運営者 Bitlet 姉妹サービス
512件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-05 播磨町議会 平成31年 3月定例会 (第1日 3月 5日) 本案について、提案理由の説明として施政方針演説を求めます。  清水ひろ子町長。 ○町長(清水ひろ子君)(登壇)  本日ここに、平成31年3月播磨町議会定例会が開催されるに当たり、議員各位のご健勝をお喜び申し上げますとともに、日々、町政の推進にご尽力いただいておりますこと、厚くお礼申し上げます。   もっと読む
2019-03-04 稲美町議会 平成31年第253回定例会(第2号 3月 4日) 町長の施政方針演説によると、長年の懸案であった町道森安・和田線の交差点改良工事に向けて実施設計や用地取得等に取り組むとのご発言がございました。  そこで管轄外も含みますが、以下の点についてお尋ねいたします。  ①交差点を整備する環境が整ったのかお尋ねいたします。  ②この事業によって信号機設置が見込めるのかお尋ねいたします。   もっと読む
2019-03-04 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-03月04日-06号 この問題は、これまでもいろんなところでいろいろと議論されてきましたが、このほど宝塚市の中川市長が新年度施政方針演説の最後に、公文書は全て「碍」に改めると発表されました。参考までに、その部分を資料として抜粋しておりますので、ごらんください。この問題は見解が二分、三分しているようで、結論が出せるようなたぐいではありませんけれども、本市の見解はいかがでございましょうか。   もっと読む
2019-03-01 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-03月01日-05号 また、先日行われた施政方針演説で石井市長は、保護者が安心できる効果的かつ効率的な新たな放課後の居場所づくり事業を意欲的に進めていく、留守家庭児童育成センターの待機児童や高学年児童の受け入れ、さらには、児童館が偏在しているという課題解消に向け、効果が期待できると述べられています。  そこでお尋ねします。   もっと読む
2019-02-27 たつの市議会 平成31年第1回たつの市議会定例会(第1日 2月27日)              (第2号)        議案第8号 平成30年度たつの市前処理場事業特別会計補正予算(第2              号)        議案第9号 平成30年度たつの市病院事業会計補正予算(第1号)        議案第10号 平成30年度たつの市水道事業会計補正予算(第1号)                        (以上10件、提案説明から表決まで) 【市長施政方針演説 もっと読む
2019-02-26 上郡町議会 平成31年第1回定例会(第1日 2月26日) 2月26日火曜日、執行状況及び諸報告、定期監査報告、施政方針演説、議案説明、同意案件表決、補正予算説明。3月6日水曜日及び7日木曜日は一般質問。11日月曜日、一般質問、議案表決、補正予算表決。12日火曜日から18日月曜日までは休会とし、その間付託委員会を予定しています。19日火曜日は付託案件表決、当初予算説明。22日金曜日、当初予算説明。25日月曜日及び26日火曜日は当初予算表決。   もっと読む
2019-02-26 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-02月26日-02号 ◎市長(石井登志郎) 1点目の施政方針演説における構成といいますか、これについてお答えをさせていただきたいと思います。   もっと読む
2018-11-06 西宮市議会 平成30年11月 6日広報広聴特別委員会-11月06日-01号 ◎議事調査課長   3月定例会に施政方針演説がありますが、そちらのほうを撮影して市のホームページに載せたいというような目的で申請が出て、許可をしたという事例がございます。 ◆大原智 委員   わかりました。  ありがとうございました。 ○川村よしと 委員長   ほかにございますか。     もっと読む
2018-09-28 加古川市議会 平成30年第4回定例会(第5号 9月28日) 学校園へのエアコン設置につきましては、ことしの市長の施政方針演説において言及をされまして、その後に具体的な手法やスケジュールについて既に示されたものであります。  そして、この9月の議会におきまして、そのための補正予算が上程されたところです。請願理由にもありますが、学校環境衛生基準において、望ましい温度が示されており、現状の学校園はその範囲にありません。   もっと読む
