119件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊岡市議会 2021-03-12 令和 3年第1回定例会(第5日 3月12日)

永楽館城崎国際アートセンター平田オリザさんの移住や青年団の移転や、あるいは江原河畔劇場がない豊岡は一体どのようなものであったのか。専門職大学可能性がかけらもないような豊岡だとすると、どのようなまちであったのか。そうした中でジェンダーギャップ、圧倒的な男社会だけが頑としてあるという豊岡であったとすると、果たして豊岡はどのようなまちだっただろうか。

姫路市議会 2021-03-09 令和3年第1回定例会−03月09日-05号

伊藤大典 議員   アクリエひめじってのは、今後のキーになるとは思いますけれど、要するにソフト面が非常に大事なんで、豊岡平田オリザさん、こういったキーになるような方、多分姫路にもいろんな形で今後キーになる方を置いていかれると思うんですけど、ぜひともですね、いいソフト面の充実を図りながら新しいまちづくりをやっていただきたいと思いますが、その辺の決意をお聞かせいただいて終わりたいと思います。

豊岡市議会 2021-03-08 令和 3年第1回定例会(第2日 3月 8日)

平成26年、平田オリザ氏待望の城崎国際アートセンターがオープンしました。「世界から城崎へ・城崎から世界へ」と銘打って、オープン前の説明では、若者が集いにぎわうと紹介があったことを覚えています。絶賛するような、そのような状況はあったのでしょうか。また、それをきっかけとした若者定住者はあったのでしょうか、お答えください。  

豊岡市議会 2020-12-09 令和 2年第7回定例会(第5日12月 9日)

学長予定者平田オリザさんをはじめ、プロダンサーバレエ界アカデミー賞と称されるブノワ賞を日本人で初めて受賞された木田真理子さん、プロダンサー振りつけ師児玉北斗さんなどが教員予定者となっておられます。現在、他大学に在籍してる方もおられますので、本人の了解が得られ次第、兵庫県から順次公表されるものとお聞きをいたしております。

豊岡市議会 2020-12-07 令和 2年第7回定例会(第3日12月 7日)

その中に豊岡市の芸術参与であり、4月開校する芸術文化観光専門職大学学長予定者であり、また豊岡市の市民である平田オリザ氏が学術会議会員に任命されています。こんな地方都市から選ばれたことだけでも喜ばしいことだと思います。素直に喜んでいいとは思うのですが、市長総括説明では一言も報告がありませんでしたが、市長の見解をお聞きをしておきます。  

姫路市議会 2020-09-24 令和2年9月24日総務委員会−09月24日-01号

明石市は、子育てしやすく若い夫婦に優しいまちで毎月人口増加傾向にあり、豊岡市は、芸術家平田オリザ氏が移住され、これからの期待が大きく、人口増も期待できると思う。  中核市と比較するだけでなく、人口が少なくても交流が盛んになり、生き生きするような地域づくりを行っているところがたくさんあると思うので、ぜひともそういうところも参考に資料作りをお願いしたい。

豊岡市議会 2020-09-08 令和 2年第4回定例会(第3日 9月 8日)

それから演劇祭のホームページを見ていただきますと、私と、それからフェスティバルディレクター平田オリザさんの連名で、なぜするのか、どのような対応をするかということを明確に述べておりますので、ぜひお読みをいただくようにお伝えをいただきたいというふうに思います。  それから、責任問題いうのありましたけど、私は負うつもりはありません。

豊岡市議会 2020-09-07 令和 2年第4回定例会(第2日 9月 7日)

幸いにして城崎国際アートセンターには世界中から一流のアーティストが続々とやってくるようになり、世界的に活躍する平田オリザさんまで移り、日本を代表する劇団の青年団も本拠地を豊岡に移し、さらに来年の4月には、演劇観光を学ぶことができる専門職大学豊岡に開学する見込みになってると。その中に、さらにこの演劇祭でもって、駄目押しといいましょうか、進めていこうという、こういうことになります。  

香美町議会 2020-06-22 令和2年第119回定例会(第4日目) 本文 開催日:2020年06月22日

藤井昌彦(13番) その芸術大学学長平田オリザさんという方を招聘するという話なんですけども、その方との関係というのは、今後何か考えておられますでしょうか。 ◎議長(西川誠一) 生涯学習課長裏戸正範君。 ◎生涯学習課長裏戸正範) それでは、ただいま藤井議員のご質疑にお答えします。  

姫路市議会 2020-06-15 令和2年第2回定例会−06月15日-03号

昔、平田オリザさんの新しい広場をつくるというお話をさせていただいたことがあります。地域にはやはり場が必要です。それはいろんな形のものがあろうと思いますけれど、小さな子どもを連れたお母さんが集まれる場所、それを本当に、児童公園に行くようにして行ける場所。それが今、本当に必要なんではないかと思います。  市長、ぜひともこの辺新しい政策としても考えていただきたい。

豊岡市議会 2020-06-11 令和 2年第3回定例会(第5日 6月11日)

それから、専門職大学のことなんですけども、たまたまですが、このコロナが始まった当時にNHKの取材で平田オリザさんがテレビに出て発言されたことがちょっと炎上するということがあって、ネットに全部文章が載ってるもんですから読みますと、平田さんが言われたことは何も間違ってないな、私こう思っているんですけども、しかし、大変なバッシングがあったということがありました。  

豊岡市議会 2020-06-09 令和 2年第3回定例会(第3日 6月 9日)

平田オリザさんが今、雑誌世界」に毎月寄稿しておられますけど、今月号の、違いますね、別の雑誌ですね。書いておられますけれども、演劇というのは、異なった価値を持つ他人に対する想像力を育む、そういう力があるのだというふうに書いておられます。このことは一見、無関係のように思いますけれども、結局やっぱりここに立ち戻るべきなのじゃないかというふうに思います。  

養父市議会 2020-05-08 2020年05月08日 令和2年第98回臨時会(第1日) 本文

また、世界的な劇作家演出家である平田オリザさんの協力を得て、外出できない子供や市民皆様ケーブルテレビを通じて表現と芸術文化について学んでいただく番組を作成し、放映いたしております。  市民皆様には引き続き御不便をおかけしますが、全ては大切な市民の命と健康を守り、私たちのまちを守るために必要な取組であります。