6946件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2019-05-24 令和 元年 5月24日議会運営の課題に関する検討会議−05月24日-01号

                議会運営の課題に関する                   検討会議記録               令和元年(2019年)5月24日(金)                  開 会  午前10時00分                  閉 会  午前10時11分                  場 所  2号委員会室 ■協議事項   1 西宮市議会議員政治倫理条例

西宮市議会 2019-05-09 令和 元年 5月 9日議会運営の課題に関する検討会議-05月09日-01号

まず初めに、資料の2ページをお開きいただきましたら、「西宮市議会議員政治倫理条例 西宮市条例第56号」というふうにして、もう既に条例という形で可決をされております。去る3月の定例会におきまして全会一致で可決をされております西宮市条例第56号、西宮市議会議員政治倫理条例。施行は、本年の10月1日から施行となります。  

赤穂市議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日 3月27日)

今定例会は、市長就任後初めての市議会定例会でございまして、私の市政に対する所信の一端を申し述べますとともに、代表質問を通じまして、私の政治姿勢や市政運営に対する基本的な考え方につきまして御説明を申し上げました。  

豊岡市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第6日 3月26日)

政治的判断で直ちに1,000円にということは拙速と考えておりまして、急激な変化は大きなゆがみを生じかねず、地域経済、また地域産業にとっても問題をはらむものと考えております。  また、出生率や婚姻率の低下についても述べておられますけれども、この最低賃金との因果関係もはっきりしていないと。単純なものではないというふうに考えております。  

姫路市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-06号

当局の答弁によりますと、選挙管理委員会の職員がその現場を確認し、指導を行うべき内容であれば、適正に指摘や指導を行っているが、通報の場合、その内容が個人の政治活動か、それとも政治団体の政治活動なのかなど、公職選挙法における規定の適用の判断が難しく、聞き取りの情報だけでは対応ができない。  

西宮市議会 2019-03-25 平成31年 3月25日広報広聴特別委員会-03月25日-01号

◆吉井竜二 委員   まず、議案第590号5次総、議案第648号副市長の選任について、議員提出議案第11号政治倫理条例制定、あとは、請願第21号義務教育学校の設置。  以上です。 ◆まつお正秀 委員   私は、議案第593号地方卸売市場条例廃止、議案第594号産業振興基本条例。あとは、所管事務調査の民生の中央運動公園及び中央体育館・陸上競技場。これは建設もあるんだけども、どっちでもいいです。

西宮市議会 2019-03-22 平成31年 3月(第17回)定例会−03月22日-08号

しかしなお、税金を原資とした5億円もの金品が政治家に渡っていたという疑惑はいまだ解明されていません。この問題についても真相究明を図るよう強く求めます。  2点目、子供の医療費助成についてです。  この問題については、所得制限を撤廃するよう、代表質問、一般質問、委員会質疑等で繰り返し求めてきましたが、いまだ実現していません。市内では約3割の子供は医療費が無料ではありません。

明石市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会 3月議会 (第6日 3月22日)

国が高齢者に冷たい政治を進めているときだからこそ、市は高齢者の暮らしを応援するための思い切った予算措置を講じるべきです。  以上、意見を述べ討論といたします。     ----------------------------------- ◎採  決 ○議長(穐原成人)    以上で討論を終結し、これより採決に入ります。  

猪名川町議会 2019-03-22 平成31年第393回定例会(第4号 3月22日)

命を守るプロが今までは政治的にもいろんなスタンスを持っておる団体もありますが、しかし、命を守るという点においては、イデオロギーや信条、そんなもの等超えたところにある。そういうことで、医療関係者はこぞってこの負担増に反対しております。前回出ました保険医協会につきましては、県内で7,300人の先生が加盟しております。そういった先生方が反対してる。

高砂市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第16日 3月20日)

政治責任、政治責任というのは、私はこう思っとったというのは、それは違いますよと。政治責任は結果責任ですよ。結果的に、あなた、2年間、いろんな議論の末、何も協議体が動かない、この調子でいくと、次の市長選挙を超えてまでも、一向にひとつも事業が発足できない。それは政治責任、あなたにあるんじゃないですか。今までと違いますよ、市長部局ですよ。市長部局であなたの政治的責任があるんじゃないですか。

高砂市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第14日 3月18日)

今や、防災・減災の取り組みが政治の主流としていくことが時代の要請になっています。大規模災害が全国どこでも起こり得るとの認識に立ち、安全・安心な地域づくりは自治体に課せられた最も重要な課題となっています。  そこで、平時から大規模自然災害に備え、ハード面、ソフト面の両面にわたる事前防災、減災対策の取り組みを進めていかなければなりません。

赤穂市議会 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第5日 3月15日)

質問の第1は、市民対話と憲法への政治姿勢です。  施政方針で、市長は、ミニ集会など、市民と膝を突き合わせて直接対話の機会を設けると表明し、開かれた市政の推進を述べておられます。ぜひ実現されたいと考えます。  質問のその1として、市民が気楽に参加し、意見が言えるミニ集会など、直接対話とはどんな形になるのでしょうか、伺います。  その2は、憲法です。

西宮市議会 2019-03-15 平成31年 3月15日予算特別委員会民生分科会−03月15日-01号

◆佐藤みち子 委員   このようなことが政治主導でやられると、低所得者対策やというふうなことをやってはるんですけど、政治家である前に人間としてこんなことをしたら、所得の低い人8万2,000人ぐらいいてはって、その人たちの心をすごく傷つける政策やな、何か、人間としてこんなことをしていいのかなというのが、愚痴みたいになりますけど、私の感想だけちょっと言わせていただきたいと思います。  

たつの市議会 2019-03-15 平成31年第1回たつの市議会定例会(第4日 3月15日)

公明党は現場の声を政治に反映させるため、全国で地域の皆様を訪問し、子育て、介護、中小企業、防災・減災の4つのテーマについて、昨年4月から3カ月間にわたってアンケート調査を行いました。その中で、中小企業支援制度へのニーズは高く寄せられていますが、一方で、制度を利用したことがないの理由としては、そもそも制度を知らないが圧倒的に多く、制度の周知に対する課題が改めて浮き彫りになりました。  

西宮市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日予算特別委員会総務分科会−03月14日-01号

それであるならば、抜け落ちているのが首都直下地震、これは想定に多分入ってないんですけども、首都直下地震が大規模にあったときは、関東大震災みたいな形であった場合、今、人も集積しているし、会社も集積している、政治機能も全部集積しているわけですから、政治経済に与える影響、それから、ロジスティックに与える影響、この辺のところを西宮市が影響を受けないわけがないんですよね。

稲美町議会 2019-03-14 平成31年第253回定例会(第5号 3月14日)

次に、私生活にわたる言論をしてはならないとされていることにつきましては、山口選管委員長の「政治ブログを日曜日に見た」など、一般質問とは全く関係のない私的な発言に端を発したものであります。さらに、山口選管委員長の発言には、事実関係と異なる箇所がいくつかありますので、改めて事実経過を申し上げます。  山口選管委員長は、「木村議員を名乗る人から突然携帯電話からかかってきた。