84件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

淡路市議会 2019-12-19 令和元年第81回定例会(第6日12月19日)

      議案第71号 淡路市デジタル防災行政無線整備工事請負変更契約締結の件       議案第72号 市道路線の認定の件       議案第74号 公の施設指定管理者の指定に関する件「津名産地直売所」       議案第75号 公の施設指定管理者の指定に関する件「山田活性化センタ              ー」       議案第76号 公の施設指定管理者の指定に関する件「明石海峡航路旅客

淡路市議会 2019-12-04 令和元年第81回定例会(第2日12月 4日)

防災行政無線整備工事請負変更契約締結の件       議案第72号 市道路線の認定の件       議案第73号 (仮称)新津名図書館新築工事請負契約締結の件       議案第74号 公の施設指定管理者の指定に関する件「津名産地直売所」       議案第75号 公の施設指定管理者の指定に関する件「山田活性化センタ              ー」       議案第76号 公の施設指定管理者の指定に関する件「明石海峡航路旅客

淡路市議会 2019-12-02 令和元年第81回定例会(第1日12月 2日)

防災行政無線整備工事請負変更契約締結の件   第 9.議案第72号 市道路線の認定の件   第10.議案第73号 (仮称)新津名図書館新築工事請負契約締結の件   第11.議案第74号 公の施設指定管理者の指定に関する件「津名産地直売所」   第12.議案第75号 公の施設指定管理者の指定に関する件「山田活性化センタ              ー」   第13.議案第76号 公の施設指定管理者の指定に関する件「明石海峡航路旅客

姫路市議会 2019-09-18 令和元年9月18日経済観光分科会−09月18日-01号

◎答   同計画では、現在、ポートセンタービルと旅客船ターミナルに分散しているターミナル機能を旅客船ターミナルへ集約し、にぎわい施設を導入したいとされている。  そのため、にぎわい施設に進出する見込みのある企業ヒアリングを行ったところ、「現状では、家島や坊勢、小豆島への定期船の乗客しか利用者が見込めない。

洲本市議会 2019-07-01 令和元年第2回定例会(第4日 7月 1日)

本市と大阪府岬町が協同で実施している「深日港・洲本港航路旅客船運航事業」は、これまでの実績などを踏まえ、ことしは運航日を土日・祝日としていますが、お盆は、8月10日から18日までの9日間というロングランになります。去年は、台風や予想外の猛暑で外出できないような天候でしたが、ことしは天候に恵まれ、この航路が十分にその機能を発揮し、当初の目標を達せられるよう期待しています。  

姫路市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会−06月10日-02号

姫路港旅客ターミナルエリアの周辺を、姫路港の特色を生かした海のエントランス整備するエリアに位置づけ、旅客船利用者の利便性・快適性の向上とにぎわいの創出を目指し、兵庫県姫路市連携のもと、平成29年度に学識経験者や地元代表などで構成する「姫路港旅客ターミナルエリアリニューアル基本計画策定委員会」を設置し、旅客ターミナルエリアのリニューアルについて検討を重ね、昨年3月に基本計画を策定しました。  

神戸市議会 2019-02-26 開催日:2019-02-26 平成31年予算特別委員会第3分科会〔31年度予算〕(みなと総局) 本文

少しかみ砕いて申し上げますと,この災害協定につきましては,神戸市と神戸旅客船協会との間で,先ほど申しましたとおり平成20年11月に,約10年ほど前に締結しておるわけでございますけれども,やはり災害が発生したときに,いかに迅速かつ確実に,被災された方,また救援で神戸に来られた方,また救援物資等,そういったものの輸送を行うことができますように,この神戸旅客船協会でありますとか,この協会に加盟される幾つかの

洲本市議会 2018-09-12 平成30年第5回定例会(第3日 9月12日)

本市では、昨年度に引き続き7月1日から8カ月間の予定で、岬町の深日港と洲本市の洲本港との間を旅客で結ぶ社会実験運航を行っています。一度廃止された航路を復活させる取り組みは全国的にもまれだそうで、遠くなっていた両自治体の海を挟んでの改めての交流を深め、またサイクリストの誘致に特化した取り組みは、新しい観光客の誘致につながると期待されています。  

姫路市議会 2018-03-13 平成30年3月13日経済観光委員会−03月13日-01号

◆問   現在の旅客船ターミナルの2階部分は手を加えないのか。 ◎答   建物全体のリフォーム改修を行い、現在姫路ポートセンタービル内にあるみなとミュージアムの配置などを検討している。パーテーション切りや内部の改装は行うが、大きな改修は今のところ考えていない。 ◆問   当該整備を行うことで、一般車の駐車可能台数はふえるのか。

