立行政法人都市再生機構が2004年から友人同士の入居が可能なハウスシェアリング制度を導入しております。

芦屋市議会 2018-12-06 平成30年 12月 民生文教常任委員会-12月06日−01号

国連の社会権規約委員会は、2013年5月、日本政府報告書にこのような見解を述べています。日本の高齢者、特に無年金・低年金高齢者、とりわけ女性の中に貧困が広がっていることに懸念を表明し、国の年金制度に最低保障年金制度を導入することを改めて勧告しています。あわせて生活保護についても、申請を簡略化するとともに、生活保護が恥であるかのような印象をなくすよう、国民に教育することも求めています。  

川西市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月05日−03号

次に、現在、日本政府が認定している拉致被害者は17名にすぎず、横田めぐみさん、有本恵子さんなどは拉致被害者として大きく報道により知られていますが、実際には、それよりはるかに多くの人が拉致されている可能性が濃厚で、北朝鮮による拉致の可能性を排除できない失踪者のことを特定失踪者といいます。  

豊岡市議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第6日 9月28日)

────────────────────   日本政府に核兵器禁止条約の署名と   批准を求める意見書(案)  2017年7月7日、国連会議において、核兵器の全面禁止と根絶を目的とした「核兵器禁止条約」が、122の国と地域の賛成により採択された。