2018-06-25 西宮市議会 平成30年 6月(第13回)定例会−06月25日-04号 昨年の施政方針演説において、「国が市町村に対して「ごみ処理の広域化」への取組みを求めている中、本市がごみ処理施設を更新する際は、広域処理によるエネルギー効率や財政的な負担縮減などの観点から、他市とのごみの広域処理の可能性についても検討する必要があります。 もっと読む
2018-03-26 丹波市議会 平成30年第95回定例会(第8日 3月26日) 市長は、丹波市施政方針演説の中で、新年度予算は、「脱皮への鼓動」と表現されました。  脱皮は、人間が成長する場合にもなくてはならないステップ、「そのワクワクドキドキする高揚感・鼓動・ビートを市民の方々、職員と共有し、成長の足がかりにしたい」とのことでした。私も、そのタイミングが、まさに今、丹波市に来ていると共感いたします。   もっと読む
2018-03-26 上郡町議会 平成30年第1回定例会(第7日 3月26日) ○4番(立花照弘君) 全体の歳入のところですが、施政方針演説の中で質問もさせてもらったのですが、トップランナー方式ということをちょこちょこ耳にするのですが、この内容というのはいろいろ行政の事業の中で上位3割を目指して頑張りなさいと。これは地方創生の話と共通してくるのかと思うのですが、要は、どんどん行政が頑張っていかないと、交付金を減らしますよと。 もっと読む
2018-03-19 上郡町議会 平成30年第1回定例会(第5日 3月19日) 先週、町長が施政方針演説をされたのを読ませていただいて、感じたことをお話しさせていただいて、感じた観点に基づいて質問を進めていきたいと思っています。   もっと読む
2018-03-16 上郡町議会 平成30年第1回定例会(第4日 3月16日) (14時00分)  日程第50、町長の施政方針演説を行います。  遠山町長。 ○町長(遠山 寛君) まず初めに、平成30年度予算案を提出、御審議をお願いするに当たり、町政運営に臨む所信を明らかにし、町議会議員各位をはじめ、住民の皆さんの御理解と御賛同を賜りたいと存じます。   もっと読む
2018-03-14 養父市議会 2018年03月14日 平成30年第87回定例会(第5日) 本文 市長は、平成30年度の施政方針演説で、市政テーマとして、「市民総活躍によるまち・ひと・しごと・ふるさとの創生」につなぐため、市民の総力を結集して、オール養父市で長期的に続く人口減少という社会構造の変革に立ち向かっていくと強く述べられ、また、人口減少の影響は、市民生活を守っていくために必要な上下水道を初めとする社会インフラ施設の維持や管理、更新にかかわる負担の増大を来し、そのうち支え切れなくなる状況を もっと読む
2018-03-12 小野市議会 平成30年第410回定例会(第3日 3月12日) 基本的には、この3月の平成30年度の施政方針演説の中で約40分間、基本的な理念、行動指針、あるいは目標とすることについては、述べさせていただいたとは思うんですけれども、改めてその何をするかということも大事でありますけれども、基本的な考え方は、もう何回も申し上げておりますように、小野市の3人の市長が不祥事でリタイアするという全国でもまれにみる大疑獄事件の中で小野市はスタートしました。   もっと読む
2018-03-12 丹波市議会 平成30年第95回定例会(第5日 3月12日) 安倍首相は今の通常国会冒頭の施政方針演説の中で、貧困の連鎖を断ち切ると述べられました。しかし、来年度予算で生活保護への生活扶助費、最大5%削減することを盛り込んでおります。その理由は生活保護を利用していない低所得者世帯の生活水準が下がったとしております。これはみずからの政治経済政策が格差を広げ、貧困をより深刻にしていることを認めたことになります。これでは貧困の悪循環を加速させることになります。   もっと読む
2018-03-07 尼崎市議会 平成30年  2月 定例会(第4回)-03月07日−03号 安倍総理は、施政方針演説の中で、白虎隊の一員で後に東京帝国大学の総長に登用された山川健次郎の例を挙げ、今また日本は、少子高齢化という国難とも呼ぶべき危機に直面しています。 もっと読む
2018-03-06 播磨町議会 平成30年 3月定例会 (第1日 3月 6日) 本案について提案理由の説明として施政方針演説を求めます。  清水ひろ子町長。 ○町長(清水ひろ子君)(登壇)  本日、ここに平成30年3月播磨町議会定例会が開催されるに当たり、議員各位のご健勝をお喜び申し上げますとともに、日々、町政の推進にご尽力いただいておりますこと、厚くお礼申し上げます。   もっと読む
2018-03-05 姫路市議会 平成30年第1回定例会-03月05日-03号 1月22日開会の通常国会で、安倍晋三首相は、施政方針演説で「森友」、「加計」疑惑への国民の疑念には一切触れず、都合のいい数字で悪政のごまかしに終始しました。  これに対し、日本共産党は、衆参両院で暮らしや平和など日本が直面する焦点課題について根本的な打開の道を提起しましたが、首相は真剣に受けとめようとせず、指摘された事実も「当たらない。」 もっと読む