11749件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2019-11-08 令和 元年11月 8日議会運営委員会-11月08日-01号

次に、予算編成に当たっての基本方針については、資料に記載のとおり、選択と集中による経営資源の適正配分、持続可能性を強く意識した堅実な財政運営、市民企業等との協働、働き方改革に資する取り組みといった基本方針に沿って予算編成を行います。  また、予算編成方針と同時に示されました予算編成要領では、枠配分予算においては一般財源の額を前年度当初予算額に97%を乗じた額とすることなどが指示されました。  

西宮市議会 2019-11-08 令和 元年11月 8日総務常任委員会-11月08日-01号

もちろん、いろんな先行事例が今後いろんなまちで出てくるでしょうし、ひょっとしたら物によっては西宮が先駆的な取り組みをする必要があるのかもしれないですけど、基本的にはそういったいろんなところでの新しい事例というのに、当局もですし、我々もアンテナを張って、本市に持ってこれるものってないのかなというところは、時代の変化も非常に早い中なので、そういった意識は持っておきたいなと思いました。  以上です。

西宮市議会 2019-10-10 令和 元年10月10日総務常任委員会-10月10日-01号

首長の交代なんか意識していません、あくまでも社会経済の情勢を重んじていますというふうなことで考えて見直すんだったらまだしもですけれども、首長の交代あるいは新たな首長になったことも視野に入れていますというようなこともあるんだったら、最初から4年おきにするべきですよ。これをどなたが旗を振るんですかということを僕は申し上げているんです。主体者はどなたですか。首長なんですよ。

西宮市議会 2019-10-09 令和 元年10月 9日議会運営委員会-10月09日-01号

◆澁谷祐介 委員   提案会派の方が別にそれでいいとおっしゃっているので、それはそれでいいのかなとは思うんですけど、個人的には、問題意識については御指摘を受けてなるほどなと共感する部分はありますし、一旦議長がお預かりになられるという趣旨の発言はあったんですが、逆に、議長はどういった形でお預かりになられる感じなのかなというのをお聞きできるとうれしいなと思うんですけど、いかがでしょうか。

西宮市議会 2019-10-03 令和 元年 9月(第 2回)定例会−10月03日-07号

二度とこのようなことが起きないように、組織全体の見直しと私を含めた職員意識改革に取り組み、1日も早く市民議会の皆様の信頼を取り戻せるよう努めてまいります。  さて、議員の皆様におかれましては、去る8月30日以来、連日にわたり、平成30年度一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定の件を初め御提案いたしました諸議案につきまして、終始慎重かつ熱心に御審議いただき、厚く御礼を申し上げます。  

西宮市議会 2019-09-27 令和 元年 9月27日決算特別委員会建設分科会−09月27日-01号

今後、事務処理の見直しや職員意識改革などを行い、再発防止に向けて組織一丸となって取り組んでまいりますので、何とぞよろしくお願いいたします。  さて、本会議常任委員会に引き続き、本日より平成30年度一般会計及び特別会計歳入歳出決算ほかの審査をお願いいたします。

西宮市議会 2019-09-26 令和 元年 9月26日決算特別委員会健康福祉分科会−09月26日-01号

意識が低過ぎますよ。それは統合にもかかわってくることですよね。その点、今後こういう議論をするときには、必ずその統合先のことの情報というのはしっかりと持って臨んでいただきたいと思います。  以上です。 ○宮本かずなり 副主査   市民クラブ改革の宮本です。よろしくお願いします。  私からは3点、一問一答でお願いいたします。  

西宮市議会 2019-09-26 令和 元年 9月26日決算特別委員会総務分科会−09月26日-01号

人事課長   まず、人事評価制度、これにつきましては、計画的な人材育成であったり、組織の活性化、上司、部下との面談によるコミュニケーション、そういったものを通じて、全般的な組織の目標達成もしくは意識改革、こういったものを図るということで、これは地方公務員法改正により既に平成28年度から実施しておりまして、現時点でも一定処遇にも反映させた制度となってございます。  

加古川市議会 2019-09-25 令和元年第3回定例会(第5号 9月25日)

その参考資料に、燃やすごみ用に材質や大きさ、形状などを市が定め、ごみの分別について意識を高め、家庭ごみの排出は約5%の削減の効果を見込み、指定袋の価格は販売店が決定するため、ごみ処理費用を上乗せする、ごみの有料化ではない趣旨の説明がありました。  ごみの減量のために、ごみの有料化や指定袋導入も仕方がないと考える人は多いと思います。

西宮市議会 2019-09-25 令和 元年 9月25日決算特別委員会総務分科会−09月25日-01号

今後、事務処理の見直しや職員意識改革などを行い、再発防止に向けて組織一丸となって取り組んでまいりますので、何とぞよろしくお願いいたします。  さて、本会議常任委員会に引き続き、本日より平成30年度一般会計及び特別会計歳入歳出決算の審査をお願いいたします。  

西宮市議会 2019-09-25 令和 元年 9月25日決算特別委員会健康福祉分科会−09月25日-01号

今後、事務処理の見直しや職員意識改革などを行い、再発防止に向けて組織一丸となって取り組んでまいりますので、何とぞよろしくお願いいたします。  さて、本会議常任委員会に引き続き、本日より平成30年度一般会計特別会計歳入歳出決算ほかの審査をお願いいたします。

篠山市議会 2019-09-19 令和元年第120回長月会議( 9月19日)

幼児期に育みたい資質・能力は、保育指針・教育要領ともに、「知識及び技能基礎」「思考力、判断力、表現力等の基礎」「学びに向かう力、人間性等」の3点が示され、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を意識して計画すること、乳児期の保育や子どもの育ちを捉えて、幼児期の学びの連続性を考えることが大切であることが記されています。  

篠山市議会 2019-09-18 令和元年第120回長月会議( 9月18日)

また、若者の投票意識については、平成30年7月に公益財団法人明るい選挙推進協会が行った、平成29年の衆議院議員総選挙全国意識調査によりますと、投票を棄権した理由は、18歳から20歳代では、「仕事があったから」が33.3%、「選挙に余り関心がなかったから」が32.0%、「政党政策や候補者の人物像など違いがよくわからなかったから」「自分のように政治のことがわからない者は投票しないほうがいいのではないかと

西宮市議会 2019-09-18 令和 元年 9月(第 2回)定例会−09月18日-06号

この改定を契機として、施設利用者にコスト意識を持っていただくことが重要だと考えております。そのためには、施設ごとの利用実態や利用頻度、利用人数、維持管理コストなど、施設カルテなるものを作成し、啓発に努めていただきたいことを要望いたします。  3点目、市民に対する説明については、議案の審査を終える前から使用料の改定の前ぶれなどできるわけもなく、今日に至っていることは理解をしております。

西宮市議会 2019-09-13 令和 元年 9月13日民生常任委員会-09月13日-01号

市民地域社会における相互の交流を通し、人権意識の向上及び健康の増進を図ることを目的として、芦乃湯会館は、平成9年10月に、共同浴場、講堂、会議室、和室を備えて設置され、大黒会館は、平成18年5月に、旧大黒湯を集会施設に改修し、設置されました。  資料の13ページをごらんください。  集会施設使用料の算定方法につきましては先ほどの説明のとおりです。