神戸市議会 2018-03-07 開催日:2018-03-07 平成30年予算特別委員会第3分科会〔30年度予算〕(みなと総局) 本文

ただ,そういうことで諸条件は整っておりまして,一昨年もクルーズ・オブ・ザ・イヤーということで,旅客船協会のほうから神戸港表彰もされるような状態ではあります。  実際には,こうやって誘致活動は一生懸命やっておるんですけども,その後の客船受け入れ業務とか寄港地観光の造成ですね。

姫路市議会 2017-12-07 平成29年12月7日経済観光委員会−12月07日-01号

大きなポイントはポートセンタービルをどういう形で再整備するかということ、また、旅客船ターミナル市民に活用されていないので、クルーズ船が入ってきた際のほか、市民がもっと親しめるような仕組みにするため、計画し直す作業を行っている。 ◆問   観光交流局でも話が出たが、駅の大通りをきれいにして集客を一生懸命しているが、商店街は全然活性化していない。

明石市議会 2017-09-15 平成29年第2回定例会 9月議会 (第3日 9月15日)

それともう1つは、いわゆる広域連携の促進と、こういうこともうたっておりまして、明石港では旅客会社が、いわゆる島めぐり協会といいまして、瀬戸内、淡路から小豆島、直島、こういったところをクルーズできるような取り組みをやっておりまして、この明石港の再開発の中でも、そういういわゆる観光クルーズ的なものができないかということで、提案の中にもございますので、そういうことで観光施策については、現在、大きな方向性

洲本市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第2日 9月12日)

これには、3市の担当者、バス旅客などの交通事業者などが参加し、人口減少や高齢化でバス路線が減便、または廃止され、市内、島内の移動が不便となっております。なおさら、観光などで本市に来られた場合、さらに不便で接続が悪く、移動に高額を要します。早急に、買い物や通院、市内、島内移動の手段、観光客やビジネス利用者の利便性を高める二次交通の充実などが課題となっております。

神戸市議会 2017-08-22 開催日:2017-08-22 平成29年外郭団体に関する特別委員会 本文

160 ◯吉井みなと総局長 乗客予想は42万だったと思うんですけども,もともと全体の事業の考え方を説明させていただきますと,こういういわゆる旅客船事業は,これは当然のことながら旅客の変動と燃料費のウエートが高いものですから,基本的には,今回私どもは附帯事業の駐車場事業もしっかりとフォローするという形で,複合事業として順次やっていきたいということでやってきた

姫路市議会 2017-03-21 平成29年3月21日地方創生・広域連携特別委員会-03月21日-01号

県と共同で整備構想を検討する中で、旅客船ターミナル前の水深が浅く、クルーズ船の入港に深さが足りないなど物理的な面での対応と合わせ、現時点のスペックの中で海外からの観光客を含めポートセールスを進めていこうとしている。これは少しずつではあるが効果が上がっている。 ◆問   市は豪華客船飛鳥Ⅱが来た時にどのようなおもてなしをしたのか。 ◎答   入港時にセレモニーを開催した。

神戸市議会 2017-02-28 開催日:2017-02-28 平成29年予算特別委員会第3分科会〔29年度予算〕(危機管理室) 本文

主催である内閣府のほか,国交省兵庫県兵庫県医師会を初めとする医療関係者,そして旅客船協会,そして実際には要配慮者とその家族役を担っていただいた看護大学とかそういったところの学生さん,合わせまして140名が参加いたしまして,神戸市からは私ども危機管理室と保健福祉局の職員参加いたしております。  

神戸市議会 2017-02-20 開催日:2017-02-20 平成29年経済港湾委員会 本文

続きまして次のページが,これは一般社団法人日本外航旅客船協会が作成した寄港実績リスト──過去3年のです。この中から瀬戸内海エリアの港を抜粋したものでございます。ちょっと年によっていろいろばらつきがあるんですけれども,20から40回の間で瀬戸内海の港というのは入らせていただいていると。

洲本市議会 2016-12-09 平成28年第4回定例会(第3日12月 9日)

インバウンドでにぎわう関西国際空港と洲本が直結することはもちろんのこと、淡路島にとって多様な交通手段が確保されること、そして何よりも洲本港に定期旅客船が戻ってくるであろうことは非常に喜ばしいことであると、このように考えています。ただ、関西国際空港から洲本へやってこられた観光客の皆さんに、洲本港におり立って以後の市内回遊交通手段がないということが問題だと考えています。