806件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

洲本市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3日 6月26日)

新隊員を加えた5名の隊員が行っている取り組みといたしましては、1つ目に域学連携事業、2つ目にあわじ環境未来島構想の推進、3つ目に移住者支援、4つ目に新規就農者支援、5つ目に鳥獣害による農作物被害への対策、6つ目に市内における観光振興や商店の活性化、7つ目に市の歴史文化遺産を活用した地域の活性化など、非常に多岐にわたる活動を行っていただいているところでございます。  

姫路市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会−06月25日-04号

中核市になったこと、姫路城が世界文化遺産になったこと、1市4町の合併鉄道高架の完成と姫路駅の変貌など、播磨の中心都市として、その力を発揮してきました。  私も、そうした中で、姫路市職員の一員として、旧庁舎での外国人登録の窓口担当を振り出しに、事務改善や行政改革財政や企画業務、企業立地や産業振興など、時々の変化に対応してきた行政に携わってこれたことを誇りに思っています。  

猪名川町議会 2019-06-17 令和元年第394回定例会(第3号 6月17日)

阪神間で魅力を秘めた歴史文化遺産も多くあり、緑豊かなエコでクリーンなイメージ猪名川が濁ってよどんで不透明になることを黙って見過ごすわけにはいきません。大好きな猪名川を透明性のあるきれいな状態で子どもたちや孫たちに引き継ぐために、今回の道の駅移転事業のリスク、負の遺産を先送りすることは許されません。

姫路市議会 2019-06-13 令和元年6月13日経済観光委員会−06月13日-01号

◎答   世界文化遺産国宝姫路城便覧という姫路城の混雑状況に関するお知らせや動画等を掲載した姫路城紹介サイトがよく利用されている。同サイトにおける言語選択や閲覧内容について統計をとって分析し、次の施策に生かしている。 ◆問   外国人の土産代(市内消費分)は5,000円未満が多く、消費額が少ないように思うが、どこでどのようなものを購入しているのか。

篠山市議会 2019-06-04 令和元年第120回水無月会議( 6月 4日)

施策の基本方向6 文化自然遺産を生かした教育・まちづくりの推進  39ページ、6−1 文化財と町並みの保存・活用  文化財の保存と歴史文化遺産を生かした学び地域づくりへの支援を通して、地域の活性化に取り組みます。  (1)歴史文化基本構想推進事業では、「歴史文化まちづくり資産」を総合的に保存・活用するため、「文化財保存活用地域計画」の策定に取り組みます。  

赤穂市議会 2019-04-24 平成31年総務文教委員会( 4月24日)

地域文化調査事業250万円につきましては、歴史文化遺産の調査推進と記録充実を図る事業でございまして、内容といたしましては、引き続き、市内各地に伝承されております伝統文化の継承を図るために、獅子舞等の映像記録作成及び伝統文化財等の事業での補助のほか、北前船日本遺産推進協議会への負担金等となっております。  続きまして、下の欄、文化財保存整備事業についてであります。  

姫路市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-06号

我々の愛するふるさと姫路は、いにしえから受け継がれた豊穣の歴史と、世界文化遺産姫路城が見下ろす重みのある文化・伝統とが深く根づき、また、近代から続く重厚なものづくり産業や地場産業、山・海に囲まれた豊かな自然資源等、傑出した魅力に恵まれ、そして他の市町にはない大きなエネルギーと愛郷の心を持った市民の力があふれる、日本全国、そして世界に誇れる「総合力」を持った都市であります。  

播磨町議会 2019-03-19 平成31年度予算特別委員会 (第5日 3月19日)

平成31年度は播磨町の文化遺産をテーマに町内の身近な文化遺産を振りかえるきっかけとなるような展示を企画予定です。  173ページをお願いします。6項保健体育費、1目体育施設費、上から2番目の事業番号0071012総合体育館改修事業の15節工事請負費は、昭和54年度建築の総合体育館の大体育室の床面が長年の利用により劣化しているため、全面的な張りかえを行おうとするものです。

高砂市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第14日 3月18日)

平成30年度事業としては、他に職業体験、まちの機能や仕組みの理解、金銭感覚のシミュレーションを通して、子どもの自主性を育む子どものまち高砂事業、高砂市の誇る歴史文化遺産である石の宝殿と、その周辺史跡の魅力を再発見し、市内外に広く伝承する「石の宝殿の魅力再発見と伝承事業2018」が実施されており、多くの市民参加のもと、市民主体のまちづくりに取り組んでいただいております。  

洲本市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第2日 3月 7日)

歴史文化遺産の保存と活用について伺います。  2月26日付文部科学省告示第二十一号により、旧益習館庭園が正式に国の名勝に指定されました。本当にうれしいことです。そして、今後の保存、活用、整備計画をよりしっかりと立て、継続的、計画的に進めていくことが求められるもの、このように考えますが、いかがでしょうか。  また、国指定史跡洲本城跡について、新たに整備計画を策定するとあります。

姫路市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会−03月06日-05号

確かに酒、私も10年前の質問を思い出しますけれど、庭田神社の話をあの時させていただいて、有形の世界文化遺産姫路城がある。無形の世界文化遺産として播磨は酒を売るべきだということを、あの時一生懸命言わしていただきました。実際に、日本酒のふるさとはりまプロジェクトなるものも動いておりますし、この辺どんどん展開していただきたいなと思います。  あと、私は興味を持ってますのが、城。

淡路市議会 2019-03-01 平成31年第77回定例会(第1日 3月 1日)

北淡地区は文化遺産ゾーン、震災記念公園、五斗長垣内、そして舟木遺跡、パワースポットなどであります。岩屋地区は淡路島の玄関ゾーンとして、岩屋港、田ノ代海岸、鵜崎の埋立地など、大きくこれから整備を推進していきます。最後に東浦地区ですが、ニュータウンゾーン、いわゆる淡路市の核であります。サスティナブルシティ、道の駅交通結節点など。  

たつの市議会 2019-02-27 平成31年第1回たつの市議会定例会(第1日 2月27日)

また、市内の各種指定文化財の保存と活用に努めながら、歴史文化遺産の調査研究を継続し、その活用に努めます。  国指定史跡新宮宮内遺跡を活用した星空シアターなど古代体験事業を展開し、歴史文化遺産の愛護意識の向上に努めます。  また、北前船寄港地としての日本遺産重要伝統的建造物群保存地区について、国等と協議を進め、年内の認定、選定を目指します。  

篠山市議会 2019-02-26 平成31年第119回定例会(第1号 2月26日)

世界文化遺産の「比叡山延暦寺」や紫式部ゆかりの「石山寺」など、各時代を代表する多くの歴史文化遺産が今に引き継がれており、平成15年10月には、全国で10番目となる古都保存法に基づく「古都指定」を受け、また国指定文化財は全国3位の件数を誇るなど、現在は、大津の景観を考える各種事業の展開や「湖都・大津」のPR等、積極的な事業推進が図られています。  

香美町議会 2019-02-26 平成31年第110回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019年02月26日

地域のかけがえのない歴史文化遺産をよりよい形で将来に残していくために、指定文化財の追加指定等を行い保存と活用を図っていきます。また、地域に伝承されてきたすぐれた伝統文化を継承し、新しい文化の創造につながる活動を支援するとともに、町民に文化芸術に親しむ機会や発表の場を提供します。