221件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

丹波市議会 2021-01-13 令和 3年第113回定例会(第6日 1月13日)

だから大阪駅から何十人と篠山口まで来ていただいて、そこからバスで来ていただいて、毎日50人、60人といって来てもらってると。この人たちが何とか丹波市の中でお願いしたいと。実際600人ぐらいの従業員の中で500人ぐらいは丹波市で何とか確保できてるというようなこともおっしゃってました。あとほかのところについても、丹波市でできたら来てほしいけども人がいないんだと聞いております。

篠山市議会 2020-12-17 令和 2年第121回師走会議(12月17日)

校長先生は、「JR福知山線通学に使う我が校の生徒は、JR篠山口から福住までバス代が片道710円を要します。今回、公共交通対策事業の「上限運賃200円」は大変ありがたい事業です」といたく喜んでおられ、「今後も継続してもらえるものなら本校の大きな営業ツールとなるのですが」とも話されておりました。  

篠山市議会 2020-12-16 令和 2年第121回師走会議(12月16日)

これはこども園設置に向けて準備をしていましたが、予定しておりました篠山口西側の土地が遊水地として過去設定されていた経緯もあって、この土地が使えないということになりました。しかし、早急に他の適地を見つけていく必要があることから、職員、さらには保護者地域の方を交え、どこが他に適地があるのかといったことを見出し、こども園整備にこぎ着けました。  清掃センター検討委員会

篠山市議会 2020-09-17 令和 2年第121回長月会議( 9月17日)

また、篠山口インターチェンジ周辺への商業施設等誘致にもより有利かと思われるが、地域を特定して、高さ制限を緩和する考えはないか。高さ制限を定めることに異論はないが、市内一律に制限をかける理由は何か。  景観というものは、その尺度は、多分に各人の感性によるところが大きく、条例や文書で普遍的に表現することが困難な部分が多い。

篠山市議会 2020-06-17 令和 2年第121回水無月会議( 6月17日)

⑥かつて篠山口に乗り入れる鉄道の本数が少なく、大規模なイベント時は、臨時列車デカンショ号」が運行していたと聞きました。また、当時は「デカンショ弁当」も販売されていたと伺いました。デカンショ祭をもっと多くの方に知ってもらうため、デカンショ弁当を復活させて、大阪駅や新幹線乗り入れの新大阪駅で販売し、丹波篠山に興味を持つきっかけにしてはいかがでしょうか。

篠山市議会 2020-03-18 令和 2年第120回弥生会議( 3月18日)

この計画案における篠山口周辺土地利用のイメージ図は、線路の退避線等が記載されておらず、現実と余りにも乖離しています。土地利用において、市内全域で建物の高さ12メートルが適用されていますが、この図では駅西地区において5階建ての集合住宅商業施設が幾つも描かれています。  また、人口減少高齢化の進んでいる駅東地区においては、集合住宅商業施設が全く描かれていません。

篠山市議会 2019-12-19 令和元年第120回師走会議(12月19日)

この見直しに当たっては、もう既に平成28年度から庁内で検討がされてきまして、こういうふうにするということを説明し、意見を聞くために、全市19地区ごと説明会が開催されたと、承知しているんですけれども、市全域の考え方としては、路線バス、コミバス、タクシーなどの複数の手段による交通ネットワークをつくり、各方面から市役所周辺及びJR篠山口まで乗りかえなしに、もしくは一回の乗りかえで行き来を可能にするという

篠山市議会 2019-12-18 令和元年第120回師走会議(12月18日)

まず、1点目でありますが、篠山口周辺整備についてお伺いいたします。  JR篠山口整備については、本年度の市政執行方針の中でも東口、西口のエレベーターの改修工事等がうたわれ、事業完成を見たところです。このJR篠山口は、丹波篠山市の玄関口というだけでなく、丹波市の山南町、春日町等の方々の利用も多く、1日当たりの利用者が約3,500人とも聞き及んでおるところです。

篠山市議会 2019-06-20 令和元年第120回水無月会議( 6月20日)

具体的な施策としては、起業希望者をターゲットに、平成28年度に神戸大学と連携し、篠山口農村イノベーションラボをオープンし、地方で起業しようとする若者の発掘育成支援を行っています。また、都市部に通勤しながら移住する方には、通勤しやすい環境を整えるため、回数特急券購入助成を行っています。また、暮らし案内所では、農都政策課と協力し、就農希望者向け体験ツアーを実施したりしています。

篠山市議会 2019-06-19 令和元年第120回水無月会議( 6月19日)

駅ラボ」は、平成28年10月にJR篠山口構内に開設した「神戸大学丹波篠山農村イノベーションラボ」のことであり、若手実践家発掘育成起業経営支援のための場、また、地域での活動を通しての地域活性化を図る拠点と位置づけています。「地域ラボ」は、イノベーションラボで学んだ実践家が、地域で活躍する場として空きスペース等を活用して設置する施設で、平成29年度に市内地区設置をしています。

篠山市議会 2019-06-04 令和元年第120回水無月会議( 6月 4日)

都市施設管理費は、1,125万2,000円の繰り越しで、JR篠山口自由通路橋屋外鉄骨柱補修強化工事で、財源のその他1,125万2,000円は公共施設整備基金繰入金で、現場については既に完成をしております。  9款 1項 消防費 常備消防費は、東出張所自家発電設備整備で、繰越額は193万3,000円、完成は6月30日を予定しております。

篠山市議会 2019-02-26 平成31年第119回定例会(第1号 2月26日)

機運を盛り上げるために、市役所や篠山口など、主要施設や沿道に、のぼり旗設置もしております。  また、市名変更に伴う企業への助成について、現在141件の申請があり、手続を進めているところです。さらに、市民の皆さんが丹波篠山誕生を盛り上げる活動助成については、50件以上の申請があり、市民挙げて丹波篠山誕生を盛り上げていきたいと考えています。  

篠山市議会 2018-12-04 平成30年第118回定例会(第1号12月 4日)

本市においては、JR篠山口からの観光施設への案内やアクセスに対する対応の強化が求められるのではないかと感じるところです。  インバウンドは、日本人旅行者とは異なり、平日に多く訪れてくれるなどのメリットもあり、人口減少少子高齢化により消費が冷え込んでいる中、本市においても、ぜひとも誘客に力を入れる必要があると感じました。  

篠山市議会 2018-07-04 平成30年第114回定例会(第4号 7月 4日)

次に、観光客誘致促進事業費に関し、委員からのJR篠山口設置を計画していたデジタルサイネージ補助対象外になり、予算減となるが、他の方法で実施できるような検討は行っているのかとの質疑に対し、当局から、今回は補助対象外となったため設置は見送るが、観光庁補助事業なども活用し、観光客の誘導や情報提供のためのデジタルサイネージ自由通路設置したいと考えている旨の回答がありました。  

篠山市議会 2018-06-19 平成30年第114回定例会(第3号 6月19日)

JR篠山口高速道路インターチェンジ、そして大型ショッピングセンターのある味間地区は、通勤・通学や住むのに便利な場所だから、ますます人口がふえている。他方、市の周辺部では、過疎化が加速している。  このように、各まち協では、それぞれの取り巻く状況が異なる。市全体の人口予測でなく、各旧小学校区である「まち協ごとに、将来の人口予測を立てることが重要だと思うが、市長の見解をお尋ねする。