9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

明石市議会 2020-03-03 令和 2年総務常任委員会( 3月 3日)

1つ飛びまして、救急高度事業につきましては、救急救命士養成のほか、高度救急用資機材整備などに要する経費でございます。2つ飛びまして、消防署施設維持管理事業につきましては、消防署のほか、朝霧から二見までの6カ所の消防分署に係る光熱水費修繕料など、施設維持管理に要する経費でございます。  2目 非常備消防費でございますが、消防団8分団50班の運営及び団活動に要する経費でございます。

明石市議会 2019-03-04 平成31年総務常任委員会( 3月 4日)

1つ飛びまして、救急高度事業につきましては、救急救命士養成のほか、高度救急用資機材整備などに要する経費でございます。2行飛びまして、消防署施設維持管理事業につきましては、消防署のほか、朝霧から二見までの6カ所の消防分署に係る光熱水費修繕料など、施設維持管理に要する経費でございます。  続きまして、一般の180ページ、181ページをご参照願います。  

加古川市議会 2010-10-05 平成22年第4回定例会(第4号10月 5日)

市民の命と財産を守るために位置通知システム救急高度事業が推進され、学校耐震化給食調理業務民間委託などが推進されたことは、一定の評価をいたします。さらに金がなければ知恵を出し、汗をかこうということで平成21年度ゼロ予算事業でも出前講座を中心に実施されたことは、評価するとともにさらに大きな成果を上げていただきたいと思います。  

加古川市議会 2007-03-12 平成19年第1回定例会(第6号 3月12日)

その中で40立方メートル級有蓋防火水槽新設事業1,300万円、救急高度事業2,900万円、常備消防車購入事業3,560万円、非常備消防車購入事業460万円、消火栓整備事業2,480万円、消防庁舎等整備事業3億756万5千円となっておりますが、まず、防火水槽整備及び消火栓整備事業、これは一体どこなのであるかあるかということと、これらの計画計画的に整備されていると思うんですけれども、現在の整備状況

姫路市議会 2004-06-29 平成16年6月29日総務経済委員会-06月29日-01号

今、救急高度事業を進めているが、消救車はスペースがなく機器が載らないので、おそらくその事業にはのらないと思う。 ◆要望   マンションには管理組合理事会があるので、そちらにも自主防災組織の結成について働きかけてもらいたい。 ◆問   通報があってから現場に到着するまでの時間は平均してどれぐらいなのか。 ◎答   平均4分50秒である。全国平均より若干姫路市の方が早い。

明石市議会 2001-09-18 平成13年 9月定例会(第3日 9月18日)

こうした救急需要に対処をするために、救急救命士養成応急手当て普及啓発及び資機材整備充実等救急高度事業を推進しているところでございます。  消防本部といたしましては、これらの施策を推進をしていくとともに、第4次長期総合計画に掲げておりますとおり、救急需要を勘案しながら、中・長期的な課題として救急隊増隊を考えていきたいと考えております。

明石市議会 2001-06-18 平成13年 6月定例会(第2日 6月18日)

議員ご指摘の本市中西部におけます救急隊増隊につきましては、救急救命士継続養成応急手当て普及啓発、及び資機材整備充実等救急高度事業とあわせまして、第4次長期総合計画に掲げておりますとおり、救急需要を勘案しながら中・長期的な課題として、引き続き、取り組んでまいりたいと考えております。  

  • 1