9461件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

加東市議会 2033-06-03 06月03日-01号

それは設計の中で実際どのような外側からのフレーム補強にするのかというのは、今から構造設計者と一緒に検討しながらという形にはなりますが、こちらにつきましてはもうあくまで5年間の応急という形で考えておりまして、今後社の小中一貫校設計の中でこちらの柔剣道場、再利用するという形になるのであれば、こちらもあくまで技術者としての意見となりますが、あと20年以上使うことを想定するのであれば、当初こちらの耐力度調査

三田市議会 2028-06-04 06月04日-01号

結果的には、事務技術継続性担保等市民サービスの維持・向上において一定の効果があったと考えております。しかしながら、先日、経営管理部で税に関する事務処理ミスが発生し、関係者の方々には大変ご迷惑をおかけしたところでございます。今回の2段階人事異動との関係なども含めてしっかりと検証を行い、来年度の人事異動に活かしていきたいと考えております。 次に、障害者虐待事案への対応についてであります。 

加西市議会 2025-06-13 06月13日-02号

総務部長山本和孝君) 現在考えているのは、その技術的な開発というところではなくて、そこの部分については職員が、技術職もおりますので担っていくというようなことで考えております。むしろ進出希望のある企業の誘致、また、そういうところの契約までの、進出希望のある企業に対して契約までの、この間のそういう調整を専門的に担えるような職員が必要だというふうに考えております。

尼崎市議会 2021-09-12 09月12日-03号

まだまだ認知度が低いというのは全般的にはわかるんですけれども、ともあれ、尼崎は産業のまちですし、技術レベルが高い会社も企業もあるかと思います。 そこでお聞きしたいのが、市内の中小企業でもう既にSDGsに沿うような、伴ったというか、このような取り組み、もしされている中小企業があれば御紹介していただければなというぐあいに思います。よろしいでしょうか。お願いします。

尼崎市議会 2021-06-14 06月14日-04号

最後に、住民へのヒアリング、何を聞くのか、今後の具体的なスケジュールについて説明してほしい、また(仮称)技術支援会議の構成はどうなっているのかという御質問でございます。 4月下旬に、下水道部内において貯留管チーム会議を立ち上げ、適宜、有識者に入っていただきアドバイスを受けながら取り組みを進めております。

尼崎市議会 2021-06-13 06月13日-03号

また、先日実施された人権についての市民意識調査の結果にもあらわれているように、IT技術革新に伴うインターネットによる人権侵害性同一性障害を初めとした性的マイノリティーに対する人権など、社会情勢変化に伴う新たな人権課題にも積極的に対応していかなければならないと思います。 先ほど述べさせていただいた国の人権教育・啓発に関する基本計画が平成23年に改定をされました。

尼崎市議会 2020-12-25 12月25日-05号

次に、議案第144号の市立学校給食センター整備運営事業に係る事業契約につきましては、市立学校給食センター整備運営事業について、民間企業資金技術、ノウハウを活用するPFIの手法により実施するもので、総合評価一般競争入札にて落札した事業者事業契約を締結するものでありますが、委員から、事業者選定委員会の審査結果では、環境への配慮と資金調達計画長期収支計画評価項目評価点が、次点の事業者のほうが落札者

加東市議会 2020-12-17 12月17日-02号

それを見ておりますと、治水ダム以外のダム洪水調整協力できる部分があるかどうか、技術的な検討は必要でありますが、可能性は低くないと思われますという、そういうコメントを出されてます。恐らくかんがいダムですよね、鴨川ダムは。ですから、要はちょうど出水期は田んぼに水が要る時期と重なるわけですから、できるだけためよう、ためようとされるんで、大雨が来ると一気に緊急放流をされる。

三田市議会 2020-12-13 12月13日-03号

現在、三田市に登録している手話通訳者は昨年度から1名増加しまして15名となっておりますが、通訳者となるためには相当の技術の習得が必要でありまして、まずは多くの人に関心を持ってもらい裾野を広げるために、今年度から「はじめての手話要約筆記体験教室」を開催するとともに、手話に関する技術を従来より更に段階的に向上できるよう「手話通訳者ウオーミングアップ講座」を新設しまして、養成講座の体系を図っているところでございます

三田市議会 2020-12-12 12月12日-02号

発展著しいロボット、AI、IoT、ドローンなどの先端技術を活用し、生産現場に積極的に導入していくことで、生産性を飛躍的に向上させることが奨励されており、それらを狙うためにも若い世代の台頭が望まれるのではないでしょうか。市としての見解をお伺いいたします。   次に、田園文化都市の形成についてお伺いをいたします。   

尼崎市議会 2020-12-11 12月11日-02号

ロストジェネレーション世代本市のある技術職員の方から、尼崎市も御多分に漏れず新規採用停止採用数の抑制から40歳前後の職員層が中抜け状態になっている、現在は団塊世代技術職員が再任用やOB嘱託員として勤務しているので技術力が何とか維持できているが、技術、技能の伝承や継承が不十分であるため、その職員が離職すれば、本市技術力とそれに伴う行政サービスの低下は避けられないとおっしゃっておられました。 

加西市議会 2020-12-11 12月11日-03号

工事請負契約につきましては11月の臨時議会において承認いただきました後、市、工事請負業者工事施工管理を委託しております公益財団法人兵庫まちづくり技術センターの三者におきまして、また盛り土材料を提供していただいております加東土木事務所多可事業所と協議を行っているところでございます。工事請負業者におきましては、造成工事計画を作成中で、並行して資材の発注準備を進めておると聞いております。