6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

市川町議会 2019-10-01 令和元年第6回定例会(第2日10月 1日)

本年度は就業改善センター改修事業川辺東保育所解体事業等をしました。事業費は4,689万6,000円となりました。  (6)企画費につきましては次のページをお願いいたします。共生の地域づくり助成事業としまして、田中公民館バリアフリー改修事業を行いました。事業費は325万1,000円です。  (7)情報管理費

市川町議会 2019-03-27 平成31年第3回定例会(第3日 3月27日)

次に、歳出の主なものは、総務費財産管理費就業改善センター改修事業及び旧川辺東保育所解体事業確定による委託料23万円と工事請負費557万3,000円の減額ふるさと納税推進事業費は、決算見込みによるふるさと応援寄附金記念品の340万2,000円及びふるさと市川応援基金積立金996万円の増額。  そして民生費の部。

市川町議会 2019-03-05 平成31年第3回定例会(第1日 3月 5日)

財産管理費は、就業改善センター改修事業及び旧川辺東保育所解体事業確定による委託料工事請負費減額です。ふるさと納税推進事業費は、決算見込みによるふるさと応援寄附金記念品及びふるさと市川応援基金積立金増額です。2つ飛びまして、財政調整基金費決算見込みによる財政調整基金積立金増額です。2つ飛びまして、賦課徴収費決算見込みによる過誤納還付金増額です。

市川町議会 2018-12-11 平成30年第5回定例会(第2日12月11日)

増額の要因としましては、一般管理費では人事異動による総務課職員数1名の減により職員一人一人にかかる負担がふえた上、情報セキュリティー対策マイナンバー情報連携関連業務就業改善センター改修事業川辺東保育所解体事業、また防災関連業務、新地方公会計整備に係る業務などで業務量の増によるものです。  

市川町議会 2018-03-27 平成30年第1回定例会(第3日 3月27日)

主な事業として、就業改善センター改修事業(耐震屋上外壁、空調、LED照明ほか)、コミュニティバス運行事業(新たに福崎町との連携運行事業の拡充)、ふるさと市川応援寄附金推進事業全国瞬時警報システム更新事業防災倉庫整備事業、ひょうご地域創生交付金事業橋本忍生誕100年記念事業駅施設等環境整備事業地場産業販路拡大推進事業自然環境活用遊具整備事業)などでございます。

市川町議会 2018-03-01 平成30年第1回定例会(第1日 3月 1日)

2つには、住民とともにつくる安心して暮らせるまちづくりとして、就業改善センター改修事業、全国瞬時警報システム更新事業防災倉庫整備事業地域防災力強化訓練事業、ことしは川辺地区で行う予定です。防犯灯防犯カメラ設置補助事業住宅耐震改修補助事業消防施設等整備事業として消防用ホース更新への助成。  

  • 1