306件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

姫路市議会 2020-06-18 令和2年6月18日経済観光委員会-06月18日-01号

◆問   不許可処分の取消しを求める裁判敗訴している以上、相手方の言い分は耳を傾ける余地のない内容だったのだろうと思う。  けれども、例えば、4団体のうち3団体通所者数を全て合わせても、1団体通所者数のほうが多いために結果として独占になっただけで、3団体を阻害したわけではないなど、そうならざるを得ない事情があったのなら、法律と情理の間で、政治が考えなければならない。  

丹波市議会 2020-03-18 令和 2年予算決算常任委員会( 3月18日)

裁判で結局、猟友会側の、猟友会いうんかその当時の代表の方が敗訴されました。裁判の中でも発言一切せんと自分の意見もこうやからこうことやいう弁明もなしに、ほんでもう敗訴されました。結果、代表をおりられて、加工組合代表やった人が今度代表になられたいうて今の流れです。今度反対にその猟友会側の人が今いろいろと言われとるわけ。

神戸市議会 2020-02-05 令和2年第1回定例市会(2月議会)(第5日) 本文

市の借上復興住宅の住みかえ問題でも久元市長は,住み続けたいという被災者に明け渡しと損害賠償を求める訴訟を起こし,敗訴によって立ち退きを迫られている被災者話し合いを求めても,退去の是非については話し合い余地はないとの態度をとり続けております。  また,須磨多聞線の整備について,住民が求めた公害調停という法的な調整機関行政が出席しないのは異常です。

西宮市議会 2019-12-18 令和 元年12月(第 3回)定例会-12月18日-06号

日本がこれを批准すれば、国際ロビイ活動と関係のある活動家たちが、敗訴織り込みで訴訟を連発し、情報戦に勝利して国連の名による改善勧告を狙いどおり頂戴できる。すると、一部マスコミがこれを大きく報道し、また日本世界から避難された、このままでは日本世界から孤立するなどと喧伝して、一般国民の平均的な思想にダメージを与えることをできるかもしれない。

宝塚市議会 2019-10-02 令和 元年10月 2日産業建設常任委員会−10月02日-01号

4点目が、訴訟に至り、仮に敗訴した場合、撤去費用として約1千万円の経費が伴うこと、さらには、工期のおくれによる損害賠償請求を提起されるリスクなどを検討した結果、このたびの申立人からの提示された条件に応じることが合理的であると判断に至りました。  恐れ入ります、ページ4、本件和解に係る調停条項(案)をごらんください。  

赤穂市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第4日 9月20日)

その結果、12年の闘いの結果、最高裁判決を経て、敗訴が確定したわけですが、紀伊長島町には産廃処分場は建設されていないのであります。  赤穂市の場合、調査研究をいつまでやるのか。調査研究だけで終わるのではなく、前へ進める必要があります。現時点での考え方を示されたいと思います。  第2点は、ごみ処理広域化計画についてです。  

西宮市議会 2019-09-10 令和 元年 9月(第 2回)定例会−09月10日-05号

さらに、道路脇民有地からの落石事故などの責任を問われた裁判で、事故を予見できたのに通行どめなどの対策を講じなかったなどとして道路責任者敗訴するケースも多かったことから、所有者の了解を得て道路管理者が費用負担して工事を行わざるを得なかったという見方もあるでしょう。  改正案は、こうした過去の経緯や判例なども踏まえた上で、損失補償規定を新設しました。

稲美町議会 2019-09-02 令和元年第255回定例会(第3号 9月 2日)

最高裁敗訴したが、判決家族賠償責任を負う可能性にも言及したということで、認知症高齢者の方が事故を起こしてしまった、で、認知症とはいえ賠償責任が発生した場合には、その家族賠償責任が発生する可能性があるということで、で、こういった問題も全国的に惹起されたわけなんですけれども、やはり稲美町でもそういった可能性がないわけではないと思うんですけれども、こういった制度必要性についてまず見解をお伺いしたいと

赤穂市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3日 6月26日)

番外上下水道部長永石一彦君) 水道法に基づきまして、水道法の趣旨にのっとった形で水源の保護とか、確保の観点から、その意義とか、そういったところの実際に達成できるかどうかということを裁判事例、いろんな裁判事例がございまして、先ほど議員言われるように、敗訴した例もあったりとか、割と微妙な問題もありますので、そういうところも含めて調査研究ということをしてまいりたいというふうに考えております。

宝塚市議会 2019-06-19 令和 元年第 3回定例会−06月19日-03号

この判決は市が一部敗訴した形になりますが、この行政訴訟について、訴訟の概要とこれまでの経緯を御説明いただきたいと思っています。  次、4番目にいきます。各部局において審議会をお持ちのこととは思いますが、この審議会の運営は適正に行われているのかということについてお聞きしたいと思います。  審議会に関しては、私が議員になる以前に審議会に属していたことがあります。

西宮市議会 2019-03-22 平成31年 3月(第17回)定例会−03月22日-08号

この裁判で市が敗訴すれば、その市の不当性が認定されることになりますし、仮に市が勝訴したとしても、西宮市が最も冷たい方針で住民を追い出すことになったとマスコミも大きく取り上げることでしょう。そういう点からも、判決が下されるまでに早急に和解に向けた努力をすることを求めておきます。  3点目、マイナンバー制度です。  2019年11月からマイナンバーカードに旧姓併記が実施されます。

伊丹市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会−03月07日-07号

これは平成19年に愛知県大府市で発生いたしました、認知症高齢男性による鉄道に絡む死亡事故がきっかけとなっており、その後、鉄道事業者家族に約720万円の損害賠償を求め提訴しましたが、最高裁判決敗訴が確定しております。同判決では、家族賠償責任を負う可能性にも言及したことや、損害を受けた側にすると責任が認められなければ補償がないという課題も浮き彫りとなりました。  

洲本市議会 2018-12-19 平成30年第7回定例会(第4日12月19日)

日本裁判史上、これほど国の政策の間違いを厳しく断罪した例がないと言われた国側敗訴であります。昭和28年前後の医学的見地では、隔離政策をとるほど重篤かつ特別な疾患ではない、感染力の極めて微弱な病気であると言われていた病気を明治の時代から平成8年まで続けてきたことは、これは100%国の誤りであり、それを時の小泉総理が認めて、謝罪と補償を行ったことを私は歓迎をし、そのとおりであると確信をします。  

姫路市議会 2018-12-07 平成30年12月7日文教・子育て委員会−12月07日-01号

◎答   兵庫県は一部敗訴になった大阪高裁判決を不服として、最高裁に上告したと聞いている。現在、裁判を注視しているところであるが、大阪高裁判決の中で裁判官は、本件の配置がえは違法であるという控訴人の主張は採用できないと述べているので、その点については問題ないと認識している。

淡路市議会 2018-12-05 平成30年第76回定例会(第2日12月 5日)

それと、議会の議決のほうの話をちょっと確認させていただきますけれども、管理者によって速やかにいろんなことをしやすいために40条の2項の和解の話だとか訴えの提起、それ6条に含んでいないという話だったかと思うんですけども、そのためには、議会のチェックは邪魔なのかというような話にも聞こえてしまうんですけれども、1つ確認しておきますが、下水道の滞納に対する差し押さえ等で、仮に市が訴えられて敗訴し、控訴する判断