183件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤穂市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3日 6月26日)

そのような中、ことし1月に有年小・原小合同学校運営協議が開催され、現状のゼロ歳から中学3年生までの人数と、今後の有年・原各小学校の全校児童数の推移の資料が示され、今後の学校運営について検討されたとお聞きしています。  合同学校運営協議でどのようなことを検討され、どのような結論・提言が出されたのかお伺いいたします。  

篠山市議会 2019-06-04 令和元年第120回水無月会議( 6月 4日)

(1)平成29年度から全ての学校で取り組みを進めているコミュニティ・スクールについては、学校運営協議を中心に、学校市民保護者地域がともに協働しながら、「ふるさと教育」を取り入れています。昨年度は、大山小学校で、地域住民とともに地域の特産物「天内芋」を栽培し、市内の全小中特別支援学校学校給食に食材を提供することができました。  

姫路市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-06号

豊富小中学校への移行に当たっては、学校運営協議平成29年度は3回、平成30年度は5回開催され、住民説明会は1回だけとなっています。  反対の第3の理由は、多様化、弾力化のもとで、小学校段階から複数の学校制度教育課程が設けられ、教育の機会均等が崩されるからです。  以上の理由により、議案第67号に反対します。  これで討論を終わります。

稲美町議会 2019-03-15 平成31年度予算特別委員会(第5号 3月15日)

最後に、コミ・スクのことですけれども、この4月から稲美北中学校で実施されましたコミュニティ・スクールですが、校長先生はじめ教職員また生徒たち、学校運営協議の皆さんたちで、本当に一丸となって頑張ってくれています。何よりもうれしいことは、子どもたちの自尊感情が高まってきているということです。本当に子どもたちは、人に役に立っているということの喜びとして感じ始めてくれています。

稲美町議会 2019-03-14 平成31年度予算特別委員会(第4号 3月14日)

山口委員   それと165ページの事業番号8番、コミュニティ・スクールですけれども、先日もちょっと一般質問でお聞きしたんですけども、学校運営協議の3つの機能ということで、学校教育理念の承認、それから学校運営に対して意見を言うことができる。3つ目に教職員の配置についても意見を言うことができると言われました。

稲美町議会 2019-03-05 平成31年第253回定例会(第3号 3月 5日)

コミスクで設置される学校運営協議の3つの主な機能、これも文部科学省から提示されている。本来的にはこれをコミスクでやってくださいというのがありました。その1点目が、校長が作成する学校運営の基本方針を承認するというのが1点目にありました。この稲美北中のコミスクにおいては、どういった基本方針を承認されたのかお聞きしたいと思うんですけども。 ○議長(赤松愛一郎)  松田典浩教育政策部長

姫路市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会−03月04日-03号

また、学校運営協議で出た意見で、学校の運営や特色づくりなどに生かされた点があればお聞かせください。  2点目に、現状では豊富校区以降の導入予定はありませんが、義務教育学校効果をより広めていくためには次の展開も必要かと考えますが、いかがでしょうか。  最後に、学校適正規模・適正配置についてお聞きします。  

豊岡市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日 3月 4日)

地域全体で子供を育てる環境づくりの推進の中で、地域主体的な学校支援の取り組みとして、学校支援地域本部事業を継続し、学校地域のつながりを高めるとあり、学校運営に地域の声を積極的に生かし、学校地域が一体となり、特色ある学校づくりを進める学校運営協議制度、コミュニティスクールの導入について検討を行うとされておりますが、これは具体的にはどのような制度なのでしょうかお聞かせください。  

豊岡市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1日 2月22日)

さらに、学校運営に地域の声を積極的に生かし、学校地域が一体となり特色ある学校づくりを進める学校運営協議制度コミュニティ・スクールの導入について検討を行います。  2017年4月に開設したファミリーサポートセンターは、会員数が、2018年度の目標である100人を超え、1月31日現在158人となっています。  

丹波市議会 2019-02-22 平成31年第100回定例会(第1日 2月22日)

そこで、学校運営協議制度を導入し、学校家庭地域それぞれが、子供たちの成長に直接かかわる当事者として学校運営に参画し、育てたい子供像や、学校像等に関する学校運営のビジョンを共有し、一体となって地域子供たちを育む、地域とともにある学校づくりを推進してまいります。  また、学校外における学びの場として、チャレンジフェスin丹波の継続実施や、地域づくり活動などを充実してまいります。  

明石市議会 2019-02-19 平成31年第1回定例会 3月議会 (第1日 2月19日)

また、全小学校区に学校運営協議を設置し、学校家庭地域社会が連携して、子どもたちの学びと育ちを支えるコミュニティ・スクールを一層広げてまいります。  いじめや不登校などの課題に対応するため、スクールソーシャルワーカーを全中学校区に配置し、子どもたちの相談・支援体制の充実を図るとともに、児童相談所などの関係機関とのネットワークを構築してまいります。  

姫路市議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会−12月19日-05号

このたびの四郷小学校及び四郷中学校義務教育学校移行に当たって開催された学校運営協議は、平成29年度が2回、今年度は4回と住民説明会1回となっています。  義務教育学校への移行には地域からの手上げ方式がとられ、地域希望で、地域の総意として教育委員会に上がってきたという形をとっています。しかし、公式な議事録もなく、どんな議論で地域の総意となったのか不透明です。  

芦屋市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月12日−04号

まず1点目、学校運営協議制度について質問を始めます。  2017年3月に成立した改正地方教育行政法において、教育委員会に対し、学校運営協議の設置が努力義務化されたことを契機に、その後の1年間で設置校は1.5倍となり、全国の公立学校の14.7%に当たる5,432校に拡大したとのことであります。これは前年度に比べて1,832校増加したということになります。