16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

西脇市議会 2019-03-07 平成31年文教民生常任委員会( 3月 7日)

○藤原防災安全課長補佐   そこのことにつきましても、関連機関弁護士テラスとかもありますので、匿名報道とかそういう申し込みもできるようになっておりますので、関係機関と連携して、よりよい方法で支援していきたいと思っております。以上です。 ○岡崎委員   別件で。 ○村岡委員長   別件で。

伊丹市議会 2017-09-27 平成29年一般会計決算審査特別委員会-09月27日-01号

◎桝村 安全・安心施策推進班長  我々が最初想定していまして、代表的に来るだろうなと思っていたのが、弁護士に基づく請求があるのかなと思ってたんですけど、今のところ請求されたことはございません。 ◆服部好廣 委員  あと、例えば、先ほどあったのかな答弁で、自治会への提供というのは。

伊丹市議会 2015-09-29 平成27年一般会計決算審査特別委員会−09月29日-01号

どういう場合かといったら、国会法第104条とか、会計検査院法とか、あるいは民事訴訟法刑事訴訟法弁護士などがずらっと並んでるんです。これ中身を開いてみますと、大概が調査、監査犯罪捜査なんですよ、中身が。これは、法令に基づいて調査なり監査なり捜査が必要な場合には、そういう個人情報目的利用外で出してもよろしいよという中身なんですよね。  

加西市議会 2012-12-11 平成24年 12月 定例会(第244回)-12月11日−02号

債権回収会社弁護士によりまして、徴収業務を制限されることから、期待するほど実績を残すことができなかったために、平成23年9月をもって再契約を打ち切っております。今後は、各収納業務担当課と連携を図りながら、回収体制の強化に努めていきたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(森田博美君) 答弁が終わりました。  再度、長田議員

明石市議会 2012-09-27 平成24年総務分科会( 9月27日)

しかしながら、せんだって報告を聞いたときには、それは古い仕組みであって、今はどっちかというとフリーとまでいわないけども自由裁量というか、そういう部分であるので、昔ながらの弁護士協会というんですか、ちょっとよくわからないですけど、弁護士で決められたのは今はそぐわないというふうに、私はこの間の説明のときにお聞きしたように思うんですが、そうすると先ほど依頼した弁護士さんと協議の上で決められるようなこともちょっと

明石市議会 2012-06-19 平成24年 6月定例会 (第4日 6月19日)

では、さきの答弁で弁護士第72条の違反になるんだということを言っておられましたけど。市民的にちょっと理解できないんですけど、私も不勉強でよくわからないのですが、市民の皆さんの相談は弁護士資格が要ると。役所の中でのさまざまな出来事、あるいは職員同士の指導とか法律相談、それはできると。そのあたりの違いっていうのはどう解釈するんですか。的確にわかりやすく、簡単にお願いします。

西宮市議会 2011-03-01 平成23年 3月(第16回)定例会−03月01日-06号

そのときに同時に、改正弁護士施行に伴い、企業弁護士になる際の規制が緩和された。それまでの許可制から届け出制に変わったと。平成20年12月現在で、企業弁護士が全国で342人いらっしゃる。弁護士登録をして、一般企業社員として勤めておられる方が342名。この中には、地方自治体も当然ございます。東京都なんか9名か10名いらっしゃる。

加西市議会 2008-03-11 平成20年  3月 定例会(第218回)-03月11日−03号

弁護士違反ですよ、それは。そんな活動するのは。 ◆15番(西川正一君) 被害者のために質問したんや。西川、何が西川がここで出てくるのや。それは消せ。 ◆17番(高見忍君) 議長、これ。 ◆11番(吉田稔君) だからね、そういうことを何回、何回ですね、それやったら本人に聞いたらどないなんですか。 ◆15番(西川正一君) 本人に聞いたって、本人に聞いとるわ、ちゃんとおまえ。

芦屋市議会 2005-03-14 平成17年  3月 予算特別委員会 総務分科会-03月14日−01号

住民基本台帳を見せるというふうなことなりというのは、どういう対応ができるんかというので、弁護士とかいろんな職権と言うたらおかしいですけども、基づくものというのはそういう対応ができるけども、そういう業者の大量閲覧であるとか、見ることはできるわけだから、法律の中で、見ないということはできないけども、手数料をすごく引き上げるとか、何らかの対抗と言うたらおかしいですけども、無条件に4情報といえども情報が出

芦屋市議会 2003-06-30 平成15年  6月 定例会(第2回)-06月30日−02号

また、同時に、弁護士に基づく調査ということで、守秘義務が課されて閲覧をしておりますので、また、弁護士からも、その調査報告書の内容につきましては、厳格に取り扱い、配慮願いたいというふうな要請もありますので、公表はできないものと考えておりまして、要旨をお配りした次第でございます。 ○議長(都筑省三君) 生活環境部長。

加西市議会 2003-06-11 平成15年  6月 定例会(第194回)-06月11日−03号

弁護士の第1条には、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することが弁護士の使命であると定められているわけです。弁護士会懇談会目的である、市民の生の声を聞くという姿勢はそこにあるわけで、そのように理解をすれば弁護士のほとんどいないゼロワン地域と言える加西市に、弁護士派遣の対応を県の弁護士会に求めていけるんではないか、要請できるんではないか、そのように考えるんですがどうでしょうか。

  • 1