2883件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2019-09-27 令和 元年 9月27日決算特別委員会建設分科会−09月27日-01号

◆岩下彰 委員   というのは、私が勤めていた瓦木小学校というところに、戦前か戦後直後ぐらいの建物が残っていて、それを使っておったんです。ある時点からアスベストがあるから使うなと言われて、物すごく人数の多いときだったんだけども、2階建ての木造建物があって、音楽室があって、私は音楽をやっていたから、今から考えたら恐ろしいことをやっていたんやね。

西宮市議会 2019-09-09 令和 元年 9月(第 2回)定例会-09月09日-04号

戦後の自治制度設立からバブル経済の崩壊まで、高度経済成長、安定成長の中、人口増加と税収増加により公共施設は拡充の発想で進んできた。経済の低迷、少子高齢化による人口減少に対応した施設を構築していくためには、規模は縮小しても機能は充実させていくという発想で計画、実践をしていかなければならない。  このような背景の中で、公共施設のあり方を考えていきたいと思います。  

加古川市議会 2019-07-19 令和元年総務教育常任委員会( 7月19日)

○山本賢吾委員   公民館運営管理事業ということですが、予算事業でいいましたらそれしかないんですけれども、公民館社会教育施設として設置されてずっと戦後からありますが、中身を変え今に至っています。実際には公民館にはそれぞれホームページがありますが、わざわざいわゆる文化施設ではございません、カルチャー教室ではありませんということを書かないといけないぐらいの状況なのでしょうか。

西宮市議会 2019-06-27 令和 元年 6月(第 1回)定例会-06月27日-05号

戦後社会、特に高度成長期からバブル崩壊までの歴史では、どちらかと言えばこの中でも二つ目、経験値を積み上げ、目の前のことを同じように処理することができる情報処理力が求められていたと考えられます。しかし、AIやICTが高度に発達した社会において、より必要になってくる、重宝される力として挙げられるのは、基礎人間力情報編集力だと言われています。

西宮市議会 2019-06-26 令和 元年 6月(第 1回)定例会-06月26日-04号

また、結婚したカップルは、戦後最低の58万6,438組で、平均初婚年齢は、男性31.1歳、女性29.4歳、また、女性の第1子出産の平均年齢は30.7歳ということです。  この際、誤解のないように申し上げておきますが、私は何も、結婚してくださいとか、某大臣のように最低何人産んでくださいと言うつもりはなく、今回の質問は、人口減少対策の一環として取り上げさせていただくことを申し添えておきます。  

姫路市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会−06月25日-04号

委員会といたしましては、当協会は、戦後一貫して本市に事務局を置き、慰霊塔を護持し続けてきており、その代表理事は慰霊塔とともにシンボルであることから、他都市の市長が代表理事に選定されたことに納得できないものがあるため、早い時期に同協会に働きかけを行い、姫路市長が代表理事として復帰できるよう真剣に取り組まれたいことを。  

洲本市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2日 6月25日)

死亡数を見ますと134万0,397人と、戦後最多ということになりました。このことは、日本少子高齢化を着実に示すとともに、日本が多死社会に突入したことをあらわしていると思います。  国の推定では、2025年の死亡数は年間152万2,000人。団塊の世代が全て80歳以上になる2030年では、1年間に160万人が亡くなると推定されております。

たつの市議会 2019-06-21 令和元年第3回たつの市議会定例会(第3日 6月21日)

1つ目のご質問の本システムの導入に向けて、現状どのような課題があるかにつきましては、戦後、造成された人工林の約半数が主伐期を迎えようとしている一方、所有者の経営意欲が乏しく経営管理できていない、境界が分からない、所有者や共有者が分からないといった森林が多く存在しております。  このまま推移すれば、こうした森林はますます増加することが予想されます。

香美町議会 2019-06-20 令和元年第112回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年06月20日

そういった中で、香美町の場合、なぜこういう緑化とか、それから教育的な観点から桜がずっと各教育機関に植えられた昭和の年代に、戦後間もなく植えられたというような経過がございましたが、そういったものを惜しむということなく新しいものをつくるために伐採するというような形をすぐ決断されるということに対して納得がいかない部分がございます。

篠山市議会 2019-06-19 令和元年第120回水無月会議( 6月19日)

お一人が2人、3人と産むような出生率少子化っていうのは語られますけれども、実は戦後に、これ国のほうが抑制しています。法律の優生保護法によって。ですから、今考えないといけないのは、本当に女性も男性もこの篠山を住みやすい町にしていくかということだと思います。そして、総合的に人口ビジョンの中で、6つの、今申し上げたフランスは、3つの政策パッケージでした。

豊岡市議会 2019-06-17 令和元年第1回定例会(第2日 6月17日)

それで、先ほど、部長にお話しした除却の費用というのが、この固定資産税地方税法で決められて、いつだったか知りませんけど、戦後すぐだと思います、シャウプ勧告によってでしょうから、地方税法で決定された税制でありますけれども、今、除却ということが本当に大きく市民に負担、豊岡市の場合は税でできますから、それ、いいにして、市民が負担にかかってきたなというのはここ20年です。

明石市議会 2019-06-17 令和元年第1回定例会 6月議会 (第3日 6月17日)

戦後荒廃した状態から急速に発展してきた日本は、世界の工場と言われるほどになりました。資源を持たない日本原材料輸入し、それを加工して工業製品として輸出することで経済発展をなし遂げてきました。そこにはもちろん先人たちの気概と努力があり、今の日本の経済力はものづくりがなし遂げてきたものと言っても過言ではありません。

淡路市議会 2019-06-13 令和元年第78回定例会(第3日 6月13日)

もう言わずもがなの話ですが、当分の間として、戦後のときに設けられた制度でありますけれど、それが今も現在も続いていると、こういうことであって、今から少子化によってますます先生の数が限られてきていて、専門的ではない授業をやらざるを得ない状況になっているのかどうか。そのあたりについて端的にお答えいただきたいと思います。  

姫路市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会−06月10日-02号

平成昭和、その時代、戦後大きな戦争もなく、日本平和にこの国を、そして生活を謳歌してまいりました。例えば、イギリス王室におけるダイアナ妃が突然逝去されるとき、イギリスでは驚くことにベビーブームが起こりました。東日本大震災災害の現場で、多くの命が失われる。しかしながら、私が担当している沿岸地域では、避難所でありながらもたくさんの子どもが生まれてくる。