3256件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

洲本市議会 2019-07-01 令和元年第2回定例会(第4日 7月 1日)

本市においては、対象となる事業所は存在しませんが、今回の家庭的保育などの基準緩和は、都市部などの待機児童問題の解消が迫られている自治体とは異なり、基準を緩和させてまで条件を整備する必要が本当にあるのかどうか、今後子育てをする市民から、家庭的な環境での保育を望まれる声があって、事業所ができたとしても、あえて今以上に緩和する必要があるでしょうか。  

洲本市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2日 6月25日)

そこで女性の就業率を上げるための方策として、幼児教育無償化と待機児童の解消です。子供が3歳になったら保育料を無料にするので、お母さんは働きに出てくださいということで、幼稚園に4時間預けても保育園に11時間預けても両方とも無料ですから、ならば働きに出ましょうというお母さんがふえるはずだということです。

伊丹市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会-06月13日-05号

この省令の改正は全国的に保育所、待機児童の解消が進まない中で、3歳未満児を対象とする家庭的保育事業等をふやしたものの、結果として連携施設の確保が進まない。そこで、今回第7条の第5項で、今までは認可保育所を中心として連携施設の確保とされていましたけども、新たに企業主導型保育事業と地方公共団体の補助を受けている認可外保育施設を、連携施設で追加したものです。  

伊丹市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会−06月10日-04号

次に、合同点検の今後のあり方については、今、待機児童の解消に向け、保育所園が急速に整備され、施設もふえています。その多くが施設外での散歩を日課としています。一連の事故を教訓に、通園や園外保育時における安全確保に取り組む必要があると考えます。

伊丹市議会 2019-06-07 令和元年第3回定例会-06月07日-03号

待機児童の現状と実情について、待機児童には入らない場合の具体例も挙げて教えてください。  そして、本市では、共働きの家庭の増加や、昨年4月から国に先駆けて幼児教育の段階的無償化を実施したことに加えて、ことし10月から国が3歳、4歳、5歳の幼児教育、保育の無償化を始めること、そして3年連続待機児童だったことで今後ますます保育ニーズが高まることが考えられます。

加古川市議会 2019-06-06 令和元年第1回定例会(第1号 6月 6日)

無償化の影響もあり、入所希望者が増加、待機児童が発生していますが、定員以上に詰め込むことは保育の質の低下につながるのではないでしょうか。また、詰め込みによる定員増の保育士の増員や保育士の雇用についても影響はないのでしょうか、お聞きいたします。  以上で、壇上での質問を終わります。ご清聴ありがとうございました。 ○議長(原田幸廣)   高木英里議員の質問は終わりました。  答弁を求めます。  

伊丹市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会−06月06日-02号

1点目は、待機児童数についてです。  伊丹市は、3年連続待機児童ゼロ、これは4月1日現在ではそうなのですが、毎年5月から3月にかけて待機児童数が増加していっています。平成31年3月1日現在では、保留、待機児童合わせて705名、特にゼロ歳児に限って言えば437名いました。

加古川市議会 2019-05-21 令和元年建設経済常任委員会( 5月21日)

今、市内でも待機児童解消に向けて小規模保育の事業所がふえています。私も自宅から市役所に来るまでに、小さな園児たちの保育所が2カ所あり、4人乗りぐらいの乳母車に乗って交差点で待っております。国土交通省は今からこれも含めて点検を行っていき、安全対策をしっかりとっていくようなことも記者会見で言われています。

高砂市議会 2019-05-20 令和元年 5月臨時会(第 1日 5月20日)

あわせて宿題だけ言うときますけど、多分、答えにくいところが多いと思いますけど、待機児童ゼロというのは高砂市ぐらいの結構特殊な事例であって、待機児童が多くて、明石市のように待機児童が急増するんじゃないかという問題の中で、いわゆる認可外、無認可の保育園も対象にしようとか、幼稚園の預かり保育も対象にしようというような議論の流れになっています。  

加古川市議会 2019-05-20 令和元年福祉環境常任委員会( 5月20日)

◎所管事務調査 令和元年度(4月1日時点)保育所等入所状況及び待機児童数について ○西村雅文委員長   次に、令和元年度(4月1日時点)保育所等入所状況及び待機児童数について報告願います。 ○玉野こども部長   令和元年度、平成31年の4月1日現在になるんですけれども、この時点の保育所等の入所状況及び待機児童数について所管の幼児保育課から報告させていただきます。

西脇市議会 2019-05-15 令和元年文教民生常任委員会( 5月15日)

○東野委員   3月定例会の委員会の中でも最終的に、昨年度は2歳児を中心に待機児童があらわれたけど、今年度は最終的に大丈夫だろうという形の話が担当課長からありました。実際、待機児童という形ではあらわれなかったのかという確認をまずしたいと思います。 ○大隅幼保連携課長兼幼児教育センター長   本年度4月当初、認定こども園、保育所、幼稚園に在席の市内在住の児童数は1,164人となっております。

加古川市議会 2019-04-17 平成31年総務教育常任委員会( 4月17日)

おおむね40人という定員だったと思いますが、利用児童数3,143割る78クラブで約40人という計算になろうかと思うんですけれども、40人定員で待機児童がゼロとなっているのか、それとも、もし40人を超えるクラブがあれば何クラブぐらいあるのかお伺いいたします。

宝塚市議会 2019-03-27 平成31年第 1回定例会−03月27日-04号

また、第6次総合計画の策定など、今後10年の宝塚市の姿を考えていく上で、少子高齢化・人口減少が進む中での待機児童対策や公共施設マネジメント、観光施策について中長期的な視点に立った質疑も行われました。  さらに、市民福祉金の段階的廃止に伴う代替策などの新規拡充事業や児童虐待、いじめ対策についても質疑が行われました。  

加古川市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第7号 3月26日)

へのタクシー料金助成券の複数枚使用が可能になることは、障がい者の社会参画促進が図られるものである」「看護師配置事業や保育士等確保事業の拡充により、安心した保育体制の確立に努めていることを評価する」「風しんの予防接種費用の助成対象を、妊娠を希望する女性や妊婦の同居家族にまで市独自で拡充したことは、大きな安心感につながるものと評価する」「幼児教育の無償化の影響により、入園希望者の増加が懸念されるため、待機児童

姫路市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-06号

当局の答弁によりますと、応募がなかった主な原因は、施設を整備するための用地を学校の周辺に確保することが困難であったためであり、それらの小学校区のクラブについては、学校の体育館の使用や既存の民間クラブの定員拡充等で待機児童解消に対応していきたいと考えている、とのことでありました。  

伊丹市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会−03月25日-09号

次に、幼児教育総務費では、国の幼児教育無償化に伴う市への影響額と保育料設定の考え方、保育料軽減に対する施策の優先順位が問われたのを初め、保育所等事故防止推進事業の内容や備品等の導入時期、支援箇所数がただされたほか、保育人材確保事業費補助の補助対象と支給要件、さらには、待機児童解消の見通しや企業主導型保育の状況と市のかかわり方が問われました。  

西宮市議会 2019-03-22 平成31年 3月(第17回)定例会−03月22日-08号

4点目、保育所待機児童対策です。  市は、待機児童対策のため、2016年度から3年間で1,500人の定員増を計画しましたが、1,211人の受け入れにとどまり、目標が達成されませんでした。ところが、市長は、企業主導型保育所を入れると目標を達成したと施政方針で述べました。この企業主導型保育所は、定員増の計画には含まれていません。

高砂市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第15日 3月19日)

高砂市は、そういう意味ではちょっと違うんですが、ただ、いわゆる保育にかける子でない要件という方々が、やっぱり高砂市においてもこれだけ待機児童ゼロとか言われてても、2例ほどでしたっけ、私が議論したときにはありましたよね。保育園には入れませんという。よっぽどこれはちょっと難しいです。高砂市のように結構幅広く受け入れる状況でもちょっと無理ですよというような事例がありましたよね。